春日井市高蔵寺の学習塾 西村セミナールーム 高校受験も中学受験もお任せ下さい
  • トップ
  • サクラ咲くまで バックナンバー 2019
サクラ咲くまで バックナンバー
2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年
 
2019.05.16
いよいよ今日から石尾台中学校の第1回テストですね。石尾のみんな、しっかり集中して頑張ってきてくださいね!

さて、先日中3クラスの対策授業後、一人の子がなんとも分厚いクリアファイルらしきものを持っているのを見かけました。一体何だろうと思って近くで見せてもらうと、それはマチ付きのクリアファイルで、中には何項目にも分けて入れられるように仕切りがたっぷりとありました。投げ込み式ですから、出し入れの手間もかからないものでした。そして、この仕切り一つ一つにこの子はインデックスをつけて、塾のプリントを仕分けて入れていたのでした。

塾のプリントの仕分けこの保管方法に、私はとても感動させられました。文字だけではイメージしづらいかもしれませんので、本人に承諾を得て写真に撮らせていただきました。こちらです。

こうして改めて見てみると、理社国の確認テスト、計算テスト、パート、月例、対プリ…など、本当に塾のプリントの種類の多さに気付かされます。だからこそ、この仕分け術は素晴らしいのです。

特に「直し」や「途中」、「提出」の項目まで作っているところがいいですね。今までの経験がいきています。本人曰く、「今回、自分で作ったんです。先日、地理の対プリを1枚無くしてしまって、それの対処が本当に大変だったので、もう絶対に無くさないようにしようと思って」ということでした。

そうなんです。実はこの子、この保管方法に変える前に、提出すべきプリントを1枚紛失してしまって、それをなんとかするために同じ塾の友達からそのプリントを貸してもらって、自分でコピーしてそれを仕上げて提出したということがありました。それがきっととても大変だったのだと思います。その反省から、どうすれば無くさないようにできるか考えて工夫したのでしょう。

さらに、この仕分け項目からは「間違い直しをためずにしっかりやっていこう」という意思もひしひしと感じられます。よくやれましたね!ぜひこれからもその保管方法を活用していってくださいね。特に夏休みは毎日5教科の確認テストがあるので、このファイルは大活躍すると思いますよ。

こういったプリントの類の管理の仕方は、一人一人自分に合ったやり方があると思いますが、苦手な子はまず出来るだけ楽な方法を考えてみるといいかもしれませんね。それでも思い浮かばないという子は、今回のこの子の方法を試してみるのも有りですよ。とにかく間違い直しの「済んだもの」と「まだ直っていないもの」、この2つは最低限分けておく習慣をつけていきましょうね。それだけのことで管理能力がぐんとアップし、さらには成績アップにまでつながりますよ!
 
2019.05.15
今年の3月に行った卒塾パーティーで「頭脳クイズ」もやったとこの日記で書きましたが、「どんな問題だったんですか?」と興味を持った子がいました。そこで、「そのうち日記で書くね!」と答えていたのですが、結局色々と優先記事がありましてこんなに遅くなってしまいました。ごめんなさいね。

問題は全部で3問出題しました。卒塾パーティーの時と同じくイラスト付きで見てもらうために写真で載せますね。こちらです。

頭脳クイズ 頭脳クイズ 頭脳クイズ

ただ載せて解説するだけではつまらないので、現塾生のみんなにも挑戦していただこうと思います!答えが分かったら答えを書いた紙を私に出すか、こっそり言いに来てくださいね。見事3問とも正解した子には、賞品として「おもしろ消しゴム」を差し上げますよ。当然誰かに相談するのは無しです。期限は6日間で、来週の21日(火)までです。

石尾台中学校の子はテスト後の土日に、高蔵寺中学校の子はテスト勉強の合間に、高森台中学校の子はテストも終わったのでさっそく今日から挑戦してみましょう!どの問題も正攻法で解けますが、電気のスイッチの問題だけ補足があります。電気は「白熱電球」とします。大ヒントとなってしまいますが、卒塾パーティーの際も同様に補足したので条件を揃えさせていただきました。

これらの問題は、某有名企業の入社試験の問題だったとかそうじゃなかったとか噂されている問題ですが、それも頷ける「思考力」や「発想力」、「着眼点」を試される問題だなと思いました。

質問がありましたら、いつでも直接聞きに来てください。ちなみにどの問題も、卒塾生は早い子で5分もかからずにできていましたよ。先ほども書いたようにどれも正攻法で解ける問題なので、よく考えれば小学生でも解けます。…ということで、小学6年生クラスの子たちも余力があればぜひやってみてくださいね。みんながバンバン正解して、「消しゴムが足りなくなったよー!」となることを期待しています。(笑)
 
2019.05.14
いよいよ明後日から石尾台中学校の「第1回テスト」が始まります。一方、高蔵寺中学校は昨日テスト範囲が発表されました。ですから、高蔵寺中学校とはちょうど一週間テスト期間がずれることになります。そこで当教室では、それぞれの邪魔にならないように「対策時間割」を調整して組ませていただきました。いつもの通常時間割とは違っているので、渡されているスケジュール表の自分の学校の曜日と時間をしっかりと見て来てください。特に初めての中1クラスの子たちは間違えないように注意してくださいね。

何もかも初めての中1クラスの子たちは、とにかくドキドキだと思います。先日も教室でこんなことを話していました。

「時事問題の練習やってて“アベシンゾウ”のシンを心だと思ってたけど、違ってたのに気がついたー!」

「学校のワーク何回やった〜?俺5回やったよ!」

「計算練習帳の存在に、ゴールデンウィーク明け2日後に気がついた!」

「俺はゴールデンウィーク中に(計算練習帳)2回やったよ。」

「塾の緑ワークめっちゃいいよ!」

こんな感じで、中1クラスの授業前は情報交換タイムとなっています。何事も初めてのことには緊張するものです。この緊張感をいい方に向けてくださいね。一方、中2クラスの子たちはこれを聞いて、少し耳が痛い子もいるかもしれませんね。「慣れ」が悪い方へ働かないように、気を引き締めていきましょう!

中3クラスは、数人の子がこんな印象的なことを言っていました。

「今回のテストで人生が決まると言っても過言ではない。」

「中3になって、周りのみんなのテストへの意気込みが今までと全然違う。」

「急にみんな授業中手を挙げるようになって、全然当ててもらえなくなった。」

自分自身が気合いを入れている分、他の人も今までとは比べ物にならないくらい気合いを入れているのです。説明会で言ったように、「今までと同じ努力では成績は下がる」と思っていていいです。石尾台中学校の子はあと2日ですが、後悔しないようにやれるだけのことをやってテストに臨みましょう!!
 
2019.05.10
第一回テストまで1週間をきった石尾台中学校の塾生たちですが、それぞれ「よく頑張っているなぁ」という印象を受けております。…というのも、授業のない時も中1クラスの子たちまで理社国の確認テストを受けに来たりしているのです。これに私は内心すごく驚くとともに、感心させられています。この頑張りがいい結果につながって、これからの自信になってくれることを願っています。そのためにも、残りの日々で私がやってあげられることはしっかりやってあげて、仕上げをばっちりしていきたいと思います。

さて、入塾してほぼ1ヶ月が経った小6クラスの子たちですが、嬉しいことにゴールデンウィーク後もみんな元気に来てくれています。今日も授業がありますので、みんな張り切って来てくれるのを待っていますよ。

宿題の「読解はかせ」この小6クラスの子たちの中に感心させられたことが2つあったので、ご紹介させていただきます。1つは宿題の「読解はかせ」を添削していた時に目にとまった「これ」です。

文章の中で分からない言葉があったので、自分で調べたのでしょう。ちゃんと書き込みをして、自分で文の意味を理解しようと頑張ったあとが見られますね。これは本当に素晴らしい取り組み方です。

これから1年間、この「読解はかせ」を使って読み取りの練習をしていきますが、この姿勢で取り組み続けたらグングン国語力が伸びること間違いなしです。ほかの子たちも、もし分からない言葉や表現に出会ったら放ったらかしにしないで、辞書で調べたり大人の方に質問したりして確実に自分の力にしていきましょうね。

もう一つの感心させられたことは、前回の授業で単位量図の説明をしていた時にあったことです。とっても理解が良くてスラスラと書ける子がいたので、「このような図、どこかで習った?」とたずねてみました。するとその子は、「この塾のホームページにあったのを練習しました」と答えました。いや、もうこれにはびっくりです!

小6で塾に入る前から指導コラムを見て、小5の単位量を練習してくれていたのでしょうか…スラスラできるのも納得です。ホームページを利用していただいてありがとうございます!ほかのみんなも、小5の内容で復習したい単元がある時は、ぜひ「指導コラム」ページを開いてやってみてくださいね。よく分からない時はいつでも私に質問に来てくれて大丈夫ですよ。それでは今日も一緒に頑張りましょう!!
 
2019.05.09
昨日で連休明け全クラスの授業があったわけですが、残念ながら全員元気な姿で会えたというわけではありませんでした…。体調を崩して休んだ子が2人、そして授業の前からの頭痛が結局おさまらず早退せざるをえなかった子が1人と、いろいろ心配な種がありました。日中の暑い中に体力測定で持久走があったり、朝晩は逆にめっきり冷え込んだりと、とにかく寒暖差が大きく連休明けの緩んだ体にはとてもこたえているようです。

定期テスト前ではありますが、健康第一です!体調を崩してしまうと、結局テストそのものも受けられなくなってしまうこともありますので、決して無理はしないようにまずは体調と生活リズムを戻すことを第一に考えてくださいね。今元気いっぱいだという子たちも、引き続き油断をしないように、しっかりと睡眠と栄養をとりながらテスト勉強に励みましょう。

さて、「無理はしないように…」とは言いましたが、そろそろ対策プリントの提出期限がせまっています。溜め込むと大変なことになってしまいますので、返されたものもバリバリと直していきましょう。ちなみに昨日、中1クラスの子からこんな質問が出ました。

「先生、これのどこが違うんですか?」

正解のイ

不正解のイ
それは記号選択問題だったのですが、何度考えても何で調べても自分の書いている答えで正しいと思えるようで、ついに私に質問したそうです。当塾卒塾生や中2クラス、中3クラスの子たちなら、もうなんとなく「もしかして…」と察しているのではないでしょうか?そう…その子の選んでいるものは確かに合っていたのです。それでも私が不正解としている理由、それは答えの記号の書き方が違っていたからです。

画像をご覧いただければ一目瞭然ですね。選択肢にあったのはカタカナを丸で囲んだ記号で、その子の書いていた答えは普通のカタカナのイでした。「分かるし、このくらい別にいいじゃないか!」と思われるかもしれませんが、私も意地悪で不正解としているわけではありません。実際にこうした間違った答え方でテストで不正解となった子がたくさんいるので、同じ目にあわないように徹底して指導しているのです。

それにしても…実は、私はこの質問してきた子を「偉いな」と思っています。それは自分が選んだ記号が不正解となっていたからといって、直しの際にパパッと別の記号を書き直して出すといういい加減なことをしていなかったからです。きちんと考え、調べ直し、質問できて素晴らしいですよね。それでこそ当塾の塾生です。

当たり前のことですが、これがなかなか出来ないのです。この調子で意識を高くして取り組めば、必ず実力が身についていきます。一緒に頑張っていきましょう!!
 
2019.05.08
昨日、石尾台中学の中1〜中3クラスの子たちが、テスト範囲表を持ってきてくれました。授業は中3クラスしかなかったのですが、中1クラスや中2クラスの子たちも自習にきた時に渡してくれたり、中3クラスのお兄ちゃんやお姉ちゃんに渡してくれたりと、たくさんの子が持ってきてくれました。みんな、本当にありがとうございます!

これは素晴らしいことです。大人数いると、大抵「誰かが持ってくるだろう」とみんなが思って、結局誰も持って来ないなんてことがよく起こります。これまでに私にそれで叱られた子たち…いっぱいいますよね。(笑) ですからこれは理想的であり、なかなかできないことなのです。

特に定期テストが初めての中1クラスの子は、説明会で私が言った「範囲表が出たらすぐに持ってきてくださいね」という言葉をよく覚えていましたね。テストに対して意識が高い証拠です。とてもいいですね!きっとゴールデンウィークも頑張れていたことと思います。

実は明日から高森台中学の「第一回テスト」が始まります。相変わらず早くて驚かされます…。当塾の対象中学ではなくなって、このように石尾台中学や高蔵寺中学とテスト時期が大きくずれていることもあり、テスト対策を他中学ほどしてあげられないのですが、「それでもいいからこの塾で基礎力を鍛えたい」と通ってくれている高森台中学1年生クラス生たちがいます。当塾をそこまで信用していただきありがとうございます!

そんなお気持ちに少しでもお応えできるように、今日は通常の授業よりもこの子たちだけ早めに来てもらって対策を行います。他中学の子たちの遅い時間帯の授業に付き合わせるわけにはいきませんからね…何せ明日からテストなのですから。今後もこのように十分ではありませんが、「できる限り」中学ごとの都合に合わせて時間割を組んでいきたいと思っております。ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

さぁ、とにかく高森台中学校1年生クラスの子たち!「早い」だの「対策が十分じゃない」だのと泣き言を言っていても、明日から初めての定期テストが始まります。精一杯の準備をしておきましょうね!!対策プリントはしっかり終わらせていますが、宣告していたとおり、今日は最後の単語テスト「序数」と、理科、社会の追加の確認テストを行いますよ。頑張りましょう!!
 
2019.05.07
11日ぶりの更新ですね。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?中学生クラスは5月1日と2日に授業があったので中学生の塾生みんなの元気な様子は分かりましたが、小6クラスの子たちとはこの日記同様11日ぶりに今日会えます。みんなどんなゴールデンウィークを過ごしたのかな?話を聞くのがとても楽しみです!

私はゴールデンウィーク前半、仕事をしながらでしたが、休みを利用して大阪から来てくれた長男家族や、仕事もあって忙しい中時間を作ってくれた次男家族とともに、楽しく賑やかに過ごすことができました。いつものごとく遠出こそできませんでしたが、4歳と1歳になった孫たちとはお弁当を作って少年自然の家に出かけ、アスレチックなどをして楽しく遊ぶことができました。どちらもまだ近場で十分の年齢です。(笑)

私の息子たちが子どもの頃は、行くことのできるアスレチックと巨大迷路には片っ端から家族で挑戦しに出かけたので、こんな休みの過ごし方が本当に懐かしかったです。どちらの息子も父として、これから我が子を連れていくことになるのでしょうか…そんなお話を聞けるのも楽しみです。

平成から令和に変わる日の午前0時、子どもたちは寝かせて、長男夫婦と次男夫婦と私の大人5人は恒例のカードゲーム大会を開催しました。毎回全員本気で勝ちに行くので、とても熱い戦いとなります。今回もやはり熱い展開となりました。なんと最終戦を迎えた段階で、上位3名が接戦となっていたのです。それは今回行ったカードゲームではなかなか見られない展開だったので、とても盛り上がりました。

…私ですか?私は断トツのドべで、ある意味場を盛り上げていましたよ。(泣笑) 「令和」という新しい時代となりますが、こんな風に「家族仲良く平和に過ごせるといいなぁ」なんて今の幸せをしみじみかみ締めながら思っちゃいました。みんなに心から感謝です。

ゴールデンウィーク後半はひたすら仕事を頑張りました。中学生の「第1回テスト」に向けての準備もばっちりです!ただ…みんなの対策プリントを丸つけしていて、やっぱり気になる点がいつも通り出てきましたので今回も書かせてもらいます。今日、明日で提出する予定のプリントが手元にある子は、これを見て今一度自分のプリントをチェックしてから提出するようにしてください。

今回特に多かったのが、穴埋め問題でのミスでした。「( )に当てはまる言葉を入れなさい」という問題でのことですが、文になっているので文として成り立つように言葉を入れなければなりません。例えば「ドクダミは日当たりの( )所に生えています。」という問題なら、( )に入る言葉は(良い)もしくは(悪い)ですよね。これを(良)や(悪)だけにしていたり、逆に(良い所)や(悪い所)などいらないものまで書いていたりしている子がたくさんいました。これでは文になりませんので、当然不正解となります。

このミスは対策プリントが初めてとなる中1クラス生に特に多くみられましたが、相変わらず中2クラス生と中3クラス生にもいました。読み通しながら進めるということをやっていない証拠です。普段計算ミスが多い子ほど、ここでもやれていなかった印象でしたよ。計算も文も同じなのです。丁寧にグッと集中して「ミスをしないぞ!」と取り組んでいる子は、どちらもそんなミスをしません。そんな意識がまだまだ低い子は、やはりミスをしてしまいます。

これを読んでギクッとした子は、きちんと改善するためにも日頃から取り組み方を変えていきましょう。以前の日記でも書いたように、筆算であっても心の中でブツブツ「5足す8は13、1繰り上がって…」などと言いながらやるべきです。穴埋めの問題ならなおさらです。入れてみておかしくないかどうか、きちんと読み返して確認してから次の問題に移る習慣をつけていきましょう。

では、今日からまた授業を再開いたします!張り切っていきましょうね!!
 
2019.04.26
いただいたワラビ先日、大阪のおばがワラビを送ってくれたので、灰であく抜きをして水にさらしたところ、こんなに綺麗になりました。

塾生の皆さんはワラビを食べたことがありますか?もしかしたら食べたことないという子もいるのではないでしょうか?私はこのワラビ、とっても好きなんです。

ちなみに画像のワラビは卵とじにして美味しくいただきましたよ。下の息子家族に少しだけおすそ分けしたのですが、なんと1歳半になる孫も喜んで食べてくれていました。(動画で見せていただきました。) ワラビを好んで食べるなんて…いやぁ、渋いですね!(笑) 山菜好きの仲間ができて嬉しい限りです。来年の春も一緒に楽しめたらいいなと、ニヤニヤ喜んでおります。

さて、明日から世間では10連休のゴールデンウィークですね。月間スケジュールには書いてありますが、塾の予定をここでもお知らせしておきます。7日から通常授業再開となりますので、お間違えのないようによろしくお願いします。

4月27日(土) 通常授業(中3)
4月28日(日) お休み
4月29日(月) お休み
4月30日(火) お休み
5月1日(水) 通常授業(中1、中2)
5月2日(木) 通常授業(中3)
5月3日(金) お休み
5月4日(土) お休み
5月5日(日) お休み
5月6日(月) お休み

この連休、私は特にどこかへ出かける予定はありませんが、みなさんはいかがでしょうか?中学生は「第1回テスト」がせまっていますが、時間を上手に使って有意義な休日を過ごしてくださいね。この日記の次回更新日も5月7日(火)からとなります。私もこの連休でしっかりと充電しておきますね。
 
2019.04.25
先日の日記で、「中3入試説明会」のご感想やご不明な点などの有無を教えていただけないかとお願いをしましたところ、ある保護者の方から次のようなメールをいただきました。(許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。)

西村先生

昨日はありがとうございました。全てが興味深く時間があっという間に過ぎてしまいました。帰り道「いつもウチで言ってる事、一杯あったよな。昼寝は15分、まで一緒だったよな」「結局自覚して動き出さないと何も始まらないんだよ」などと話しながら帰りました。

昨日の資料は家族で回し読み最中です。話し合いはまだまだ続きます。愛知県の公立受験のシステムは独特で、他県の主人も1校受験しか知らない時代の私にもとても良く分かりスッキリしました。

卒塾生の手紙には泣きそうになりました。西村セミナーの子たちは自分が勉強を一生懸命に取り組んだことだけではなく、それによって自分がいかに人間としての成長が出来たかを誇り、先生と特別な時間を過ごせた満足や尊敬の思いを必ず書き素敵だなとおもいました。

私自身も受験は色々大変で、こんな先生がいてくれたら良かったのにと羨ましい気持ちで聞いていました。我が子含め中3みんなよ、君たちは恵まれているのだよ。

これからまだまだ山は続きますが、引き続き宜しくお願いします。本当にありがとうございました。

こちらこそ、本当に本当にありがとうございました。お忙しい中、「先生が気にされているでしょうから」という思いで書いてくださったようです。有難くて涙が出ました。入試システムの説明は「きちんとご理解いただけたかしら」と毎年心配しておりましたが、それが今回初めてそれに関するお声をいただけてとてもホッとしました。

ただ…まだまだ言葉が足りないところなど多々あったと思います。ご参加いただいた皆様、ご不明な点などございましたらどうぞご遠慮なくお尋ねくださいね。いつでもお答えいたします。また、「〇〇について教えてほしい」など今回の説明には入っていなかった内容につきましても、ご質問いただきましたら調べられることはできる限り調べてお答えしていきますので、いつでもお気軽にご質問をお寄せください。

本当に説明会の内容をしっかりと、そしてあたたかく受け止めていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。中3クラスの子どもたちにどれだけ響いたのか…それは、これからのみんなの行動が示してくれると思います。(実はしっかり信じていますよ。) これからも一緒に最後まで頑張っていきましょうね!まずは目の前に迫った第1回テストです!!
 
2019.04.24
4月半ばにご注文いただきました「自習用教材」が届きましたので、昨日から一人一人にお配りしています。どうぞお家の方もご確認くださいね。

たくさん注文した子、少なめに注文した子、一切注文しなかった子と、今年も様々でした。毎回言っている私からの「自分のやれる分のみ買っていただくように!」を聞いた上でご購入いただいたので、みんなしっかり考えて決断したのだと思います。買っていただいた教材は有り難くバリバリ活用して、実力をグングン上げていってくださいね。

さてそんな中、どれを買うのかということを、全て本人に任せていたご家庭がありました。(何度か経験している中3クラスの子です。) そこでその子は、私にアドバイスを求めながら「自分が力をつけるためにやりたいもの」「時間的にやれそうなもの」を一生懸命考えていたのですが、その時に出たある一言がとても素敵でした。

有難いことに、欲しいだけ買っていいと言われているんです。

いやぁ、当たり前のことなのですが、実はなかなか本人のいない所で自然と出ません。この「有難いことに…」という言葉ですが、本当に心から思っていないと出ない言葉だと私は思います。親御さんが自分のためにお金を出して教材を買ってくれる…その有難さが本当に分かっていて、心からの感謝が出たのでしょう。素晴らしいですね。きっとこの子は、この買っていただいた教材を無駄にしないようにしっかり使うと思います。今回渡した時も、「これなら計画通りにやれそうです」と嬉しそうに笑顔をみせていましたからね。

当塾生のみんな!親御さんは大切なお金を使ってみんなを通わせてくれて、さらにこうした教材も必要ならと買ってくれています。これは本当に有難いことなのです。ですから、自分のためなのは当然なのですが、その気持ちにこたえるためにも一生懸命取り組んで力をつけていきましょう!!
 
2019.04.23
宿題のプリントやドリルの丸付けをしていると、その子がどのくらい一生懸命取り組んだのかが手に取るようにわかります。授業で私に言われた注意を意識し、時間をかけて丁寧に仕上げている子もいれば、なぐり書きのような字で「とりあえず空欄を埋めてみた」というような子もいます。すると、当然ですが、力のつき方に雲泥の差がでてきます。はい、丁寧に仕上げている子の方はメキメキと力を伸ばしていくのです。

宿題ページのメモですから、私は「みんなが丁寧に取り組むようになりますように…!」と願いつつ、先日もいつものように添削をしていました。そしたら中1クラスの宿題を添削していた際に、こんな微笑ましいドリルが出てきました。

ご覧のように、付箋に「ふつうに、やる、小学生のやり方で(円)までかく」と書いて、宿題ページに貼り付けてあります。これは、このページをやってくることを宿題にする旨を伝えた際、「ここは文字式のルールは守らなくていいよ。小学生の時のやり方でやって、単位もつけるんだよ」と私が言ったことを、すぐさまこの付箋にメモして貼り付けたものでした。

この一手間、とても素晴らしいですね。こうしていれば、いざ家でやる時にしっかりと目に止まります。たとえ忘れていたとしても、思い出すことができます。なんだか一生懸命さが伝わってきて、微笑ましい気持ちになりませんか?私はちょっと嬉しい気持ちになったので、こうして本人の許可を得て紹介させていただきました。

この子以外にも、実は直にワークにメモ書きしていた子もいました。丸付けしながらそんな文字や努力を見る度に、「よく聞いて守ろうとしているんだなぁ」と感心していました。大人の方からしたらそんなことは当たり前かもしれませんが、一ヶ月前までは小学生だった子たちですから、そうそう要領よくはいきません。この子たちなりに「先生の言われたことを忘れずに守ろう」と健気に思い、どうすれば忘れずにやれるか考えた末のメモでしょう。こういう姿勢を見るたび、私も精一杯応援しようと思えます。

中1クラスのみんな!学校もだんだんと忙しくなってきたと思いますが、これからも頑張って一緒にやっていきましょうね!みんなが信じて一生懸命取り組もうとしてくれているその気持ちに応えられるように、ばっちり鍛えていきますね!
2019.04.22
先日の日曜日は予定通り、「高校入試説明会」を無事開催することができました。中3クラス生とその保護者の皆様、お忙しい中お越しいただきまして誠にありがとうございました。

夕方の5時から7時の2時間…部活があっても参加できる時間帯ということでこの時間にさせていただきましたが、日曜日の夕方は大切な家族団らんのお時間でしたよね。そんな貴重なお時間だったにも関わらず、今年も有難いことに全員ご参加いただきました。本当に有難い限りです。

さらに嬉しいことに、今回は半数以上のご家族がご両親と本人の3人で参加されていました。先週のこの日記での呼びかけに応えていただいたのでしょうか…お父さん方も、せっかくゆっくり出来る日曜の夜に本当にありがとうございました。お母さん方も、下のお子さんを残してご心配の中、また、夕飯のお支度などでお忙しい中を本当にありがとうございました。

今回の説明会のあと、ご家族で「これから本人のやるべきこと」や「本人の将来の夢」などについてお話し合いの場が持たれているといいなと思います。そして何よりも、本人が頑張る意志を固めてくれることを期待しています!

聞いていただいた通り、当塾の「高校入試説明会」は単なる「入試の説明」で終わらないようにお話しさせていただいたつもりでしたが、何か一つでも皆様のお心に残ったでしょうか?ご感想やよく分からなかった点などがありましたら、ご遠慮なくお聞かせくださいね。指導する上で、そして次回以降の説明会でも活かされますので、そういったお声もいただけるととても有難いです。どうぞよろしくお願いいたします。
 
2019.04.19
今週末の日曜日は、中3クラス生とその保護者様を対象とした「入試説明会」があります。10日ほど前にご案内のお手紙を子どもたちに配布したのですが、対象の皆様はもうご覧になられましたでしょうか?そちらの手紙には出欠確認用紙も付いておりますので、まだ提出されていない方はどうか明日(20日)までにご提出をよろしくお願いいたします。ちなみに、ご夫婦でのご参加も大歓迎です。

実は去る4月7日(日)に行いました、中1クラス生とその保護者様を対象とした「中学勉強法説明会」では、何組かご夫婦でご参加されている方がいらっしゃいました。そしてその説明会を終えて、ご夫婦でお越しいただいていたある保護者様から、こんな有難いお言葉をいただきました。(※有難いお言葉は多くの方からいただきました。ありがとうございました。しかし全てをご紹介はできませんので、一つをご紹介させていただきます。)

家に帰ってからみんなで話し合いました。本人が「これからしっかり頑張っていきたい」という気持ちを示してくれたので、応援していこうと思います。

とてもあたたかいご家族だと感じる内容でした。素晴らしいですよね。お母さんだけでなくお父さんも説明会を聞かれたことで、中学の勉強は何をどのように頑張ればいいのかお分かりいただけたようで、応援の方向も分かっていただけたのでしょう。これからもどうぞよろしくお願いいたします。こちらはおまけですが…そのお父さんは「自分も中学の時に聞きたかったな」とおっしゃられていたそうです。嬉しい限りです!ありがとうございます。

さて、21日(日)に開かれる高校入試説明会では、愛知県の受験のシステムからこれから本番までの頑張り方まで、しっかりと細かくお伝えいたします。ですから、お忙しいとは思いますがどうぞ万障おくり合わせの上、ふるってご参加ください。
 
2019.04.18
2日間も日記を更新できなくて申し訳ありませんでした。当塾の中学生クラスでは、この春というのはどの学年も計算の基礎を固める、塾生も私も必死に取り組む時期なのです。

中3クラスは先週末で「因数分解の利用」まで全て終わり、今週のあたまからは「平方根」に入りました。まだまだ因数分解のプリント練習は行っていますが、ひとまず一単元終了したということです。中2クラスは計算分野をほぼ終えて、残すは「等式変形」だけとなりました。乗除計算のやり方も全員身に付いたので、あとはミスをしてしまう自分との戦いです。

中1クラスは…「正負の計算」に大奮闘しております。これは毎年のことなのですが、これをマスターするのが本当に大変なのです。なにせ子どもたちにとっても負の計算なんて初めて出会うものですから、丁寧にやり方を教えていかないとクチャクチャになってしまうのです。これから中学生として数学を学んでいく上で最も大切な土台となる部分ですので、引き続き全力で指導して参ります。

ノートちなみに…私は先週から今週あたまにかけて、特に中1クラスの正負の計算の「四則混合計算」の応用練習に力を注いでおりました。

ワークやプリントの丸つけとの格闘の日々でした。一人一人の途中式まで細かく見るのは、本当に恐ろしく時間がかかりますからね…。そんなわけでこの日記がこうして更新できずにいました。

宿題のプリントしかし、その甲斐あって中1クラスのみんな、しっかりと正しく計算できるようにかなりなってきました。毎回の宿題のプリントが、このようにバッチリだという子が増えてきたのです。嬉しい限りです。

私は添削するとき、「教えた通りのやり方」にしていなければ、答えが合っていても丸はつけず三角とします。そして、きちんとやり直させます。式が多すぎても少なすぎてもいけないのです。そこまでやれるのが少人数一斉授業を行っている当塾の強みですし、子どもたちの今後に大きく影響するからです。

ノート ノート「そんなの無理だよ」と思われるかもしれませんが、授業での私からの指示をしっかりとノートに書き留めている子は、やはり定着も早かったです。

大切なことを書き込んで、一生懸命さがこのノートから伝わってきますよね。

一人一人個人差はありますが、この基礎の部分だけは、毎年絶対に全員にできるようになってもらいます。この調子ですと、今年もなんとか無事にみんな越えられそうです。あと一息…「うっかりミス」がみんなから無くなるまで、とことん染み付くまで、もうちょっと一緒に練習を続けていきましょう!ここでの努力は必ず報われますよ!!
 
2019.04.15
2回目の授業を先週の金曜日に無事に終えた小6クラス生たちですが、その様子は初回に比べて少し緊張が解けていたように感じました。点対称の理解もばっちりでしたし、とても良い雰囲気で進めることができております。この調子で一緒に頑張っていきましょう!

また、この2回目の授業で、当塾のお楽しみカードゲーム「ワードバスケット」のやり方も説明しましたね。ということで、これから早く来て時間に余裕があるときは、ぜひ複数人で楽しく対戦してみてください。授業の開始はPM5:00ですが、小6クラスはPM4:30からなら来ていただいても大丈夫です。来たら宿題の提出、返却された前回の宿題の直し…それらを完璧に仕上げてから遊びましょう。あくまでもワードバスケットのための30分ではなく、その直しのための時間ですからね。(笑)

ただ…誤解しないでいただきたいのですが、授業時間は毎回PM5:00〜5:50です。ですから授業料はその分のみいただいております。そう…その30分はサービスタイムということです。よってこの時間の参加は強制ではありません。とは言え利用しない手はないと思いますので、上手にご活用いただければなと思います。

さて、明日の授業の際にもお伝えする予定ですが、こちらでも書かせていただきます。「読解はかせ」の「チャレンジ(※これは強制ではありません)」の調べ物はどのように調べればいいのかという、実際にあったご質問にお答えいたします。今までの先輩たちはそれぞれ自分に合うやり方を色々試して探し、無理なくやって見つけてきていました。しかし、今回は一人の先輩が、具体的に書いた自分(その先輩)に合うやり方を「参考になれば…」と紙に書いてきてくれました。本当にありがとうございます!

こちらの先輩は本当にしっかりと、しかも楽しそうにいつもそれらをやってきていたので、今回この質問を受けて、私から「どうやって調べてたの?」と尋ねてみたのです。それに対してすぐに気持ちよく、さらにこちらの期待以上に応えてくれたのでした。本当にありがとうね!

小6クラスのみんな!明日の授業の際にそれをお見せしますので、楽しみにしていてください。後輩のために時間を割いてまとめ、さらに実際にやったワークも持ってきてもらえたので、先輩からしっかり学びましょう。全く同じようにやりなさいということではなく、あくまで参考にしてもらえると私もその先輩も嬉しいです!よろしくお願いします。
 
2019.04.12
本日も小6クラスの授業(2回目)があるのですが、実は先日…小6クラスの数名の保護者様から同じご質問をいただきました。そこで、まだモヤモヤされている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんので、今日はこちらの日記でそのご質問に関して書かせていただきます。

ご質問内容
「読解はかせ」が宿題になっていますが、答え合わせは家でやっていくのでしょうか?

「読解はかせ」という国語の文章読み取り練習ワークを子どもたちにお渡しする際、子どもたちには答えの冊子も渡して「答えの冊子はお母さんにお預けしておきなさいね」と伝えておりました。真面目なこの子たちはきちんと私の指示通り、家に帰って冊子をお渡ししてから宿題ページに取り掛かったのでしょう。とても素晴らしいです。

しかし、ここから私の説明が足りませんでしたね。本当にごめんなさい。その状況でしたら、答えの冊子を受け取ったお母さんは、「私が丸つけをしてあげるのかしら?」と思われますよね。本当に申し訳ありませんでした。…ということで、ご質問にお答えをいたします。

ご質問への答え
丸つけはすべて私が行います。やった宿題はそのまま私まで持ってきていただければ大丈夫です。十分なご説明をせず混乱させてしまい申し訳ありませんでした。

ちなみに、当塾は宿題の直しにもかなり力を入れています。例えば、3箇所間違っていたらその間違っているところに×だけを書いて返却いたします。すると今度はその間違い直しもお子様が自分でやってくることになります。一度で直せなければ、何度でも何度でもすべてが直るまで挑戦してもらいます。

もちろんヒントが欲しければ私に聞いていただいて構いません。私がすぐに答えを教えたり、聞かれてもいないのにたくさんのヒントを与えるようなことはいたしません。とことんみんなに問題の文章を読み込んで頑張ってほしいからです。少々厳しいかもしれませんが、必ずこの方がみんなの力となりますので、そのようにやらせていただいております。

小6クラス生の保護者様方へ
当塾に慣れないうちは、私になかなか聞きにくいかもしれませんので、保護者様へ助けを求めることがあるかもしれません。そんな時は、保護者様からヒントを与えていただいて大丈夫です。実はそのための「答えの冊子」です。

しかし、皆様もお忙しいでしょうし、ヒントの出し方がいまいち分からないという場合もあるかと思います。そんな時は「先生に質問してごらん」と促してくださって構いません。お子様が自分から私に質問できるようになることがやはりベストですから…。初めは不安がいっぱいで質問しづらいと思いますので、どんな形でも、まずはそんなお子様の気持ちに寄り添っていただけると有難いです。どうぞよろしくお願いいたします。

では、また今日も教室でばっちり準備を整えてお待ちしておりますので、みんな元気に気をつけてお越しくださいね。よろしくお願いいたします!
 
2019.04.10
4月というのは初めてづくしですね。「初めての学校」「初めての担任の先生」「初めてのクラスメイト」などなど…。そんな中、初めて当塾の授業を受けた子たちがいました。そう、当塾の現在の一番下の年齢のクラス、小6クラスの子たちです。

みんなとても緊張した面持ちでやってきてドキドキしながら授業を受けていましたが、結局最後まで気持ちは張りつめていました。まぁ無理もありません。友達もいない、少人数の塾に初めてやってきたのですから。入口のドアを開けるのだってドキドキだったことでしょう。

それでもみんな緊張しながらも、ものすごく一生懸命に取り組んでくれていたので感心させられました。これならいい感じで一年間やっていけそうです。ただ、もう少しリラックスした方が授業もしっかり頭を使いながら聞くことができるので、私も授業の進め方などを考えていこうと思います。小6クラスのみんな、これから一緒に頑張っていきましょうね!

さて、そんな小6クラスでは初めての宿題も出ましたね。そこでいくつか注意をさせていただきます。今日の日記ではそんな多くの注意の1つ目を書かせていただきます。

「宿題は丁寧に取り組んできてください」

算数も国語も、最後まで問題をしっかり読んで、深く考えて、そして綺麗な字で答えを書いてきてください。もしわからないところがあったら、空欄で提出するのではなく、次の授業に少し早めに来て、私に質問をして解いてください。提出時は必ず空欄をなくしましょうね。(かと言って適当なことを書くのは一番NGですよ。)

一度にたくさん書きすぎても頭に残らないと思いますので、今日はこの1つだけです。その代わりしっかり頭に刻みつけましょうね。これから順にこの日記で注意を書かせていただきます。小6クラスはもちろん、中1クラスも中2クラスも中3クラスの子たちも関係のあることですから、当塾生はみんなばっちりチェックしてくださいね。

「初めての世界」に飛びこむことは勇気のいることです。そこを「えいっ!」と来てくれた子どもたち…本当にありがとうございます。「来てよかった」「来てくれてよかった」とお互いが思えるような素敵な出会いにしていけるといいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。次の金曜日も楽しみに待っていますよー。
 
2019.04.09
春休み期間を含め、3月はたくさんの卒塾生が「大学受験の結果」を報告に来てくれました。この仕事をやっていて、やはりこれは嬉しい嬉しい瞬間です。

昨年…残念ながら第一志望校に合格できず一年間浪人し、年賀状できっぱりと「今年は決めます!!」と宣言してくれていた子がいました。その子もやはり結果を報告に来てくれました。…見事、第一志望校に合格でした!おめでとうございます!満面の笑顔が見られて、私もとても嬉しかったです。忙しい中わざわざ報告に来てくれて本当にありがとうね!

日程の関係で来られず、お電話で報告してくれた子も数名いました。それでももちろん十分です。結果も大事ですが、私は懐かしいみんなの元気な声が聞けて本当に幸せでしたよ。

いかがでしょうか?私は本当に、「当塾の卒塾生はみんなとっても素敵だ」と改めて思いました。義務でもない、中学生時代に通った学習塾の先生に報告なんて、そうできるものじゃありませんからね。そんな人間性に私はとても魅力を感じ、素敵だと思いました。

ちなみに…合格した大学も、それはそれは超一流大学が名を連ねていて驚かされます。そこまでには届かなかった、または別の明確な目的があって進んだ子たちも、自分の過ごした高校3年間、そして頑張った大学受験のエピソード、さらには掴み取った大学でのこれからの夢などを、瞳を輝かせて話してくれました。

ただ今年も、浪人報告に来てくれた子たちはいました。この子たちが偶然にも同じようなことを言っていたので、ご紹介させていただきます。

高校受験の時は塾で基礎をしっかり身につけさせてもらっていたから最後の追い込みでグンと伸びたけど、大学受験はそれが不十分だったので間に合いませんでした。自分の甘さを反省しています。

そしてこの一年は、徹底的に基礎から鍛え直して頑張ります!来年必ずまた報告に来ますね。

この子たちは基礎の大切さが身にしみたようでした。浪人は大きな勉強代となりましたが、それに自ら本気で気づけたことは一生の財産となるでしょう。頑張り方を知っている人は強いですからね。一年後、楽しみにお待ちしております!それから「西村先生にお会いして、気合を入れ直したかった」という子もいたので、アントニオ猪木さんの気合のビンタほどではありませんが、私なりのフルパワーを送らせていただきました。(笑)

卒塾生のみんな、ご報告に来てくれた子も心の中で思い出してくれた子も、今年も本当にありがとうございました。これからもしっかりと生きていってくださいね。またみんなが顔を出してくれる日を、心から楽しみにしております!
 
2019.04.08
昨日…とても暖かな、まさにお花見日よりの午前10時〜12時、予定通り「中学勉強法説明会」を開催させていただきました。ご両親でご参加いただいたご家族も2組あり、会場はいっぱいになりました。せっかくの日曜日の良き日に、わざわざ足をお運びいただきまして誠にありがとうございました。

会は予定どおり、これから中学校で勉強していくにあたって大切なことがらを、資料を示しながら精一杯お伝えしました。子どもたちの胸にどれだけ響いていたでしょうか…しっかりと響いていれば、これからの子どもたちの取り組み方にあらわれてくることでしょうから、楽しみにしていたいと思います。

ちなみに、ご参加いただいたお母様方からは、帰りがけにこんなお言葉いただきました。「ものすごく内容の濃い2時間でした。上の子は高校生なのですが、今まで知らなかったことがいくつかありました。“そうだったのか!!”と、今やっと分かりました。他塾の説明会とは全然違いました!」「上の子にももう一度聞かせたかったです。一年経って、去年以上に胸に刺さりました。ありがとうございます!」

しっかりと受け取っていただいて嬉しい限りです!大切なお時間をいただきましたので、何か一つでもお持ち帰りいただけるといいなと思っておりました。まだまだ不十分な点もあったと思いますので、ご質問はいつでも受け付けております。どうぞご遠慮なくお尋ねくださいね。

では、これから中1クラスのみんなが素敵な中学校生活を送れるように、全力で応援していきます!一緒に頑張りましょうね!!
 
2019.04.05
学校の新学期も始まりましたね!この日記もしばらくお休みをいただきましたが、また今日から再開させていただきます。(土日をはさむので次の更新は8日です。) どうぞよろしくお願いいたします。

中学校も昨日が「入学式」「始業式」でしたね。中1のみなさん、ご入学おめでとうございます!中2、中3のみなさんもご進級おめでとうございます!新しいクラスメイトや先生方と一緒に、学業や部活動を全力で頑張ってくださいね。そこでさっそくですが…中3クラスのみんなには因数分解の宿題として、春休み前に「祝進級プリント」をすでに渡してありますよね。タイトルから自覚が芽生えたでしょうか。(笑)

また、中1クラスのみんなには2月から、中2クラスと中3クラスのみんなには3月から、それぞれ「新学年の気持ちでやるように」と呼びかけていましたので、みんなにとっては「いよいよ実際に始まったな」と気が引き締まっていることと思います。今日は中1クラスと中2クラスの授業があり、明日は中3クラスの授業があります。私もばっちり準備を整えてお待ちしておりますので、一緒に張り切っていきましょう!!

さて、明後日の日曜日は以前よりお知らせしておりました「中学勉強法説明会」を開催させていただきます。今年も中1クラスの塾生さんとその保護者様、全員の参加のご希望をいただいております。お忙しい中お時間を作っていただきまして、誠にありがとうございます。寒さがひびき桜の開花時期が今年は長いので、日曜あたりはお花見の絶好のチャンスでしたのに、こちらへのご参加を心より御礼申し上げます。

大切な皆様のこのお時間を有意義なものにしていただけるように、私もこの春休みの間にしっかり準備させていただきました。当日は様々な資料をお見せしながら説明させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。会場は高蔵寺ファーストビルではなく「中央台集会所」となりますので、お間違えのないようにお願いいたします。場所がよくお分かりにならないようでしたら、どうぞ御遠慮なくお尋ねくださいね。
 
2019.03.29
いよいよ今日が春季特訓の最終日です!中3クラスのある子が、「毎日塾というのは大変でした」と昨夜の授業後に言っていましたが、本当にそうだったと思います。みんな本当によく頑張りましたね!

実は私自身も1人1人丁寧に細かく見ているので、毎日3クラスあると宿題の丸付けなどに追われて、この日記の更新も出来ないほど時間の無い状況でした。いつもこの「サクラ咲くまで」を楽しみにしていただいている皆様には、とても申し訳なく思っております。3日ほど空けてしまい申し訳ありませんでした。サボっていたわけではありませんので、どうかご理解いただければ幸いです。

さぁ、春季特訓ラスト今日一日、みんな力を振り絞って一緒に頑張りましょう!!今日が終われば、当塾も明日から春休みに入ります。再開日は以下の通りです。

中1クラス 4月5日(金)
中2クラス 4月5日(金)
中3クラス 4月6日(土)

上記の日より通常の時間帯に戻りますので、お間違えのないようにお越しください。また、この日記も久しぶりに更新したばかりで申し訳ありませんが、春休み期間となる明日からお休みさせていただきます。再開は4月5日を予定しておりますので、楽しみにお待ちください。

では今日一日を頑張って、明日から皆様良い春休みをお過ごしください!
 
2019.03.26
今日の日記は「お知らせ」です。昨日の授業の際、中1クラスのみなさんに4月7日開催の「中学での学習法説明会開催のお知らせ」プリントを配布させていただきました。以前お配りした「春の予定」プリントにも書かせていただいていますのでもうご存知かと思いますが、正式なご案内と出欠確認になっておりますので、お子様からまだ渡されていないという方はぜひ一度ご確認ください。

「春の予定」プリントをお配りした後、ある塾生さんが困り顔で「先生、出席することができません…」と言ってきました。そこで私は「あぁ、それは残念だね。強制ではないのだけどぜひ聞いて欲しい内容だから、〇〇ちゃんがダメならお母さんやお父さんだけでもいいんだけど…」とお答えしました。実際今までにも都合が合わなかった子がいて、当日はその子のおばあちゃんが代表でお一人でお越しいただいたこともあります。

しかし、今回の子はそれもダメだったようでした。どうも家族みんなでご都合が悪かったそうです。これはもう仕方がないので、私は「大丈夫。あとで資料をお渡しして、大事なことは伝えてあげるからね」と伝えました。すると、その子は少しホッとしたような様子でした。

そうして「良かった良かった、一件落着」…となっておよそ一週間がたった時、またまたその子が今度は明るく弾んだ声でこう言いました。「先生!出席できるようになりました!!」と。何でも、ご家族の旅行の日にちを変更してくださったとか…いや、もう、ありがとうございます!!!ご家族皆様お忙しい中調整して決めたご旅行日を、今回の会のためにまた調整し直していただいたのですね。本当に嬉しい限りです!

わざわざこうして調整していただいた方がいらっしゃること、みなさんがお忙しい中都合を合わせてご参加いただくこと…これらを噛み締めて、当日「参加できて良かったな!」と思っていただけるような有意義な会となるように気合を入れて準備させていただきます!また、子どもたちも「よし!中学に入ったら頑張ろう!」と思ってくれるように、資料を示しながらお話しさせていただきます。

出欠確認用紙は4月5日(金)が提出締切ですので、それまでにお願いいたします。どうぞよろしくお願いいたします!
 
2019.03.25
今日の日記は前回の日記の続きで、卒塾パーティー第2部について書かせていただきます。ちなみに第1部のフレンチ会食の画像や、このあとご紹介する第2部のゲーム大会の画像は、また後日まとめて卒塾パーティーのページでご紹介させていただきます。お楽しみに!

さて、第2部は例年通り、図書券争奪のゲーム&クイズ大会を行いました。今年も会場は当教室隣にある「あそびの学舎 らいふ」さんで開催いたしました。会場準備から企画・進行まで、第2部はほとんどをらいふの克己先生に担当していただきました。ありがとうございました!私一人ではとてもできないことですので、毎年本当に助かっています。

今年のゲーム大会は、以下の内容で約3時間行われました。

1.ビンゴ大会
2.私は誰?ゲーム
3.積み木タワーゲーム
4.ジェスチャーゲーム
5.知能クイズ
6.カンジャム
7.早押しクイズ

去年と同じ「ビンゴ大会」や「私は誰?ゲーム」、「積み木タワーゲーム」、「ジェスチャーゲーム」、「早押しクイズ」はやはり鉄板ネタで、みんな声をあげて笑い大盛り上がりとなりました。一方、今年初めて行った知能クイズとカンジャムは盛り上がらなかったのかと言いますと…集中して行うタイプのものでしたので、静かな熱気が教室にたちこめていました。

知能クイズは、実際に大手企業の過去の就職試験に出題された問題3問を行いました。1問目と2問目は同じ子がパパッとひらめいていましたが、3問目は別の子が頑張って先に答えを導き出していました。問題は持ち帰っていただいたはずですので、お家の方もよければ挑戦してみてくださいね。

カンジャムはみなさんご存知ですか?何と今年の卒塾生クラスの中には知っている子がいました。フリスビーを投げて、仲間と協力して箱に当てたり入れたりして獲得点数を競うスポーツなのですが、克己先生が手作りの箱とドッチビーを使って再現し行わせていただきました。狙ったところにフリスビーを飛ばすだけでも難しいのに、仲間と協力して入れるにはさらに息のあった動きと技術が要求されます。みんな苦戦していましたが、新しいスポーツとの出会いを楽しんでいました。

このように楽しい楽しい3時間があっという間に過ぎ、私も最高の笑顔をみんなからいただきました。最後に一人一人にそれぞれが本日獲得した図書券と、私からの折り鶴付きメッセージカードと、私と私の母それぞれからの手作りお菓子をお渡しし、克己先生に描いていただいたアニメ化イラストをプレゼントして、締めの挨拶をさせていただきました。

卒塾パーティー…が、ここでまた今年も去年に続き、子どもたちから嬉しいサプライズがありました。私が「では、いよいよお開きとなりま…」と言いかけたところ、子どもたちが「先生!ありがとうございました!!これ…」と、こんなに素敵なメッセージアルバムをいただいてしまいました。

中には一人一人からの、桜のカードに書かれた心温かなメッセージが入っていました。みんな忙しい中、書いてくれていたんだね。本当に本当にありがとう!!!私はみんなの笑顔だけで十分なのに、こんなに心のこもった感謝の言葉までいただいて、とっっっっっても嬉しかったです!

このクラスは本当にみんな仲が良く、明るく、そしてノリが良くて大好きでした。叱ることも多かったですが、授業していても本当に楽しかったです。毎年私の誕生日にみんなで書いてくれた寄せ書きも、もちろん大切に飾らせていただいています。

その寄せ書きの真ん中の私の似顔絵をいつも描いてくれていたRちゃん。今回のアルバムの表紙の似顔絵もとっても可愛く描いてくれてありがとうね!「3年間の中で最高傑作ができました!」と言う通り、私の特徴をよく捉えてくれています。最後まで美化してくれてありがとう!(笑) みんなからの愛情のかたまりのこのアルバムは、私の一生の宝物です!

この他にも、「桜のカードには書ききれなかったので」とお手紙を渡してくれた子、「先生コーヒーがお好きだからお飲みください」と一生懸命美味しいコーヒーを選んできてくれた子、めちゃくちゃ綺麗なガラスの置物とハンカチを自分で選んでプレゼントしてくれた子、お菓子をお母さんと一緒に選んできてプレゼントしてくれた子など、本当にたくさんたくさんいただいてしまいました。申し訳ないやらもったいないやら…本当にありがとうございます!

また、わざわざ教室までご挨拶に来てくださったお母さん方、お忙しい中お手紙を渡してくださったお母さん方、心温まるプレゼントをくださったお母さん方…誠にありがとうございました!!

毎年一日一日を全力で取り組ませていただいておりますが、それでも「この子たちにとって、私は十分なことをしてあげられただろうか…」と反省し、足りなかったと思うところは次の年に活かすようにしています。子どもたちとの接し方や教え方に一様の答えはありませんが、これからも試行錯誤しながら、その時々でベストと思うことをやっていくつもりです。

子どもたちの長い人生において、私と接する時間はほんの一瞬の点のようなものでしかありませんが、その時に間違った方向に導かないよう、まっすぐに伸びていく手助けが少しでもできるように、微力ながらこれからも尽力させていただきます。

2018年度の卒塾生のみんな。卒塾パーティーの時にも言いましたが、私はいつでもここ西村セミナールームにいます。この教室から、これからもみんなのことを精一杯応援しているので、未来に向かって進んで行ってくださいね!今まで本当にありがとう!!
2019.03.22
昨日は2018年度卒塾生の卒塾パーティーでした。ちょっぴり空は雨模様でしたが、晴れていたら部活のB戦が入って参加が難しかったという子もいたので、かえって当塾には恵みの雨でした。

卒塾パーティー

卒塾パーティー
朝10:10に高蔵寺駅に全員集合し、みんなで緑区の「ル・プランタン」さんへ向かいました。今年は毎年お世話になっている「吉川」さんが都合で使えないということでしたので、その「吉川」さんのシェフである佐伯さんに直々に紹介していただきました。本当に有難い限りです…。

「ル・プランタン」さんでは水野シェフが担当してくださったのですが、「佐伯さんの顔に泥をぬるわけにはいかないので、頑張らせていただきます!」と、事前におっしゃってくださっていました。そしてそのお言葉通り、お料理はどれもこれも手をかけ、心を尽くしてくださったことが伝わってくる、本当に素晴らしものばかりでした。

当然お味も最高でした!自家農園で自然栽培されたお野菜がふんだんに使われていて、その生命力あふれるお野菜たちが、時には脇役としてメイン食材を引き立て、また時には自らがメインとなってひと皿を成り立たせていました。蒸されたりボイルされたり、焼かれたり素揚げされたり、あるいは生だったりと、様々に調理されたそれらは、シェフの計算されつくされた絶妙なドレッシングやソースによって、食材本来が持っている味の濃さや甘さをさらに引き出されていました。

もちろん子どもたちも大満足でした。本物の味にふれられて、みんな幸せいっぱいでした。とりわけ、最後のデザートの品数の多さ、一品一品の美味しさにとろけたようでしたよ。

さらに水野シェフは時々テーブルにお越しいただき、フレンチのテーブルマナーを子どもたちに指導してくださったり、日本の食事情についてお話ししてくださったりと、至れり尽くせりでした。水野シェフはじめ、「ル・プランタン」の皆様、本当にありがとうございました!大変幸せなひとときを過ごさせていただき、また勉強させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

卒塾パーティー 最後はお店の前でみんなでパシャリ。まだ画像を整理できていないので、会食の様子は後日このホームページの卒塾パーティーのページでご紹介させていただきます。お楽しみに!

さて、卒塾パーティーの前半のフレンチ会食はこのように大満足でした。後半はいよいよ塾に帰ってのゲーム大会です!その模様はまた来週の日記に書かせていただきます。こちらもお楽しみに!!
 
2019.03.20
長い長い昨日の午前中、私は受験生からの報告を静かに待っていました。はじめの電話は、先日の日記でも書かせていただいた、受験後に涙ぐみながら「できなかったのは実力です。でも全力は尽くせました」と言っていた子からでした。 「先生!!受かっていました!!!」 明るい弾んだ声が聞こえてきました。良かったです!私も一気に胸のつかえがとれた気がしました。この子は点数的には本当に五分五分でしたからね。よく頑張りました!

しかし、大切なのはここからです。上の学校に通うことになったのは、ある意味これからかなりの努力を要する道に進むことが決定したということなのです。もちろん、どの学校に言っても努力は絶対に必要ですが、生徒のレベルに合わせて授業は進められますので、レベルの高い学校に通えばそれだけ速いスピードで授業が進められます。

これが想像している以上に大変なことなのです。うかうかしていると3日でついていけなくなるほどです。まぁ、面談でも散々伝えてきたことですから大丈夫とは思いますが、この学校に通うことを掴み取った以上、このことを覚悟して進んでいってくださいね。応援していますよ!

さて、その後他の子どもたちも続々と報告してくれて、中にはお母さんと一緒に塾に来てくれた子たちもいて、全員無事に午前中に結果を知らせてくれました。その気になる結果はと言いますと…ほとんどの子が第一志望を合格することができました。本当に嬉しい結果です。

残念ながら第二志望合格となった子が一人いましたが、この子も本当によく頑張りました。卒業式の前日に通知表を渡されたのですが、まさかの2点ダウンしてしまっていたのです。さらにこの子はもともと通知表が足りない中で頑張ろうとしていたので、この2点ダウンは非常に厳しい状況でした。ちなみにこの2点ダウンに関して、志望校を決める学校の三者懇談では一切聞かされていなかったどころか、通知表の話もなかったそうです。

学校の受験指導もずい分昔と違ってきたように感じます。「当日点で逆転するぞ!」とものすごく頑張っていただけに、本人の悔しさを思うと胸が痛みますが、気丈に「大丈夫です。悔しくないと言ったら嘘になるけど、高校で頑張ります!」と力強く涙も無く言ってくれました。この子なら頑張れる…そう私も自信をもって送り出せる子です。高校では得意の英語をグングン伸ばしていく姿が目に浮かびますから。高校へ行ってもその思いを忘れずに頑張ってくださいね!応援しています!!

そしてもう一人、残念ながら第一志望と第二志望に届かなかった子がいました。この子は私や周りの反対に耳をかさず、「落ちたらこの私立に行くから」とつっぱりきって受験校を決めていました。そう、安全校を一切受けようとせず、最後まで自分の意志を貫き通したのです。自分の責任で自分の戦いをしたので悔いはないのでしょう。報告に来てくれた時も、心配する私に「あぁ、大丈夫です!」と爽やかに笑っていました。この子も大丈夫ですね。

これも受験を通して得ることのできる大切な力です。誰のせいにもせず、結果を自分で受け止めて、もうすでにしっかりと前を向いて歩いています。この経験、そしてその力が、今後必ずあなたの人生を支える強さになりますよ。頑張って歩んでいってくださいね!応援しています!!

以下が2018年度「西村セミナールーム」卒塾生の受験結果です。

旭丘2名
千種1名
瑞陵4名
春日井1名
高蔵寺3名
私立高校2名(内1名は推薦)

みんな本当によく頑張りました!!!見事な桜の花が咲きましたよ。私は心からみんなのことを誇りに思います!!!明日の卒塾パーティー、思いっきり楽しみましょうね!!私からの最後の授業、笑顔でみんなのお越しをお待ちしております。
 
2019.03.19
いよいよ今日が公立高校入試の合格発表です!もう私にできることは、ひたすら祈りながらみんなの報告を待つのみです。いつものように一人一人の顔を思い浮かべながら「鶴」を折って静かに待っていますね。12時までにご報告をよろしくお願いいたします!

どういう結果であれ、未来はこれから自分で作っていくものです。ちょうど昨日と一昨日、卒塾生の子が大学受験の結果をわざわざ報告に来てくれました。実はまだこの日記でも書いておりませんが、数日前にも2人報告に来てくれていました。

そんな報告に来てくれた卒塾生の子たちにも、みんなに色んなドラマがあったようです。そしてそれぞれが自分でたくましく未来を作っていっていました。この話はまた後日の日記で詳しく書かせていただきますので、楽しみに待っていてくださいね。

今日みんなの笑顔が見られますように…。みんなの桜が咲きますように…。心から祈っています!!!
 
2019.03.18
大変遅くなってしまいましたが、学年末テストの結果をご報告させていただきます。

「石尾台中学校 1年生 第6回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 85.2 86.0 78.0 85.6 84.4 419.2
学年平均 56.6 57.7 61.0 66.9 55.1 298.6
平均点差 28.6 28.3 17.0 18.7 29.3 120.6

「高蔵寺中学校 1年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 94.5 87.0 84.8 92.5 84.5 443.3
学年平均 57.5 58.1 63.0 58.0 54.6 291.5
平均点差 37.0 28.9 21.8 34.5 29.9 151.8

「石尾台中学校 2年生 第6回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 78.6 76.7 74.1 74.1 72.9 376.4
学年平均 57.2 54.5 68.8 55.4 49.4 286.7
平均点差 21.4 22.2 5.3 18.7 23.5 89.7

中学1年生、2年生と書いてありますが、塾内では新年度となりましたので中2クラス、中3クラスとなっています。分かりづらい表記で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。新年度はいつも計算力の特訓を行っております。かなり厳しい授業ですが、みんな頑張ってくいついてきていますよ。土台となる大切な段階ですので、この調子で一緒に頑張りましょう!!

先週末に、ホワイトデーのお菓子をまた数人からいただきました。中にはメッセージをつけてくれた子もいます。みんな本当にありがとうございます!今のこの気持ちを持ち続けていきましょう!!

塾生からのホワイトデーのお菓子 塾生からのホワイトデーのお菓子 塾生からのホワイトデーのお菓子
塾生からのホワイトデーのお菓子 塾生からのホワイトデーのお菓子
 
2019.03.15
昨日の授業前、いつものように塾で仕事をしていると、どなたかがドアをトントンとノックされました。「どなたかしら?」と思い出てみると、ある中学生クラスの塾生のお母さんがそこに立っていらっしゃいました。どうやらお仕事帰りに寄っていただいた様子でした。

塾生のお母さんからの差し入れ「あれ?〇〇さん、こんにちは。どうなさいましたか?」と明るく尋ねた私に、その方は「先生、受験が終わってちょっと一息つかれているんじゃないかと思って。日記を読ませていただいて、子どもや主人ともども、私たち家族みんな西村塾の受験生の合格を願ってドキドキしています。よく話題にしているんです。みんな合格するといいですね。これ、先生に差し入れです。」とおっしゃって、何とも美味しそうな大学芋をくださいました。

なんというあたたかいお気持ちでしょう!今までも受験生を応援してくださっていたのですね。そして、今もご家族みなさんで合格を願ってくださっている…本当に有難い限りです!私へのねぎらいも本当にありがとうございます。有り難く一息入れる際に頂戴いたしますね。

泣いても笑っても、受験生の結果は来週の火曜日に出ます。当塾の塾生さんのお父さんやお母さんの中にはこの方と同様に、我が子のことのように良い結果を願ってくださっている方がいらっしゃるに違いありません。ありがとうございます!みんなの全力の結果を、必ずご報告させていただきます。
 
2019.03.14
今日は3月14日…。そう、ホワイトデーですね!実は当塾でも今週の初めから、男の子がぽちぽちお返しのクッキーなどをクラスの女の子に配っているのですが、申し訳ないことに私までそのお相伴にあずかっていました。(苦笑)

塾生からのバレンタインチョコということで、定期テスト後に一人の女の子からいただいたバレンタインチョコと共に、そちらのちゃっかりいただいたものを紹介させていただきます。
塾生のホワイトデー 塾生のホワイトデー 塾生のホワイトデー

ものすごく綺麗に作られていて、ラッピングまでかっこよくされていますね。「母が作りました」や「母が半分作りました」などお話しを聞きながら、「最近のお母さんはすごいなぁ」としみじみ感じ入っていました。息子がもらったチョコのお返しを作る…私は一度もやったことがありません。(苦笑)

そもそも、息子たちがチョコを女の子からもらったことがあるのかどうかすら知りません。もしもらったかどうか尋ねて、1個ももらえていなかったら気まずいなと思い、尋ねたことすらありませんでしたから…。ですから全くのノータッチできました。つまり今のお母さんたちは、息子さんとのコミュニケーションもしっかりとれているということですよね。本当に素敵だと思います。

私にまでご用意していただき、誠にありがとうございました。またコーヒータイムに有り難くいただきますね。そして、本格的に始まった新年度のパワーの源にさせていただきます!
 
2019.03.13
受験生は昨日の面接をもってひとまず受験は終了ですね。本当にお疲れ様でした!19日の合格発表の日を、私もドキドキしながら待とうと思います。

今年卒塾していくクラスはみんな仲が良くて、底抜けに明るくて、お互いに思いやりのあるとてもとてもあたたかな子たちでした。実はB入試の日、塾に来たメンバーは自己採点のあともすぐには帰らず、和気あいあいと過ごしていました。女の子たちは学校が違っていても関係なく、みんなで抱き合って1つのかたまりになっているほどでした。もう塾に勉強に来ないから、お互い名残り惜しかったのかもしれませんね。

中には教室の掃除を、授業が始まる前にやってくれた子たちもいました。机を運び、ダンボールや教材をどかして、隅の隅まで掃除機をかけ、ホワイトボードの汚れを落とし、コピー機の後ろの方まで綺麗にするという徹底ぶりでした。私が普段ま〜るく掃除していた教室を、きっちり四角くやってくれたのです。本当にありがとうございます!とても楽しそうにやってくれていましたね。みんなの教室への感謝の気持ち、とっても素敵だと思いました。

何から何まで、本当に微笑ましい光景でした。みんなありがとうね。合格をもらって、みんなで最高に楽しい卒塾パーティーをしましょうね!きっと今日から発表の日までみんな遊びの計画で忙しいと思います(笑)が、よく頑張った分たくさん遊んでゆっくり休んでくださいね。(当塾生に限って無いとは思いますが、馬鹿な遊び=迷惑行為だけはしないように!)

それでは、19日に報告に来てくれるのを待っています!!
2019.03.12
昨日B入試が終わって、みんな続々と報告してくれました。今回もA入試の時と同様に、駅からそのまま制服姿で塾に来て自己採点していった子や、電話で報告してくれた子など様々でしたが、みんな本当によく頑張ったなというのが私の心からの感想です。

B入試が第2志望だったメンバーはほとんどプレッシャーのない状態だったせいか、とても点数がとれていました。一方、今回のB入試が第1志望だったメンバーの結果は様々で、不安を抱えながら塾で自己採点をしており、思ったより出来ていてホッとした子、思うように点がとれていなくて涙した子など悲喜交々でした。

ただ、悔し涙を流した子が清々しい顔で言った、こんな一言がとても印象的でした。

「ミスというより、これが実力だったと思います。全力は尽くせました。」

何とも潔い言葉ですね。まっすぐな目をして言ったこの一言がとても印象的で、私は心打たれました。結果はもちろんまだ分かりません。しかしとんでもないプレッシャーの中、私もみんなが全力を尽くせたと思っています。本当によく頑張りましたね。みんなとっても美しいですよ。

さぁ、今日の面接もきちっと決めて、一週間後の結果発表を一緒に祈って待ちましょう!みんな、本当に、本当にお疲れ様でした!!!
 
2019.03.11
今日はいよいよ公立高校最後の受験、B入試です!当塾は一昨日の土曜日も、昨日の日曜日も、どちらも朝9:00からしっかり対策を行いました。その際、今日のB入試に第一志望校がある子が、「花粉症がひどくて頭がボーッとする…」と辛さを訴えていました。こればかりは私でもどうしようもありません…。今日はなんとかマスクなどを用いて対策してください。(飲み慣れない薬なんかはやめましょうね。副作用で眠気の増すものなんてもってのほかですよ。)

ただ、そんな花粉症持ちの子が天を味方につけたのか、幸いにも昨日から天気は雨です。雨だと花粉はとびません。よって花粉症の子はばっちりの体調で挑めますね。低気圧頭痛持ちの子は…なんとか気合いで頑張って乗り切ってください!!低気圧頭痛持ちではない子も、道中は縁起の悪いことにならないように、足元に十分気をつけて行動しましょう。

昨日で、私は自分のやってあげられることは全てやりあげました。ですから、あとはA入試の時と同様に教室から全力で祈っております!どうかみんなが力を出し切れますように!!自分のこれまでの努力を信じて頑張れー!!!

今日も自己採点の結果を待っていますね!よろしくお願いいたします。
 
2019.03.08
昨日は公立高校A入試が行われました。受験生のみんな、本当にお疲れ様でした!!学校の帰りに制服そのままで塾に来て自己採点していった子や、一度家に帰ってジャージになって来てくれた子もいましたね。みんなの顔が見られて私も安心できました。それから、電話で自己採点の報告をしてくれた子もありがとうね。

何年、何度経験しても、この日は私も一切慣れることなくドキドキです…。昨日が第一志望だった子にとっては、ちょっと気持ちが落ち着いているところでしょうが、まだB入試もあるので、きちんと緊張感をなくさないように勉強を続けましょう。

ちなみに…受験生のみんなから出た言葉は、「理科が難しかったです!!」でした。そう、問題形式が変わって、より思考力を必要とする問題になっていたのです。ですから、当塾の受験生の平均点も、数学より4点近く低くなっていました。(自己採点結果) しかし、そこでくずれてしまわずきちんと切り替えられ、本当によく頑張ってきていました。みんなベストを尽くせたようで良かったです!

今日は面接なので対策はありませんが、明日9日(土)と明後日10日(日)は最後の対策を行います。B入試に向けて、最後まで一緒に頑張りましょうね!!
 
2019.03.07
とうとう、今日がやってきました!公立高校A入試です!今日が第一志望の塾生は約半分います。この子たちにとっては、泣いても笑っても今日が一発勝負の本番です。朝9:10スタートの試験…今までやってきたことが出し切れるように、塾から全力で応援していますよ!!!

昨日の対策の時にも言いましたが、今日の19:30までに自己採点をして報告をお願いしますね。直接塾に来てくれてもいいですし、もちろん電話でも構いません。お待ちしておりますので、どうぞ忘れずにお願いいたします。

では、ここからパワーをとばしますよ!みんな、がんばれーーー!!!!!
 
2019.03.06
いよいよ公立高校のA入試が明日に迫りました。今日ももちろん朝9時から対策を一緒にやって、最後みんなの顔を見て送り出します。ただ…ここまできたら後は体調を整え、心を落ち着かせるのみです。

よくあることなのですが、親御さんにお願いがあります。「頭に良い」「縁起が良い」「パワーがつく」など、お子さんのことを考えてのことだとは思うのですが、いつもと違った夕食や朝食(当日)を出さないようにお願いいたします。いつもと違うものを体に入れたり、生活リズムを狂わしたりすることで、当日に腹痛や体調不良となってしまうことがございます。

とにかく「いつも通り」が一番なのです。皆様のお子さんは、いつも通りの実力を発揮すれば合格できるまで頑張りましたから、体調不良となるかもしれない要因は全て排除してあげてください。どうかよろしくお願いいたします!

卒塾生クラスの諸君、塾でも何度も何度も伝えてきましたが、最後はやはり気持ちです。今まで必死にやってきた自分の力を信じて、全力で最後までぶつかってきてください!今日の夜は心配なところがあれば最終チェックをして、あとは忘れ物がないように支度し、楽しいことでも考えながら布団に入ってくださいね。あ、それから例の「あの言葉」を言い忘れないように。(笑) それでもうばっちりですよ。明日の朝はいつも塾に対策に来るような気持ちで出かけましょう。いつも通りで大丈夫ですからね。

昨日「まだ実感がわきません。きっとテストをやっていても、いつもと変わらないような気がします」なんて言っていた子がいました。なかなかの大物ですね。(笑) しかし、それで良いんです。それはきっと努力して地道に積み上げてきた自信がそうさせてくれているのですから。さぁ、自分を信じて、大きく構えていきましょう!!
 
2019.03.04
新中2クラス生と新中3クラス生が2月に受けた学年末テストですが、少しずつ返ってきました。全員の分が出揃いましたらまたご報告させていただきますので、今しばらくお待ちください。

塾生からのバレンタインチョコさて、そんなテストが終わった後の、塾のない日にでも作ってくれたのでしょうか…1人の新中2クラス生の女の子が「先生、これ遅くなったんですがバレンタインに作ったのでどうぞ」と、こんなに可愛い手作りクッキーを持ってきてくれました。

ありがとうございます!おかげでまた今日からのお楽しみができました。というのも、2月のバレンタインにいただいたチョコやクッキー、ドーナツは、私の毎日のお楽しみとして、大好きなコーヒーと一緒にいただいているのです。どれもこれも可愛いだけでなく本当に美味しくて、とても驚かされています。

塾生からのお土産バレンタインに持ってきてくれたみんな、幸せなひとときをありがとうございました!それからご紹介が遅れましたが、実はもう1つ…新中3クラス生の子が先月ご家族で東京方面に行かれた際に、「クラスのみんなに」とお土産を買ってきてくれていました。

これは横浜ですね。遊び目的ではなく、お兄ちゃんの住むところを探しに行かれたと聞いています。そんなにお忙しい中、塾にまでお気遣いいただき誠にありがとうございます。みんなで有り難くいただきました。

春はみなさん新スタートの時期ですね。当塾生も先週から新年度のスタートを切っています。新中3クラスは席替えもして、なかなか新鮮な感じですね。ばっちり良いスタートダッシュを切れるよう、今週も張り切っていきましょう!!
 
2019.03.01
いよいよ今日から3月ですね。当塾も新年度に入ります。1月、2月のなんと早く過ぎたこと!年が明けてからここまで、本当にあっという間でした。本番の入試を6日後にひかえた昨日までの中3クラス生は、これから「18年度卒塾生」と呼ばせていただきます。呼び名は変わりますが、実際卒塾したわけではありません。直前対策として、まだ以下の日は来ていただきます。

2日(土)
3日(日)
5日(火) ※卒業式
6日(水) ※A入試前日
9日(土) ※B入試前々日
10日(日) ※B入試前日

すでに2月中にも2日来ていただきましたが、あとは以上の6日間来てもらって、一緒に入試の最終練習を行います。この最後の最後の練習が実はとても大切なのです。そして何よりも力になります。ですから最後まで気を抜かず、全力で一緒に頑張りましょうね!

後輩塾生に参考までにお伝えしておきます。具体的に何をやるのかと言いますと、自分の目標点を目指しつつ、時間内にしっかり答案を作成する練習を何度も何度もみんなでやります。ここまできたら、当日力を出し切れるかどうかに合否はかかっているのです。

18年度卒塾生のみんな!いろいろと不安は尽きないかもしれませんが、大丈夫ですからね。今までやってきた自分の力を信じ、これまでの努力を信じ、自信を持っていきなさい。こうした状況で心を支えるのは、これまでの努力で培った自信です。きちんと支えられるだけ鍛えたはずですから、あとは当日を元気に迎えるだけです。

むしろ、一番大事な体調管理をばっちり行いましょう。これからの毎日、入試当日に起きる時刻に合わせて起き、体を慣らしておくことも大切ですよ。…ということで、18年度卒塾生のみんな!明日からも変わりなく待っていますからね。最後まで一緒に頑張っていきましょう!

さて、今日から新中1クラス生となるみんなへ…さっそくアルファベットの書きテストがありますが、きちんと練習できていますよね?初めてのテストですから、みんな練習の時と同様にバシッと気持ちよく全員一発合格しちゃいましょう!

ちなみに、これから毎回何らかのテストが行われます。覚悟しておいてくださいね。この1ヶ月、根性の見せ時ですよ!すでに気合は入っていると思いますが、さらにギアをもう一段階上にチェンジしておきましょう。そして数学で使用するノートと、教材を入れる大きめの袋を、今日は忘れずに持ってきてください。よろしくお願いします。

新中2クラスのみんなも、教材を入れる大きめの袋は持ってくるようにお願いいたします。明日の新中3クラスの子たちも当然一緒です。忘れないように気をつけてくださいね。それではみなさん、新年度も張り切っていきましょう!!
 
2019.02.28
中2クラス生との契約更新面談も、昨日無事に全員終わりました。一人一人今回のテスト結果を見せて、自分の頑張ったところを自分の言葉で一生懸命伝えてくれました。中には「今までよりも頑張ったのに点数が上がらなくて悔しいです…」と、悔しさを全面に出して訴えてきた子もいました。

実は…その気持ちが大切なのです。前の日記でも書きましたが、結果はすぐにはついてきません。辛抱強くこつこつ努力してこそ、だんだん結果にも出てくるのです。今のその気持ちと今回の頑張りを忘れずに、目標に向かってひたむきに頑張りましょうね!

さて、この2月末をもって自分の意志で塾を離れるという決断をした子もいました。その子なりの理由があり、本人がよく考えた上での決断ですのでもちろん私は承諾し、今までよく頑張ったことを褒めて送り出しました。「自分の意志で」ですので、パートテストを連続で落として退塾となったわけではありません。宿題をやらずにいて退塾になったわけでもありません。この子はしっかりやりきりました。

この年度末に辞めるのですから、一年前の「来年もやります!頑張ります!」という約束をきちんと守れたことになります。ですからなんの問題もありませんし、私はこれからもこの子を陰ながら応援させていただきます!

さぁ、「来年もここで頑張ります!」と言い切った中2クラス生諸君!面談でも改めて言いましたが、本当に中3クラスはとんでもなく大変になります。しかし、今の決意を忘れずにいけば、一緒に乗り越えていけると私は信じています。自分のために全力で頑張りましょう!!

現中2クラス生は次の授業から中3クラス生として来ていただくので、次の授業は金曜日ではありません。新中3クラスの次の授業は土曜日の19:30からです。(今日はお休みです。) お間違えのないようにご注意くださいね。よろしくお願いいたします。
 
2019.02.27
先日の日記で、今日が中2クラス生の契約更新面談だと書かせていただきましたが、昨夜は中1クラス生との面談となりました。英語の月例テストと少しの数学の授業の後、そのようにさせていただきました。そんな昨日の中1クラス生との面談は、一人にとれる時間はほんのわずかでしたが、それぞれの気持ちはきちんと確認することができました。

結果は…全員進級です!みんな「来年もここで頑張りたいです!」と、力強く自分の意思で言ってくれました。私からは本人が頑張っている点を認めた言葉掛けや、今後の課題に向けてのアドバイス、励ましなどで、特に厳しい面談とはなりませんでした。本人たちが日々前向きに取り組んでいるおかげですね。

中1クラスはこれで授業終了です。木曜日は授業時間数の関係でお休みとなり、次回来るのは金曜日です。そしてこの金曜日からいよいよ中2クラス生ということになります!ちなみに中2クラスの1年間は月・水・金の20:10〜21:30ですので、もうこの金曜日から20:10開始となります。お間違えのないようにお気をつけください。

今までよりうんと遅くなりますので、生活リズムもおかしくならないように調節していきましょう。塾に来るまでに学校の宿題など、やるべきことを終わらせてくるといいですよ。自分の気持ちを、意思を貫いて、またここから1年一緒に頑張っていきましょう!帰りがけに、改めて「先生、来年もよろしくお願いします!」と一礼していった子もいて、本当に気持ちよく終わることができました。

それから小6クラスも昨日がラストの授業でした。大文字アルファベットの10セット書きが小文字に続いて宿題に出ていたのですが、今回も見事全員OKでしたね。本当に素晴らしいです!出だしだけで終わらず、この調子できちっと気合を入れて頑張っていきましょう!中2クラスの先輩から、先週「先生!ホームページ見たんですけど、中1、アルファベット全員合格ってすごいですね!!」と褒めてもらっていましたよ。(中2クラスの先輩もあたたかく後輩を見守ってくれてありがとう!)

さぁ、今日の中2クラスと中3クラスの授業で、2018年度の平常授業は全て終了となります。中2クラスのみんなとはやはりしっかり面談をして、中3クラスのみんなとは使ってきたワークをしっかり仕上げて、気持ちよく年度をしめくくりたいと思います!
2019.02.26
先日、中2クラス生のあるお母さんから、こんなお電話をいただきました。

先生、西村塾生ではない1年生のお子さんをお持ちのお母さんから、「西村塾の中2生は今度の学年末テストで成績が悪かったら辞めさせられるって聞いたのですが、そんなことあるんですか?」って尋ねられたので、私はそんなことはないと答えておきました。

成績だけで判断されて退塾になったということは今まで聞いたことがないと。もしそのようなことを先生がおっしゃったのなら、それは子どもたちのやる気を出させるためだろうと。そんな風にお答えしたのですが…。

このお言葉を聞いて、私は有り難くて有り難くて、御礼を言いながら心の中で手を合わせていました。何年もお子さんを通わせてくださっているお母さんです。私の考え方ややり方を本当によくご理解いただき、信頼もしていただいていると思います。的確にお答えいただき、本当にありがとうございました!

どこからどうそのように塾生外に伝わったのか分かりませんが、こういうものはやはり表面の言葉、しかも悪いようにしか広まりませんね。私が中2クラスの子たちに言った言葉は、正しくはこうでした。

今度のテストで本気を見せなさい。全力で取り組んだ結果を示しなさい。今頑張れないなら、もっとキツくなる中3はとてもじゃないけど一緒に頑張れない。今回どれだけ頑張れたか、その結果をもって来年の契約更新の面談をします。

このように何度も何度も伝えてきました。現状、なかなか「熱」を感じることのできない子が多い今年の中2クラス生だからこそ、何度もこの言葉を投げかけてきました。それほど当塾の中3クラスはキツいのです。生半可な覚悟では絶対に途中でドロップアウトしてしまうでしょう。

ただし…ご覧いただいている通り、この言葉は「成績が悪ければ」ではなく「頑張る気がないのであれば」です。これまでの様子や結果と比較し、きちんと全力を出せたなと判断できれば「やる気有り」とみなし、私も全力で指導させていただきます。まさにお伝えいただいた「やる気を出させるための言葉」でした。しかし、広まった言葉が全く違うわけではありません。一点は合っています。それは「辞めさせられる」という点です。頑張る気のない子は辞めさせます。それがご家族のためであり、なにより本人のためだからです。

ですから、これだけの私の言葉にやる気を出せない子は、残念ですが当塾の指導法では伸ばせられませんので保護者様や本人がなんと言おうが辞めさせます。この気持ちに嘘はありません。実際中2クラス生の様子はどうだったかと言いますと、これまで以上に理科や社会の確認テストをよく受けて頑張っていたように思います。

さぁ、いよいよ明日が1対1の面談です。成績は頑張ったからといってすぐに上がるものではありません。しかし、今回どう頑張ったのか、どうこれから頑張りたいのか…それらは伝えられるはずですよね。今回の噂はきっと「今回成績がやばいと退塾になるかもしれない…」なんて当塾生がつぶやいた言葉が一人歩きして外に伝わったのでしょう。そんなつぶやきをもらしてしまうほど、今まで以上に真剣にその子が取り組んだのであれば、それは私の真剣な思いが届いたということなので嬉しく思います。

ちなみに…成績だけで判断しないと言っているということは、どんなに優秀な成績であっても、頑張る気がなければ当然辞めてもらいます。パートテストや宿題をきちんと丁寧に取り組み、頑張る気さえしめしていれば、成績はふるわなくたって問題ないのです。そういう子はなんとか頑張って乗り切りますし、結果も後から必ずついてきますからね。もちろんその子の能力に応じて…ではありますが。今の自分より上を目指す気持ちがあればいいのです。

ということで、明日の面談はみんなの本当の気持ちを伝えてほしいと思っています。もちろん「もうこれで退塾します」という気持ちも、私はしっかり受け入れますからね。どうぞよろしくお願いします。
 
2019.02.25
前回の日記で、理科の定期テスト前日に黄色ワークを頑張ってやっていた子が多かったというエピソードを書かせていただきましたが、実はもう少し続きがありましたので今日の日記ではそちらを書かせていただきます。

この黄色ワーク…本当に練習問題が豊富なのですが、具体的にどれほど多いのか具体例を紹介させていただきます。今回の高蔵寺中学校1年生の理科の範囲は「光」「音」「力」「火山」だったのですが、この黄色ワークには「光」に関する問題がなんと20ページもありました。そして「音」に関する問題が8ページ、「力」に関する問題が16ページ、そして「火山」に関する問題が4ページと、なんと合計48ページもついていたのです。内容も基本問題からほどよい応用問題まで網羅されており、これらを全てやりあげれば、それはそれは素晴らしい力がつくこと間違いなしというものでした。

ただしここまで読んで、改めて「あぁ、こりゃ無理だわ」と思われた方もいらっしゃることでしょう。とても冷静に判断されていると思います。そうです。多すぎるくらいなのです。これだけのものをテスト前日にやりきるなんて、当然できっこありません。現にある1人の子は「あぁ、ダメだ。ここまでにしておこう。他の教科の勉強もあるし」と、途中で切り上げて他教科の勉強に移ろうとしていました。さらに続けて「もっと早くから取り掛かっておけば良かった…」とももらしていました。

9教科の勉強ともなると、テスト範囲が発表になってから始めたのではとても間に合いません。特に今回のように広い範囲になると予測できていた場合は、出来る時にコツコツと練習して力をつけておくことが必要となってくるのです。ただ…人間、分かっていてもなかなかそうはできませんけどね。(苦笑)

ということで、今は大切な3年生になるまでの「定期テスト勉強の練習」と捉えましょう!「今回は間に合わなかったから、次回は早めに取り掛かろう!」と思った子は、次回は頑張ってそれを実行してみてください。とにかく今はやってみることが大切です。そして、それにはまず計画が必要となってきます。学校のワーク、塾の対策プリント、黄色ワークなど、テストまでにどれだけのものをやらなければならないのか、自身で確認してそれらを実行して参りましょう!

さぁ、今回のテストの答案は今日から返されますよね。良かった点や悪かった点を反省して、次回のテストに活かしていきましょう!また、現中2クラスの子たちはいよいよ次回が大切な定期テストとなります。頑張ってくださいね!
2019.02.22
石尾台中学校も高蔵寺中学校も、いよいよ今日が学年末テストの最終日です。一年間の最後のテストですね。疲れが出ているころかと思いますが、最後まで気を抜かずしっかり頑張ってきてくださいね!

さて、最近自習室に残って頑張っている中学生クラスの子たちですが、対策授業のあとにも関わらず昨日も教室や自習室で多くの子が勉強をしていました。そんな中で目に付いたことは、理科の黄色ワークをやっている子がとても多かったことでした。このワークは、春に自習用教材を斡旋した際に希望者のみが購入されたものです。ちなみに正式名称は当然「黄色ワーク」ではありません。(笑) しかし当塾では誰も正式名称で呼んでいないので、引き続き黄色ワークと書かせていただきます。

この黄色ワークですがとにかく私のオススメで、毎年子どもたちからも好評をいただいております。問題量がとても豊富なのです。何事も習得するには反復練習が欠かせませんので、その点このワークはとても便利です。さらに苦手な分野を練習したい時などもうってつけなのです。「みるみる理科」で原理を理解した後、この黄色ワークで練習するともう万全ですよ!

中1クラスの子たちは、昨日は「水圧・浮力」の問題を解きまくっていましたね。中2クラスのある子は購入していなかったので、塾に置いてあるものを見せてもらいながら、ワークには書き込まず別紙に書いて「磁界」や「熱量」を勉強していました。本当に感心です。だって塾では一切強制していないものですからね。

ただ…中にはこんな子もいました。中1クラスのある子が、「あ、それ家にあるけど全然やってない」と…。(苦笑) 買っていただいたものを無駄にしないように使うことはとても大切です。ただしこの場合、買うことが「本人の希望であったか」ということが大事です。やるのは本人なので、いくら親御さんが「やらせた方がこの子のためになるから」と思って与えても、当の本人にその気がなければやれるはずありませんからね。たとえ強制的にやらせたとしても、どれだけ身につくかは疑問です。

どんなに素晴らしい教材でも、取り組み方次第でその成果は左右されます。自分から「力を伸ばしたい!」と思って一生懸命考えながらやってこそ、成果は出てくるのです。ただ空欄を埋めて勉強した気になっていても、残念ながら力はつきませんよ。

来年、また自習用教材斡旋の時期には、その点もよく考えて購入をご検討ください。「自分が本当にやりたいもの」「自分がやれるもの」のみを購入するようにしましょう。ちなみに先の中2クラス生のように、書き込みさえしなければ塾においてあるワークを貸すこともできますからね。

さぁ、頑張った成果が発揮出来るよう、みんな集中して頑張ってきてください!塾から応援していますよー!
 
2019.02.21
公立高校入試(本番)まであと2週間と迫った中3クラスですが、入試が気になるのはもちろんのこと、中にはその後の予定が早くも気になる子が出てきたようで、先日「先生、3月の予定はどうなっていますか?」と尋ねられました。現中3クラスの3月の予定はホームページのスケジュールページに載せていませんからね。

ということで昨日、他クラスよりも早めになりますが、現中3クラスには3月のスケジュール表を配布いたしました。またそれと同時に、この週末から始まる「直前対策」のお知らせプリントも配布しましたので、もしまだ目にされていない保護者様がいらっしゃいましたら、どうかご本人にご確認ください。

さて、3月予定を気にしていた子の一番の関心事は何だったかと言いますと…「卒塾パーティー」の日程でした。「テストが終わったら毎日遊ぶ予定にしているので、卒塾パーティーの日が早く知りたかったんです」とのことでした。この日には何があろうと他の予定を入れるわけにはいきませんからね。なんならこの日のために3年間頑張ってきた子もきっといるでしょう。(笑) …ということで、卒塾パーティーの日程をお知らせいたします。

卒塾パーティー
3月21日(祝) 春分の日

時間や場所などの詳細は改めてご連絡させていただきますが、食事とゲーム大会を行いますので、まるっと一日空けておいてください。万障おくり合わせの上、よろしくお願いいたします!

ただ…1つお伝えしておかなければならないことがございます。例年、食事はフレンチのフルコース会食ということで、「よし川」さんの「レトワール・ドゥ・ジェアン」でお世話になっていたのですが、今年は店舗移転のためそれができないというご連絡をうけました。

これには「さて、どうしたものか」と頭を抱え、色々と探し様々な案を考えましたが、私ではどうすることもできなくなってしまいました。とは言え、これを中止するわけにはいきません。これは当塾最後の大切な授業ですから。社会人となってからも恥ずかしくないように、テーブルマナーを学んでいただくねらいで、毎年私からのお祝いとして行っております。

そこでにっちもさっちもいかなくなり、結局失礼を承知で「よし川」さんにご相談させていただきました。すると有難いことに、一軒の一流フレンチレストランをご紹介いただけたのです!さらに「レトワール」の佐伯シェフが直々にそのお店のシェフに交渉してくださり、こちらの毎年の様子も伝えてくださり、受け入れていただけることとなりました。本当に有難い限りです…。中学生の団体を受け入れていただける一流のフレンチレストランなんて、はっきり言ってほとんどないですからね。

ちなみにそのお店は「ル・プランタン」さんです。ル・プランタンの関係者様、レトワールの佐伯シェフ、本当にありがとうございました!おかげで今年も子どもたちに最高の最後の授業を行うことができます。どうぞよろしくお願いいたします!

卒塾パーティーはこうしてお店の御厚意に甘えさせていただき、ばっちり準備を整えております。さぁ現中3クラスのみんな!ご安心いただけましたか?みんなにあえて言うまでもないと思いますが、当日は礼儀正しく、美しく、そして心から味わって、素晴らしい心づくしのお料理をいただきましょうね。そしてそのために、今は第一志望合格に向けて全力を尽くすばかりです!一緒に頑張っていきましょう!!!
 
2019.02.20
新中1クラスへの毎年恒例課題、「アルファベット10セット書き」の提出が昨日でした。これは1文字でも間違えて書くと「さらに10セット書きが追加課題になる」という、なんとも恐ろしい課題です。(決して意地悪なんかじゃなく、この習い始めのこの時期に正しく完璧に覚えてもらうために行っております。絶対に譲れない超重要基礎練習です。)

初めに毎年恒例と書いた通り、今まで何年もこれを行って参りましたが、全員が最初の提出からノーミスだったことは一度もなく、ひどい時には100セット以上書くはめになる子がいたこともありました。一度間違えて覚えてしまったものを正しく覚え直すには、本当にそれだけ正しく書く必要があるのです。

そこで…そんな要らぬ苦労はさせたくありませんので、今年も子どもたちには「早めに取り掛かること」「お手本を見ながらきちんと書くこと」「何度も確認をしてから提出すること」の3点を、口がすっぱくなるくらい言って聞かせていました。(それでも毎年誰かはやってしまうのです…そんなものです。)

ということで、今年の新中1クラスの子たちはどうだったのかと言いますと…なんと、なんと、全員ノーミスで提出されていました!!!これは本当に素晴らしいです!!!私も中学生を教えるようになって長くなりますが、こんなことは初めてでした。みんなよく頑張りましたね!

もうすぐ2月も終わりますが、新中1クラスはこうしていい感じのスタートがきれています。とは言え、油断は禁物ですよ。3月からはいよいよ色々なテストも入ってきます。現時点でプリント類の直しがたまっている子は、ペースを改めないとここから手が回らなくなってくるのでご注意ください。一つ一つのやるべきことを毎回きっちりやりきっていきましょうね。そうすれば必ず素晴らしい力が身に付きますよ。
 
2019.02.19
昨日の日記で「塾は16時からしか開きません」とお知らせしましたが、きちんと守っていただき誠にありがとうございました!16時になった途端に中1クラスと中2クラスの子たちが次々とやってきて、社会の確認テストを受けたり、英語の対パートを受けたりして、とても有意義に自習室を使ってくれていました。「家で出来る勉強はしっかり家でやり、塾でしかできないことは塾でやる」…これをばっちり実行できていますね。理想的な塾の使い方だと思います。

さぁ、明日からいよいよ学年末テストが始まります!期間中も上手に塾を利用して、勉強の成果を上げていってくださいね。今日は14時から開けていますよ。私は明日からみんなが実力を発揮できるように願っています。体調の優れない子も数人いますが、どうか元気になって受けられますように。

それから、国語の練習プリントをやりたがっていた中3クラスの子…また「練習プリントページ」に追加されましたので、ぜひやってみてくださいね。残りの日々、やれることも限られてきます。悔いを残さないよう、頑張ってやりきりましょうね!
 
2019.02.18
先週の木曜日はバレンタインデーでしたね。本当に有難いことに、私も塾生さんからチョコをいただきました。もう可愛らしいものやらとんでもなく凝っているものやらで、本当にびっくりの連続でした。…ということで、心からの感謝を込めて、こちらでご紹介させていただきます。

塾生からのチョコ 塾生からのチョコ 塾生からのチョコ
塾生からのチョコ 塾生からのチョコ 塾生からのチョコ
塾生からのチョコ 塾生からのチョコ

どれも素敵すぎますよね!「こんなチョコもあるんだ!」と驚かされたり、「どうやったらこんな風に作れるのかしら」とうなったり、「なんてかわいく仕上げてあるのかしら」と感動したりと、全部素敵すぎてうっとりしてしまいました。

心のこもったメッセージがこめられていて、そんな「ありがとうございます」の気持ちをいただく度に、私も「こちらこそありがとうございます」と心の中で手を合わせていました。一生懸命選んでくれたり作ってくれたりしたんだろうなと思うと胸がいっぱいになって、私は幸せ者だなとつくづく思いましたよ。これからもこの想いに応えられるように頑張って参ります!本当にありがとうございました。

さて、明後日から中1クラスと中2クラスは学年末テストが行われます。そして中3クラスはいよいよ公立受験まで2週間ちょっととなりました。小6クラスはアルファベット小文字10回セットの提出が明日ですね。間違いをしていないか、しっかりチェックしておきましょう。どのクラスもやることいっぱいてんこ盛りの忙しさですが、一緒に頑張っていきましょうね!汗をかいた分、いい結果が返ってくるはずです。

それから1つお知らせがあります。今日塾は16:00まで空いておりませんのでお気をつけください。授業はいつもの時間割通りなのですが、テスト前ということで早く来る子がいるかもしれないと思い、ここに書かせていただきました。少々用事が入ってしまいましたのでご了承ください。…ということで、お間違えのないようよろしくお願いいたします。
 
2019.02.14
中3クラスは入試に向けて、中1クラスと中2クラスは学年末テストに向けて、そして小6クラスはスタートした英数の授業にと、それぞれみんな毎日頑張っています。教室内もとても良い雰囲気です。この調子で一緒に頑張っていきましょうね!

さて、先日ご父兄様方からこのようなご質問をいただきました。「新中1の勉強についての説明会があるそうなのですが、それはいつですか?」「新中3の入試についての説明会があるそうなのですが、それはいつですか?」…なんとも偶然に、どちらも説明会の日程についてのご質問でした。

例年これらの日程は3月スタート時にお知らせしているのですが、このように早くお知りになりたい方もいらっしゃいますよね。ということで少し早めではありますが、ここでお知らせしておきます。

新中1クラス対象の「中学勉強法説明会」
4月7日(日) 10:00〜12:00

新中3クラス対象の「高校入試説明会」
4月21日(日) 17:00〜19:00

どちらも親子でご参加いただきます。詳しい内容などはまた後日(中1は3月、中3は4月)にプリントをお配りしますので、その際にご確認ください。もちろん今いろいろご質問いただきましたら個別に答えさせていただきますので、御遠慮なくおっしゃってくださいね。

このような日程で予定していますが、やはりまだ少し先のことではありますので、諸々の事情から変更させていただく可能性もございます。どうぞご了承ください。ですから、あくまで「予定」として捉えていただけると有難いです。どうぞよろしくお願いいたします。
 
2019.02.13
昨日、授業の開始時間よりかなり早めにやってきて、自習室で中1クラスの数人の子たちが勉強をしていました。そして、その中の1人の子が「先生!理科の対策プリントほとんど終わりました!あと火山のところだけです」と嬉しそうに言ってきました。そこで私が「おっ、しっかりやれているようだね。今回のように答えをもらってやる方がためになる?」と尋ねると、その子は「はい、すごく良かったです。自分がやったものがすぐに答え合わせできるので」と答えました。

そうなんですよね。本来、勉強はこうあるべきなのです。「自分でやってみて、自分でそれをすぐに確認して、どこをどう間違えたのか、なぜ間違えたのか、どうすれば正しい答えになるのかを、納得するまでやり直す」…これが自立した勉強方法ですから。では、塾では何をするのかと言いますと…それでもどうしても分からないところや納得できないところを質問して理解する場として利用しましょう。みんながこれを出来たらもう言うことはありません。今回のこの中1クラスの子はしっかり出来ているようで素晴らしいですね。

ただ、「自立した勉強方法」ということで簡単に書かせていただきましたが、当然初めからなかなかこうはいきません。人間は弱いので、提出期限を決められないと、どうしても後回しになってしまいます。すると時間がなくなり、提出義務に急かされ、答えが付いているならばと、つい写してしまったなんてことになるのです。学校の提出物など、そうやってしまっていた子を私は今まで何人も見てきました。

強い意思で自分のために「このプリントをやって力をつけよう!」と思わない限り、なかなか本気で取り組めないものなのです。この中1クラスの子は1年間やって、このプリントをやるのがしんどいながらも、自分のためになったという自覚があったので、答えを渡してもらった今回もこうして強い意思で頑張れているのでしょう。

さて、今回は一体何人の子がきっちりやりきってくるのでしょうか…?中2クラスの子は今日が提出期限です。実は昨日「子どもがインフルエンザになったのですが、これはもうやりあげましたので」と、一人の中2クラスの子のお母さんが、わざわざ対策プリントを届けてくださいました。今日の期限に間に合うようにとお気遣いいただいたのですね。ありがとうございます!本人が早め早めに頑張れていたということもすばらしいです。しっかり身体を休めて、治ったらまた頑張りましょうね。

中1クラスの子の提出期限は明日ですね。みんな、良いやり方で頑張ってきてくれていることを期待していますよ。
 
2019.02.12
塾生の受験した私立高校の入試結果が、この3連休の間に全て出ました。チャレンジ受験でそこには届かなかった子もいましたが、今年も全員しっかり合格をいただくことができました。これで安心して公立の受験に向かうことができます。

名古屋市内の公立高校を受験する子には「特待生合格をいただいてくるように!」と毎年言っている中部大春日丘高校の特進・啓明コースの結果も、中3クラス生ほぼ全員が受けた結果、今年も半分弱の子が特待生合格をいただくことができて上々でした。実力がなければいただけないものだけに、とても自信に繋がったと思います。

特待生合格ではなかった子も、内申が低くて合格できるか心配していた子も、春日丘高校を受験したみんな合格をいただけて本当に良かったです。よく頑張りましたね。決して油断することなく、さらに力をつけるよう取り組んでいきましょう!

さぁ、残すところあと23日です。やるべきもの、やるべきことは指示してありますね。いつも中3クラスの前ではきついお説教しかしていませんが、これが私から中3クラスのみんなにできる最後の仕事だと思っています。みんなが「もっとやっておけばよかった…」と後悔しないように、今はおしりを叩きますよ。今の自分の現状をしっかりと見て、もっともっと頑張りましょう!まだまだ歯を食いしばって進みますからね。ここから伸ばしますよ!!
 
2019.02.08
中3クラスのみんな!ひとまずお疲れ様でした!私立高校の入試を全て終えましたね。よって、これから完全に公立高校への入試対策に入ります。改めて気合いを入れ直して、一緒に全力で頑張りましょう!!

さて、中1クラスと中2クラスのみんなは、ここから学年末テストに向かっていくこととなります。石尾台中学校も高蔵寺中学校も20日からですので、あと12日となりました。…はい、2週間をきったということです。毎年のことではありますが、この学年末テストは塾からほとんど対策をいたしません。自分で範囲に合わせて対策プリントを行い、自分で丸つけまでやって仕上げていただきます。

いつも塾で用意してやらせているテスト範囲に合わせたパートテストに関しても、こちらから声かけをして一斉に行うということはいたしません。希望者のみに用紙を渡してあげます。こうしているのはもちろん手抜きではなく、指導者としての考えあってのことです。

一年間やってみて、中1クラスのみんなも、定期テストというものがどんなものか分かったと思います。どんな勉強をどこまでやればいいのかも、大体分かってきたと思います。中2クラスのみんなは二年間もやってきたわけですから、当然嫌というほど分かっているはずです。そこで、いつも「塾の指示待ち」ではいつまで経っても自立できませんので、年に一度この学年末テストで「自分で勉強する力を鍛える」という試練を与えているのです。

ただ…それでは「それも大事かもしれないけど、成績が下がってしまうのでは…?」と心配される親御さんがいらっしゃるかもしれませんね。しかし、心配無用です。ご自身のお子さんを信じてあげてください。これまでこのやり方を続けてきましたが、実は成績が下がる子はほとんどいませんでした。むしろ上がった子が出てくるくらいでした。

「じゃあ塾の対策は意味ないじゃない」なんて思わないでくださいね。(笑) それはまた違いますから。一年間塾がリードして丁寧に指導してきたからこそ、対策プリントの仕上げ方や取り組み方が身についているのです。それを自分で頑張ってみる場がこの学年末テストということです。

年に1回だからこそ、緊張感もわいて良い結果に繋がっているのもあると私は思っています。この3連休、学校の提出物を出来るだけ仕上げ、理・社・国の勉強もして、テスト準備も怠ることなくやりましょうね!中2クラスのみんなには、今回の結果をもとに面談することもすでに伝えてあります。さぁ、みんなの全力を見せてください!!
 
2019.02.07
私立高校の入試も、残すところ今日1日となりました。昨日で終了した子が多いのですが、まだ今日の入試がある子もいます。集中力を持ち続けて最後まで頑張ってきてくださいね!

年度別過去問に対するボーダー点数さて、昨日の授業の際、中3クラスの一人一人に公立高校入試の年度別過去問に対するボーダー点数を書いた紙を渡しました。画像では全員分がくっついていますが、もちろんバラバラに切って本人分のみそれぞれに渡しましたよ。

こちらは毎年渡しているものですが、様々な資料やデータからその子の内申に合わせて、その子の各年のボーダーを私が計算で出したものです。

なぜそれぞれに計算が必要かと言いますと、同じ学校を受けるにしても、内申の高い子と低い子とでは、合格のために当日取るべき点数は違ってくるからです。年度ごとに計算しなければならないのも、その年によって総合計点のボーダーが高かったり低かったりがあるためです。

つまり、「〇〇高校なら〇〇点とっておけば大丈夫!」なんてものは一切ないのです。そこで、私立入試の終わった今日と明日から、公立入試に向けて全力投球になるので、過去問をやる上での目安としてもらうために算出して渡したというわけです。

「過去問をやってみてこの点数以上とれたなら、その年は合格していますよ」というものです。当然時間をはかって本番同様に行いましょうね。本番の方が緊張するでしょうから、この点数ギリギリではいけません。さらには合格してもギリギリでは入学後に辛い思いをしてしまいますので、それも考慮して何点か上の点数がとれるように頑張りましょう!やった結果は良くも悪くも全て正しく私に報告してもらいます。

さぁ、あと1ヶ月をきりました!昨日の授業でも言いましたが、やるべきことはまだまだ山ほどあります。必ず計画を立て、やりきりましょう。みんなの本気を見せてください!!
 
2019.02.06
2月になり数日が過ぎましたが、3月からの時間割をお知らせしておきますね。今日と明日で来年度の時間割の載った募集要項を子どもたちに配布する予定ですが、親御さんに「渡し忘れ」なんてこともよくあることですので、こちらの日記でもお伝えしておきます。

重要なのは現小6クラス、中1クラス、中2クラスです。現小6クラスは3月から新中1クラスとなるクラスです。…ということで各クラスの3月以降の曜日と時間帯は以下の通りです。

「新中1クラス(現小6クラス)」
月曜、水曜、金曜 18:40〜20:00

「新中2クラス(現中1クラス)」
月曜、水曜、金曜 20:10〜21:30

「新中3クラス(現中2クラス)」
火曜、木曜、土曜 19:30〜21:30

全クラス、曜日も時間帯も変わりますので、お間違えの無いようにお願いいたします。特に塾以外の習い事をされている方は、曜日や時間帯の調節をよろしくお願いいたします。

このホームページのスケジュールのページも、3月からは新学年のところをご覧くださいね。ただし新中1(現小6)クラスに限りましては、慣れずに間違って小6クラスの予定を見てしまう恐れがありますので、小6クラスと中1クラスの両方の欄に同じものを載せておきます。

また、現中3クラスについてはホームページには載せておりません。後日プリントにてスケジュール表をお配りしますので、そちらでご確認ください。早めに知りたい方はいつでもお問い合わせくださいね。それではどうぞよろしくお願いいたします!
 
2019.02.05
いよいよ今日から私立高校の入試が始まりました!当塾からは2日目の中部大春日丘や中京大附中京、名城大附、椙山女学園などを受ける子が多いので「明日から」という子がほとんどなのですが、中にはさっそく今日受けに行く子もいます。落ち着いて取り組むことができているでしょうか…教室からお祈りしていますね!

明日からの子もみんなそうですが、練習のつもりで受けに行ってくれたら大丈夫です。今まで勉強した成果が全て発揮されるように、平常心で解いてきてくださいね。

合格祈願 合格祈願さて、実は先週末の塾の始業時、私立の推薦で合格した一人の子が、もう塾に来なくなるからと、みんなにプレゼントを持ってきてくれていました。

みんなの合格を祈願しての可愛いお菓子です。反対側には今までの感謝の想いをのせた「Thank you」の文字入りのクッキーが入っており、こちらを一人一人に言葉掛けしながら渡してくれました。これは私からも本当にありがとうです!きっとこれからのみんなの励みになったことでしょう。

この推薦で合格した子は、どうしても自分のやりたいことがあってその高校を選び、一足早く合格をいただきました。どうかこれからも頑張ってくださいね!さぁ中3クラスのみんな!ぜひこの子に続きましょうね!まずは私立の合格をしっかりいただいてきましょう。受験票など忘れぬよう準備を万全にしてゆっくりと睡眠をとり、体調を整えて臨んでくださいね。
 
2019.02.04
先週の金曜日、新小6クラス(来年度新中1クラス)生の「中学準備講座」の初授業を無事に終えることができました。「みんな遅れずに来るかな?」とちょっと心配しておりましたが、時間までにみんなしっかり集合できて、とても良いスタートをきることができました。

「英語のアルファベットの読み」「小文字のa〜gまでの書き」「数学の正の数負の数の導入」と、英語も数学も基本中の基本から入りましたが、なんとか時間内に全員やるべきことを終えられたのでホッとしています。みんなとても真剣な目をして聞き、一生懸命言われた通りにアルファベットも書けていました。素晴らしいですね。

授業中にも言いましたが、一点だけアドバイスをしておきます。私の話を聞くときは、常に鉛筆を手に持っていつでもメモできる態勢でいましょう。私は授業中、たくさん大切なことを伝えています。しっかり聞いて「なるほど」と思ってくれたとしても、人間は忘れる生き物ですから全て覚えておくことなんてできないでしょう。残念ながら、翌日になったら8割〜9割を忘れてしまっていると思います。だからこそせっかく一生懸命聞いて受けた授業を無駄にしないように、メモにしっかり残すようにしましょう。

しかし、その「メモ」の取り方には注意点もあります。書くことに全神経を集中してしまうと、今度は聞く方がおろそかになってしまうという点です。これは絶対にダメです。私の話を理解しようと頭をフル回転させながら、そして聞く耳は残しながら、メモしたいことだけをサッとメモする…これが理想であり、当塾へ通うにあたって必須となる力です。一日も早くこんな授業の受け方をできるようになってほしいと願っています!(元小6クラスの子たち。このために一年間「お話の記憶」を練習していたのですよ。)

ちなみにそのメモは、夜寝る前でもいいので、その日勉強した内容に目を通しておくという復習に役立ててください。記憶の定着がそれだけでうんと良くなります。さて、次の授業は明日ですね。さっそく「メモしながら聞く」…これに挑戦してみましょう!
 
2019.02.01
今日から2月ですね。本当にはやく感じます。小6クラスの諸君、いよいよ今日から準備講座です。時間帯やクラス名としては小6ですが、面談でもお伝えしたように授業内容は中1の英語と数学です。「気持ちは中学生」で来るようにお願いしますね!

ちょうど1年前…入塾テストを同じよう受けて入塾した現中1クラスの塾生は、途中入れ替わりは多少ありましたが、みんなよく頑張っています。どのように頑張っているのか、一例をご紹介させていただきますね。

実はこの1月、塾生にとってはとてもハードな1ヶ月でした。なぜなら、1月半ば過ぎに学校の定期テストがあったため、塾のパートテスト(単語テスト)をその後にやらなければならなかったからです。後にしたのにはもちろん理由があります。パートテストの範囲が学校のテスト範囲と違っていたからです。子どもたちのテスト勉強に負担をかけないようにと、そのようにさせていただきました。

しかし、いつもの月よりも枚数が4枚と多かったため、20日以降「授業のたびにパートテスト」という恐ろしい状態が昨日まで続いていました。本来、1枚のテストに1週間の練習期間を与えているものですので、そのハードさたるや筆舌につくしがたいものがあります。(苦笑) 授業前の教室の中で飛び交っていた言葉も、「先生!きついです!!」「俺、今回あんまり時間なくて…」「そんなのみんな一緒!!」と、私が声をかけられないほど緊迫していました。

さて、そのパートテストの結果ですが…なんと!10人中8人の子が4枚とも全て100点でした!!さらにミスをてしまった2人の子もそれぞれ1枚ずつ98点をとってしまっただけで、残りの3枚はばっちり100点でした。そう、全員1枚も不合格にならず、とても素晴らしい結果だったのです。これは本当によく頑張りましたね。

普段、この現中1クラスの子たちからは「塾の先輩たちが素晴らしいので自分も続きたい」とか「〇〇、一緒に頑張ろうね〜」など、周りから刺激をもらったり励まし合ったりしている言葉をよく耳にします。いいことですね。この気持ちを持ち続けて努力を続ければ、ぐんぐん実力がついていくことでしょう。2年生になってもこの調子で頑張って欲しいものです。そして、今度はみんなが次の中1クラス生の良いお手本になってくださいね。

さて小6クラスの諸君、気合いを入れてスタートしましょうね!頑張れば頑張った分だけいい結果が自分に返ってくることを先輩たちは示してくれていますよ。
 
2019.01.31
昨日に引き続き、定期テスト結果のご報告です。今日は中3クラスの結果をご報告させていただきます。今日は高森台中学校と高蔵寺中学校の結果です。石尾台中学校の塾生の中にインフルエンザにかかってしまった子がいたため、まだ石尾台中学校は出揃っておりません。今しばらくお待ちください。

「高森台中学校 3年生 第6回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 83.7 90.3 83.0 79.7 87.3 424.0
学年平均 53.3 51.5 56.3 52.5 51.4 265.2
平均点差 30.4 38.8 26.7 27.2 35.9 158.8

「高蔵寺中学校 3年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 95.3 92.0 80.3 97.7 93.3 458.7
学年平均 60.6 55.3 53.5 63.7 54.0 287.7
平均点差 34.7 36.7 26.8 34.0 39.3 171.0

中3クラス生にとっては、中学校最後の定期テストでした。結果をご覧いただいてお分かりいただけますように、よく頑張ったと思います。特に高蔵寺中学校生は塾をこちらに移転してからの子ばかりですので、在塾期間は長い子でも2年で短い子だと半年ほどでしたが、こうしてきちんと結果を出すことができて素晴らしかったと思います。

入塾してすぐは結果が出ないものですので、この最後に入塾してきた子が入試に間に合うかどうかというところでしたが、有難いことにぐんぐん吸収して伸びていってくれました。わからないところは何度でも質問し、苦手分野を克服しようと積極的に塾のプリントをやりに来て、まさに「自分のために」一生懸命塾を使って勉強していましたからね。理想的な取り組み方ができたこの子だからこそ間に合いました。みんなでこのまま合格を目指してさらに頑張っていきましょう!

中3クラス生は、ここから学校との個人懇談が始まります。自分の志望校が学校でも認めてもらえるといいですね。また報告していただきますので、よろしくお願いいたします。
 
2019.01.30
3学期になって行われた学校の定期テスト結果が出てきましたので、そろった学年クラスからご報告させていただきます。

「高蔵寺中学校 1年生 実力テストII結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 83.7 91.7 74.3 94.0 94.7 438.3
学年平均 50.5 61.6 57.1 60.8 67.8 297.5
平均点差 33.2 30.1 17.2 33.2 26.9 140.8

「石尾台中学校 1年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 89.8 85.7 85.2 81.3 84.0 426.0
学年平均 61.1 65.5 66.0 59.3 57.7 310.4
平均点差 28.7 20.2 19.2 22.0 26.3 115.6

「石尾台中学校 2年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 70.6 84.1 64.8 64.8 64.9 349.1
学年平均 51.5 61.4 53.7 59.5 48.4 275.8
平均点差 19.1 22.7 11.1 5.3 16.5 73.3

高蔵寺中学校の1年生クラスは社会の塾生平均がいいですね。これは定期テストに対してまじめに努力できていることを示しています。きちんと歴史の流れも頭に入れて、語句も書けるように練習したその成果がばっちりと出ていますね。社会はやればやるだけ点数の取れる教科ですが、逆にやらなければそれだけはっきりと結果にあらわれる教科なのです。ですから、この結果はとても素晴らしいです。よく頑張りましたね。

社会の点数が伸びず、「覚えることは苦手だから…」と目をそらして努力を怠っていると、後々必ず痛い目をみるので頑張りましょう。最後の学年末テストに向けて、今から自分でコツコツ勉強していくことが大切ですよ。
 
2019.01.29
新中1クラスの個人面談が先週一週間かけて終わったところなのですが、実は年末に受けてもらった全県模試の結果が先週末に戻ってきましたので、中3クラスと中2クラスの一人一人に返却するとともに面談を行いました。

中2クラスの子たちに対しては、これからの中3生に向けての課題を伝えたり、本人の意気込みを聞くような内容となりました。一方中3クラスの子たちは、公立高校の志望校を最終的に決定する面談となりました。内申も考慮した上で書いた志望校の判定が年末の時点で戻ってきたため、いよいよ腹を決める時となったわけです。

以前から中3クラスのみんなには言っておいたのですが、この第5回の模試で合格可能性が70〜80%以上出たならば、その志望校を受験することを私から認められます。当塾では、塾の合格実績を欲しいがために実力より上の学校を無理にすすめることは絶対にいたしません。それはもちろん、当塾の合格率を下げたくないからではありません。その学校に入学した後のことを考えて、そのくらいの力を持って挑戦すべきだと考えているからです。

過去には「それでも…」と70%に満たない、さらには50%に満たなくても挑戦し、合格した塾生も多々いました。しかしその中でも、偏差値は十分で内申が足りていないだけならまだしも、偏差値が足りないために可能性が低く出ていた子たちはもれなく入学後に苦労しています。偏差値が十分足りていたとしても大きな環境の変化にとまどい、流されてしまいがちになるのが高校一年生です。周りの子よりも力の無い状態で入学してしまったらどうなってしまうか…。

大切なのは合格して高校に進んだその後です。本人が楽しい高校生活を送るためには、しっかり学校の授業についていかなければなりません。「ついていけなければ塾に入れば大丈夫」と考えているとしたら、それも大きな間違いです。当塾のような形態の塾はありません。

学校の授業で困らないように教科書先取りの一斉授業を少人数相手に行い、宿題で練習させてそれを全てチェックし、さらに細かく確認テストを実施し、合格するまでフォローする…こんなことは高校生相手の塾では不可能です。まず、高校によって使う教科書も違えば進度も違うからです。高校部の「西村セミナールーム」は存在しないと心得ましょう。高校生になったら「自分の力で頑張る」ことを前提にしておかなければなりません。

ということで、今年の中3クラスの子たちにも、少なくとも基準偏差値を超えた上で70&以上の合格可能性を出してくることを条件としていました。もちろん、それに満たなくても「受けてはいけない」とは言いません。「私は認めない」と言っているだけです。後々、苦労するのが目に見えているからです。責任をもってお預かりしている大切な子だからこそ、すすめるわけにはいかないのです。

ただ自分の人生ですから、最後に決めるのはやはり自分です。それでもどうしても挑戦したいのであれば、合格した先のことも覚悟を決めた上で進みなさい。「こんなことなら受けなきゃよかった…」とならないためにも、十分に考えて最終決断をしましょう!
 
2019.01.28
新中1入塾希望者全員との面談が終わりました。現中学生クラスの諸君、一週間自習室が使えなくてごめんなさいね。ご協力ありがとうございました!おかげで一人一人の気持ちをしっかり確かめる面談を行うことができました。

その結果は…やはり入塾テストの点数だけでははかれないものでした。入塾基準の一つとなる計算が全問正解していて、全体の順位も上位だった子でも、当塾の説明を私から聞いて気持ちを確認されると「ちょっと自信がない」ということで入塾に至らなかったり、逆に計算を一問落とし、順位も最下位に近かった子が、「中学では勉強頑張って成績を良くしたいから、ここでやりたい!」と一発ラストチャンスの計算追試に挑戦したりと、本当に様々でした。

面談の結果「やめておきます」となった子も、それでいいのです。むしろ、自分の気持ちを正直に伝えてくれてありがとう!入ってしまった後で「やっぱり嫌です…」ということにならなくて本当に良かったです。自分に合う場所で、やり方で、ぜひ頑張ってくださいね。

さて最後に、計算追試に挑戦したある子のお母さんから、追試当日にこんなお手紙をいただきましたのでご紹介させていただきます。

西村先生

先日の面談、ありがとうございました。また、本日こうしてわざわざお時間を頂き、再チャンスをくださったこと、本当に感謝致します。どんな結果になろうとも、この経験は今後の本人にとって、かけがえのないものになると思います。

親としては、あそこまで頑固に言い張ったので、子供が十分に力を発揮できるよう願って待っております。

みなさん、この子の結果が気になりますよね?この子は見事一発ラストチャンスの追試に合格し、一緒に新中1クラスで頑張れることになりました。よく頑張りましたね。一生懸命練習したとお聞きしています。お子さんの気持ちを尊重され、温かい目で見守られたお母さんもすばらしいです。

当塾は「無理やり通わされている子」は絶対に耐えられません。指導法や授業スピードなどが合わない子も苦痛でしかないでしょう。だからこそ、この入塾テストと面談は開塾以来ずっとこだわってまいりました。そんな当塾に今年も「それでもここでやりたい!」と熱い思いでたくさんお問い合わせいただき感謝の念でいっぱいです。

こうしてメンバーが決まった今、私のやることは一つです。頑張りたい子どもたちの力を伸ばしていってあげられるように、全力で一緒に頑張らせていただきます!よろしくお願いいたします!!
 
2019.01.25
昨日の日記でお知らせした通り、今日は卒塾生やその親御さんからいただいた年賀状を紹介させていただきます。今年もたくさんありがとうございました!卒塾した後も元気に過ごしている様子を知らせていただけると、本当に嬉しくなります。全員分はもちろん紹介できませんが、昨日と同様に一部を紹介させていただきますね。

まず読ませていただいて私が一番に思ったことは、本当にみんなしっかりと今の自分の様子を伝えようとしてくれているんだな…ということでした。言葉を選んで書いてくれていることがひしひしと伝わりました。

高1
受験が終わってからもたくさんお世話になりました!!またみんなで集まりたいです!お身体に気をつけてがんばってください!高校、今のところ皆勤です!(笑)

高2
自分に負けない1年にできるよう頑張ります。

高3
ついに大学受験です。第一志望とれるようにがんばります!

浪人生
今年決めます!!ご報告に伺います!

社会人 Aさん
西村先生お元気ですか?僕は4月から研修が始まり、日々勉強することばかりです。早く社会人として一人前になれるよう頑張りたいと思います。先生もお体に気をつけてお過ごしください。

社会人 Bさん
先生お元気ですか。私は教員生活三年目となりました。まだまだ学ぶことが多い日々です。今年度は一年生の担任になりました。可愛い子どもたちと今後もがんばります。

社会人 Cさん
西村先生ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか。私はジャカルタ生活5年目に入り、他業種へ転職しました。また、ご挨拶に伺えたらと思っております。今年もよろしくお願い申し上げます。

卒塾生親御さん Aさん
お元気にお忙しい日々のことでしょう。息子は外語大で「英語漬けの日々」(本人談)、ありがたいことです。一人暮らしで大人になりました。うれしいです。

卒塾生親御さん Bさん
兄はいよいよ就活です。弟はセンター試験…神だのみ中です!今年もよろしくお願いいたします。

卒塾生親御さん Cさん
先生お元気でしょうか?子供達は毎日忙しくしております。
長女 → 社会人4年目で1人暮らしです。
長男 → 東京で証券マンです。
次男 → 鹿児島で大学生です。
お体に気をつけて下さいませ。

うれしいうれしいお言葉ばかり!今高校生や大学生として頑張っている様子や、社会人としてまさに闘っている様子が目に浮かびます。

最後に…実は退塾となってしまった子からも、うれしい気持ちの詰まった年賀状をいただいたので紹介させていただきます。

「ありがとうございました!これからも、もっと、もっと、もっとがんばっていきます!!」

こちらこそです!当塾を退塾した子のほとんどが、当塾の指導法が本人と合っていなかったことが原因ですので、挫折感を抱いてしまっていないかとても心配しています。そんな中こうして元気に前向きに頑張ってくれている様子を伝えていただけると、私もとても安心して応援できます。頑張ってくださいね!

みなさん、本当にありがとうございます!うちの塾生は本当に素晴らしい子たちばかりだと誇りに思います。いつまでもここから応援しています!みんな頑張れー!!
2019.01.24
先日は年賀状のお年玉当選発表がありましたね。せいぜい切手シートが数枚当たれば上等の私ですが、ドキドキと毎年楽しみにしています。(笑) とは言いつつ、忙しくてなかなか自分では確認できないものですから、実はいつも母に確認してもらっています。

さらに当たっていれば切手まで交換してきてもらい、私は受け取るだけのいいとこどり…いい年して、いつまでも甘えさせてもらっています。(苦笑) 年齢を考えると、本当は私が逆にやってあげなければならないのですけどね。いつまでも元気でしっかり者の母に感謝です!

ということで…先日、今年も母に私がいただいた年賀状を預けたのですが、その際にもう一度それらに目を通させていただきました。塾生諸君、保護者の皆様、卒塾生のみんな、そしてお世話になっている関係者の皆様、お心のこもった年賀状を本当にありがとうございました。

改めて読ませていただいて、とてもとても心が熱くなりました。塾生さんの中には一生懸命手書きで絵を描いてくれた子もいました。忙しい中、心の内の想いをしっかりと書いてくれた子もたくさんいました。どれも胸を打たれたので紹介させてください。

まずは手描きの絵です。なんと3人もいました。

手書きの年賀状 手書きの年賀状 手書きの年賀状

素晴らしい線画に、可愛らしいイノシシたち。この1枚を描くのにどれだけ時間をかけてくれたのでしょう。本当にありがとう!ずっとずっと大切にさせていただきますね。

続いてはみんなの添えてくれた一言です。読ませていただきながら、「今年も頑張ります!」と書いてあれば「おー、頑張れ!」なんて独り言で返しながら楽しみました。こちらはたくさんありますので、今日のところは現塾生からいただいた言葉を学年ごとに一つずつ紹介させていただきます。

小6クラス
分からないところを分かるまで教えてくださったり、元気くれたり、いつも感謝しています。先生の言葉を信じて中学もがんばりたいです。年明けもよろしくお願いいたします。

中1クラス
ミスを減らすようにがんばります!!(塾生) 今年こそは!今年こそは!!ミスを少しでも減らすように意識を!!(お母さん)

中2クラス
3年になるのでしっかりやっていきます!!まずテスト頑張ります!

中3クラス
いつもどんな質問にもていねいに教えてくださり、ありがとうございます!ここまで頑張ってこれたのは西村先生のおかげです!!この年末年始で苦手分野をなくしていこうと思います!最後の最後まで気を抜かず、先生についていきます。西村先生の授業を受けれることが幸せです。

素晴らしい決意の言葉や、私へのもったいないような感謝の言葉です。思わずほほえんだり、嬉しくて涙を流したりしていました。ここに紹介しきれませんが、どれも本当に素晴らしかったです。みんなの気持ちをこうして受け取れて、私は本当に幸せ者です。全力でお返ししていくので、これからも一緒に頑張っていきましょうね!

次回の日記では、卒塾生さんからいただいた一部をご紹介させていただく予定です。お楽しみに!
 
2019.01.23
先日、こんなお電話がかかってきました。「土曜日に入塾テストを受けたものですけど、面談がいつなのか分からないのですが…」と。いやぁ、びっくりしました。土曜日に受けていただいた子たちには、帰り際に面談日程決定用紙をお渡ししたはずだったからです。その旨をお伝えし、念のためその時にその方の日程もお伝えし、無事に来ていただくことができて一件落着だったのですが、どうやらお子さんが親御さんにお渡しするのを忘れていたということでした。

「すぐにお家の方にお渡しするんだよ」とは言っていたものの、もっと強く伝えておくべきだったと反省しています。…ということで、もしまだお手元にその面談日程決定用紙が来ていないという方がいらっしゃいましたら、一度お子様にご確認ください。カバンの中に埋もれてしまっている可能性がございます。まだ用紙をご覧になっておらず、この日記をご覧いただいてすぐにカバンを確認できないという方がいらっしゃいましたら、早急に当塾へお電話ください。日程をお伝えいたします。よろしくお願いします。

現塾生の諸君。自習室を思うように使えないということでご迷惑をおかけしていますね。申し訳ありませんが、引き続き土曜日までご協力をよろしくお願いいたします。
 
2019.01.21
先週の土曜日、無事に新中1クラスの入塾テストを実施することができました。先に行った4名と同様、みんな本当に熱心に一生懸命受けてくれたように感じました。有難い限りです。

現塾生(小6クラス)の中には、前日の金曜日の授業のあと、残って勉強していった子たちもいました。これまでにも毎回やっていく子や夏休みにやりに来た子もいましたが、この日は特に遅くまで頑張っていましたね。指導コラムを打ち出して家で練習してきた子もいましたし、ご家族皆様で「お話の記憶」をやったなんてことも聞きました。それぞれ入塾テストのため…というわけではなかったかもしれませんが、こうして塾の施設や教材を利用して、小学生でも一生懸命自分の力を伸ばそうとしていて素晴らしいと思います。

もちろん、当塾は一切強制したりあおったりはしませんでした。(暗に…という意味ではそうだと捉えられるかもしれませんが、テスト結果だけで判断しないという考えを表明させていただいていた以上、そこはご理解いただければと思います。) 全ては本人の心の内から出てきたものでしょう。

「小学生が自分からやりたがるわけがない。親がやらせているに違いない」…そう思われる方も多くいらっしゃると思います。しかし、本当にそんなことはないのです。親御さんからお聞きしたお話や本人の言動、そしてその本人の眼差しから、私には伝わりました。こればかりは直に接した私が一番理解し、把握しているつもりです。

子どもたちの気持ちと力を考え、その子どもたちが一番伸びる道を一緒に考えられればと思っていますので、今日からの面談をどうぞよろしくお願いいたします。駐車場はアクセスページでもご説明しておりますが、30番をご利用ください。ご本人と一緒にお気をつけてお越しいただければと思います。

さて、塾生諸君!先日の日記でもお伝えしましたが、自習室は面談のため使用不可の時間帯があります。今日と明日の分をもう一度書かせていただきますが、以下の通りです。

21日(月) 16:00〜17:50
22日(火) 16:00〜16:50 と 20:00以降

今日と明日は以上の日時が自習室の使用不可時間となります。ご注意くださいね。 どうぞよろしくお願いいたします!
2019.01.18
明日の午前中は、いよいよ新中1クラスの入塾テストです。ご希望いただいた皆様、誠にありがとうございます。明日は都合が悪いということで受験日を早め、昨日受けられた方は4名でした。みんなとても一生懸命に最後まで熱心に取り組んでいたので、非常に好感がもてましたよ。明日受けられる方々もそうであって欲しいと願っています。

結局、今回の新中1クラスの希望者は定員の2倍の20名でした。しかもその新規の方は、全員が塾生さんか元塾生さんのお知り合いでした。「○○さんにすすめられました」という方も多く、本当に有難い限りです。今年はチラシを打たなかったということで、単に成績や合格実績だけで判断される方が来られなかったということも一因かもしれませんが、これはすごいことだと私は思っています。お友達の大切なお子様の預け先をすすめるということは、よほどそこが信頼できるところでなければできないはずだからです。

ですから、そんなお話を聞かせていただく度、ありがたくてありがたくて胸がいっぱいになります。本当にありがとうございます!このお気持ちをしっかりと受けとめ、それに応えられるようにこれからも精一杯精進したいと思います。

明日のテストとその後の面談によって、新中1クラスは決定させていただきます。何度も申しておりますが、本人の気持ちと適性が基準となります。つまり「西村セミナールームで伸ばすことができるか」…これがポイントとなります。そもそも頑張りたい気持ちがなければ、能力があっても伸びません。頑張りたい気持ちがあっても、集団授業では能力的についていけない場合もあります。

そのあたりを見極めるのは大変難しいのですが、そのための判断材料としてのテストと面談なのです。どうぞご理解いただければと思います。(決して「成績の悪かった子は見ない!」なんて単純で傲慢な理由で実施しているわけではないので、お間違えのないようにお願いいたします。)

さて現塾生の諸君、大変申し訳ないのですが、来週1週間(1月21日〜26日)は、ある時間帯自習室を開放いたしません。新中1クラスの面談のためですのでご了承ください。以下がその時間帯となりますので、どうぞご協力をよろしくお願いいたします。

21日(月) 16:00〜17:50
22日(火) 16:00〜16:50 と 20:00以降
23日(水) 16:00〜17:50
24日(木) 16:00〜18:00 と 20:00以降
25日(金) 16:00〜16:50
26日(土) 9:00〜18:00 と 20:00以降
 
2019.01.17
石尾台中学校と高森台中学校は、昨日から定期テストが始まりました。高蔵寺中学校も3年生は昨日から始まっていますが、1年生と2年生は今日からとなります。…ということで、昨日もみんな対策授業にやってきて、とても一生懸命頑張ってやっていました。

特に高蔵寺中学校は実力テストということで既習の単元全てが範囲となるため、中1クラスの子の中には以前にやらせた濃度プリントをもう一度持ってきて、「先生、これの式をまた教えてください」と教わりに来た子がいました。

また中2クラスの子の中にも、「関数で面積を等しくするような問題が苦手なので、その練習ができるようなプリントはありませんか?」と、これまた以前の単元を強化したいという気持ちから練習させてもらいに来た子がいました。「自分の弱点から逃げずに克服したいという気持ち」と、「それに伴った行動」が素晴らしいですね。

中3クラスの子たちはこれで完全に公立受験に持っていく内申が決定してしまうため、それはそれは真剣に取り組んでいますが、中1クラスも中2クラスもこうして頑張っている子が多くいて感心させられます。中1クラス生はもうすぐ中2となり、中2クラス生はもうすぐ中3となります。それぞれ自覚が芽生えてきたのかもしれませんね。本当にいいことです。

全力で取り組んでみて、その結果からまた次のテストで取り組み方を考え直してみていくことで、どんどん成績は上がっていきます。中2クラスの子の中には、すでに志望校がはっきりしている子もいます。そういう具体的な目標ができれば、なお一層頑張れるというものですよね。

中1クラスの子も中2クラスの子も、「○○高校に行くにはいくつくらいの内申(通知表評定)が必要ですか?」など知りたいことがあれば、遠慮なくいつでも質問に来てください。「受験に関して尋ねるのは中3クラスになってから…」なんてことは一切ありませんからね。いつでも私はお答えしますよ。

とりあえずはまず今日のテスト…みんな、実力をフルに発揮できるように頑張ってきてください!教室からばっちり応援しています!!
 
2019.01.16
新中1クラスの入塾テストですが、予定の土曜日ではご都合が悪くて受けられないという方が数名出て参りました。そこで、その方々には木曜に受けていただくことにいたしましたので、もし他にも「土曜日より木曜日の方がいいです。」という方がいらっしゃいましたら、どうぞ今からでもおっしゃってくださいね。ご用意させていただきます。

ちなみに、時間は1月17日(木)の16:30〜18:00です。場所は変わらず西村セミナールーム教室です。お間違えのないようによろしくお願いします。現時点で木曜日は土曜日よりも少人数のため、テンポよく進めていけそうです。土曜日が10:00〜11:50ですので、それに比べると20分ほど早く終えられると思いますが、もしかしたら10分〜20分ほど延びてしまう可能性もございます。ご了承ください。

また、面談の日時ですが、全員分の希望日が出揃ってから決定させていただきたいと思います。そこで木曜日に受けていただいた方には、土曜日の皆様が受け終わってからお電話でのお知らせとなります。どうぞよろしくお願いいたします。

今現在、受験者数はやはり大きく定員を越えてしまっています。以前は2クラス設定などさせていただいておりましたが、今はクオリティの維持と私の体力の関係上、1クラスだけとなっております。責任をもってお預かりさせていただくためですので、申し訳ありませんがどうぞご理解ください。

本当に当塾を希望していただいて、なおかつ当塾のスタイルに合っているお子様には全員きていただきたいと心から思うのですが、物理的に不可能なものはどうしようもありません。テストを受けていただき、面談をじっくりさせていただいてから決めさせていただきたいと思っております。

入塾テストのテスト勉強については「よくあるご質問」のコーナーにも書かせていただいておりますので、よかったらそちらもご参考になさってください。よろしくお願いいたします。
 
2019.01.11
実は先日の火曜日…小6クラスの授業のはじめに、今年の新中1の入塾テストのお話を子どもたちにさせてもらいました。今年の入塾テストは1月19日(土)で、このホームページにもそのお知らせのバナーをつけてもらっています。ですから、もうすでご覧いただいてご存知の方も多いかと思います。それに関しまして、例年のことではありますが子どもたちにはこのように伝えました。

「受けるつもりがあるなら、この封筒の中に入塾テスト案内が入っているので取りに来なさいね。今日じゃなくてもいいからテストの前日までにね。お父さんやお母さんが何とおっしゃろうと、自分の気持ちが大切だよ。うちの塾は他の塾より宿題もあって大変だから、自分が『嫌だな』『やりたくないな』と思って入ったら絶対にもたないから。ついていけなくなります。

そんなくらいだったら、初めから入らない方がいいです。不必要な挫折を経験することになってしまいますからね。うちだけが塾じゃないから、いくらでも塾はあるから、どうしても塾に通いたい場合は自分に合った塾に行けばいいんだよ。本当によく考えて、ここで頑張りたいと思う子だけ取りに来なさい。今日帰ってお父さんやお母さんと相談してもいいし、もう意志が固まっている子は今日でもいいよ。」…と。

さてそうしたところ、授業が終わって帰り際、数人の子どもたちが「先生、入塾テスト案内をください」と言いに来ました。それぞれ誰と相談するでもなく、一人ずつがまっすぐな目をして受け取りにきました。もう意志が固まっていたのですね。

今年は小6クラスが10人いて、実はその現塾生以外にもすでに数人からお申し込みをいただいています。本当に有難いことです。ただ…申し訳ありませんが、中1クラスの定員は10人です。現小6クラス生が何人受けるか分からないのですが、もしかしたら受験生が定員を越えてしまうかもしれません。

そこで今年はもう新中1生募集のチラシは打たないことに決めました。そもそも年に1回だけのチラシですが、このファーストビルに移転してまだ2年目ですので、高蔵寺地域の皆様に当塾を認知していただくためにも今回もチラシを打つ予定にはしていました。…が、やめました。「募集します」としていても「入塾していただけません」という状態になってしまったら話になりませんからね。このホームページを見つけていただいた、もしくはお知り合いの方からご紹介いただいたというご縁のあった方に来ていただければ私は十分です。

先ほども書きましたが、現小6クラス生は「絶対にみんな来なさい」なんて毛ほども思っていないのでご安心くださいね。自分に合った塾で、それぞれが頑張ってくれたらいいと思っています。西村セミナールームが自分には合うと思う子、西村セミナールームで頑張りたいと思う子は、どうぞ心して当塾の扉を叩いてください。その思いにこたえられるよう、責任をもってビシバシやらせていただきます!
 
2019.01.10
昨日の日記でお伝えしましたように、小6クラスから中2クラスの子どもたちが、同じクラスの仲間に(私にまで)旅行のおみやげを買ってきてくれました。いつもありがとうございます!そこで今日は、年末からこのお正月明けまでにいただいたおみやげを一気にご紹介させていただきます。

塾生からのお土産 ドーーーン!っと1枚の写真に撮らせていただきました!さすがに受験勉強を頑張っていた中3クラスの子からのものはありませんが、小6クラス、中1クラス、中2クラスと各学年みんな配られました。

小6クラスの子は、一人は東京へ行ったということで、「スカイツリー」のお菓子を選んできてくれました。わたしは東京タワーには登ったことがありますが、スカイツリーはまだ登ったことがありません。さぞかし素晴らしい景色なのでしょう。

そして、もう一人の小6クラスの子は大阪のおばあちゃんの家へ帰省したということで、たこ焼きの「じゃがりこ」を選んできてくれました。ばっちりご当地ものですね。

中1クラスからは三人もお土産を持ってきてくれました。一人は岡山へ帰省したということで「きびだんご」を選んできてくれました。みんなに可愛くくまもんの小袋に分け入れてきてくれていました。本人は「“きびだんご”なのになぜか“くまもん”」と笑っていましたが、とっても可愛かったですよ。それに、くまもんは実際どこの県のお土産屋さんにもだいたいいるので大丈夫です。(笑)

二人目は大阪へ帰省したということで、「通天閣のチョコレート」を選んできてくれました。大阪のシンボルですよね。ただ、わたしはまだ行ったことがありません。こうしてみると大阪は「大阪と言えば!」がはっきりしているのに、種類もたくさんあってお土産選びが楽しそうですね。

そして三人目は静岡に帰省したそうで、「静岡クッキー」を選んできてくれました。クッキーにウナギや楽器の絵が付いていて、まさに静岡ですよね。中3の子はわかるかな。(笑) そして、これまた可愛く一人一人ミッキーの袋に分け入れてきてくれていました。

中2クラスの子は、一人は年末にサーカス(?)を見に行ったということで、美味しそうな「バームクーヘン」を選んできてくれました。もしかしたらサーカスとは違うのかな?テレビで紹介されるようなすごいものみたいですが、私が名前を思い出せず詳しく書けませんでした…ごめんなさい。

もう一人の子は南紀のアドベンチャーワールドへ行ったそうで、「パンダクッキー」を選んできてくれました。今ちょうど赤ちゃんパンダがいるんですよね。私が「このくらいの大きさ?」と手でつくると、「はい、そのくらいです」と、その子はなんとも優しいとろけるような笑顔で答えてくれました。本物はきっとめちゃくちゃ可愛かったのでしょう。実はわたし…パンダも見たことありません。(苦笑)

日本各地の観光地、わたしが行ったことのないところのお話が聞けて、嬉しく楽しい気持ちにしていただいています。皆様、いつも誠にありがとうございます。ただし、毎度申しておりますが、お話だけで十分幸せですし、当教室にお越しいただいている方で「私は買ってきたのになにも買ってこなかったの?」なんてことを言う人も、そんな損得で買ってきてくださっている方もいらっしゃいません。

…いらっしゃらないはずです。いらっしゃいませんよね?(笑) いらっしゃれば直ちにおみやげを「禁止」しなければなりませんが、これは本当にお気持ちですので、そのように縛りたくないのが本音です。ですからどうか、皆様ご無理のないようにお願いいたしますね。

さぁ、今年度も残すところ3学期のみとなりました。お正月でパワーをためた分、またみんな張り切っていきましょう!!!
2019.01.09
お正月休みが明けて、中3クラス以外の学年のクラスも授業が始まり、みんな元気な顔で塾に来てくれるので嬉しい毎日です。塾の仲間にお土産を持ってきてくれて、楽しい話を聞かせてもらえたりして、自然とみんなにも笑顔がこぼれています。(お土産いつもありがとうございます!後日またご紹介させていただきますね。)

さてそんな中、塾から来た年賀状を持ってきてくれた子が数人いました。と言いますのも、今年も小6クラスから中2クラスの塾生さんたちには「ナンバープレイス付き年賀状」を出させていただき、「できたら塾に持ってきてね」と書かせてもらっていたからです。当塾から年賀状をもらったことのある子なら、こういった遊び要素のある年賀状はもうお馴染みですよね。

ただ、今年は例年と少し違っていたところがあります。それは難易度です。今年はちょっと厳しく設定させていただきました。ナンバープレイスの難易度を上げたわけではなく、ある「条件」を加えて厳しくしたのです。それは「消しゴムで消したりせず、いきなりボールペンで書き込んでいきましょう。筋道立ててよく考えながらやり、決定したところだけ書き込んでいくとできますよ」というものでした。この条件を年賀状に添え書きさせてもらったのです。

なんでわざわざそんな条件を加えたのかと言いますと、もちろんとっても大切な意味があります。「ここの空欄は1か2だな。とりあえず1でやってみて、ダメだったら2にしよう」…こんなやり方では何にもならないからです。

このナンバープレイスは、どんなに難しいものもしっかり考えれば最後まで「確定したもの」で埋めていくことができるようになっています。そう、消しゴムなんて必要ないのです。上下左右をよく見て、論理的に筋道を立てて考えさえすれば解けるようになっているのです。では、そのやり方をすればなにが育まれるか…もうお分かりいただいていますよね?そうです。「思考力」が鍛えられ、育まれるのです。

「お正月、みんな挑戦してくれているかなぁ」なんて楽しみに思い過ごしていたところ、「先生!できました!!」と、元気にその数人が持ってきてくれたというわけです。しっかりとボールペンで書かれていて、ルールも守られていました。よく頑張りましたね。

「それ全然わからなかった…」という子もいた中、持ってきた子は「すごく難しかったです。別の紙を用意して、枠に入る可能性のある数字を書いておりたりして、すごく考えて1時間くらいかかりました!」と、自分の奮闘ぶりを語ってくれました。

ナンバープレイス ナンバープレイスそのように取り組んでくれたら私も出した甲斐があります。…ということで、この数人には賞品として「おもしろ消しゴム」を進呈させてもらいました。ちなみに答えは調べられるようにしてありましたが、こちらにも載せておきますね。

こういうのを面白いと思いながら挑戦できるようになると素晴らしいですね。ご家族でタイムを競うのも楽しいですよ。また来年も出す予定ですので、楽しみにしていてくださいね。
 
2019.01.08
お正月休みを経て、塾は1月4日からすでに授業を行っておりますが、日記はまた今日から再開させていただきますね。

皆様、いいお正月を過ごされましたか?私はまた例年通り息子たち一家が集まってくれて、とても賑やかで楽しいお正月でした。今年は孫の数もなんと3人に増え、その孫たちもぐんぐん成長しており、昨年に比べて出来ることが増えたり、食べられるものが増えたりと、一層の楽しさを味わわせてもらいました。忙しい中、集まってくれる子どもたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

元旦にはお神酒をみんなでいただいて回して飲み、全員の健康と幸せを祈りました。もちろん、家でついたお餅でお雑煮を炊き、美味しいおせちも囲みましたよ。こういう日本の伝統行事は本当にいいですね。背筋がピンと伸びる気がします。

さて、たくさんの年賀状をどうもありがとうございました。現塾生からは「今年もよろしくお願いします。もっともっと頑張ります!」など、頼もしい言葉の入ったものを多くいただきました。嬉しい限りです!

そして有難いことに私は毎年卒塾生からもいただくのですが、今年も高校生活や大学生活の様子、就職の報告などが添えられたものをたくさんいただきました。懐かしい名前から思い出す、授業を一生懸命受けていた様子と、面影こそ残っていながらもすっかり大きくなった今のその顔つきの違いに、ほっこりしたりクスッとさせてもらったりしました。

どれも本当に嬉しかったのですが、その中の一つをちょっと紹介させてください。その年賀状にはこう書かれていました。

西村先生お元気ですか?わたしは今年から社会人として六本木の病院を運営する会社で働き始めます。会社に入ることがゴールではないと自分に言いきかせ、これから気をひきしめて頑張っていきます。またご挨拶に伺わせていただきます。お身体にお気をつけください。

この子だけでなく、社会にすでに出ている、または今春から出ようとしている塾生からの年賀状には、この子の文のように、責任感とほど良い緊張感があふれていました。こんな言葉を聞かせてもらえた時、私は本当に幸せな気持ちになります。まっすぐに育ち、世の中に貢献できる人間になろうと、自分の仕事に誠実に向き合っているのだな…と。こうした言葉をいただいた時、私は「ありがとう」と言っています。

社会に出た、またはこれから出る卒塾生のみんな、どうぞ精一杯やってくださいね。しんどいこともたくさんあるでしょうが、楽しみややりがいを見つけて、笑顔で過ごしてください。いつまでも応援していますよ!!
 
2019.01.01
皆様、あけましておめでとうございます。今年も西村セミナールーム、そして西村恵子をどうぞよろしくお願いいたします。

今年は高蔵寺に移転して、早3年目に突入いたします。少しずつですが、高蔵寺地区の方々にも知っていただけるようになってまいりました。これからも信念を変えることなく、さらに精進してまいりたいと思います。今年も変わらず御指導、御鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

中3クラスは4日(金)、中2クラスは6日(日)、中1クラスは5日(土)、小6クラスは8日(火)がスタートです。元気なみんなに会えることを楽しみにしています!
 
 
リンク更新履歴サイトマップ
春日井市高蔵寺の学習塾 西村セミナールーム
教室 〒487-0016 春日井市高蔵寺町北4-1-15 高蔵寺ファーストビル405号室
事務所 〒487-0011 春日井市中央台8-2-2 リバピア5-104
  TEL/FAX:0568-91-3416 メール:info@nishimura-juku.com
学習塾(春日井)へのアクセスマップ