春日井市高蔵寺の学習塾 西村セミナールーム 高校受験も中学受験もお任せ下さい
  • トップ
  • サクラ咲くまで バックナンバー 2020
サクラ咲くまで バックナンバー
2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年
2020.02.27
世間では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、様々なイベントが自粛に追い込まれていますが、ここ春日井市も他聞にもれずそうした動きが出てきました。身近なところでは、高蔵寺中学校の子が、先日「先生、卒業生を送る会が中止になりました」と言ってきたのです。

実は今、この高蔵寺地区ではコロナではありませんが、インフルエンザがものすごい勢いで広がっています。小学校や中学校で学級閉鎖が毎日のように起きてしまっています。ですから、私はそれを聞いて「そうかぁ、仕方ないかな…」と思いました。しかし、それでは終わらず、その子はさらにこう続けました。「卒業式も参列するのは先生方と保護者だけで、在校生は自宅待機となりました」と。

…コロナのことと考えあわせてのことだと思います。仕方のないことですよね。ただ、今年の卒業生を思うと可哀そうに感じます…。どうやら、春日井市内の中学校全校が、そういうことに決まったそうです。祝福して送りたかった下級生にとっても、祝福されて送られたかった卒業生にとっても、残念なことになってしまいましたね…。

しかし、「万が一」があってはいけません。だからこそ仕方のないことなのです。まだこれから受験が残っている子たちもいますから、コロナはもちろんインフルだって命とりです。これまでの努力を欠片も発揮できずに挑戦終了となってしまいますので、どうか必要以上の体調管理を行うように努めてください!

当塾で公立入試に向けて日々頑張っている中3クラス生のみんな!元気にこれから過ごすことができて、当日万全の体調で受験に臨めるかどうかが、何よりも合否を左右する要因となります。インフルエンザにもコロナにも風邪にもかからず、受験の最終日までのあと13日間をとにかく無事に乗り切ってください!祈っています!!

ちなみに…当塾の教室内では、かなり強力な空気清浄機を稼働し続けております。さらに、置き型のウイルス除去剤も複数置いて、ドアノブや机などを塾生が帰ったあとにアルコールで拭くなど、できる限りの対策を行っております。それでも「これで絶対に大丈夫」とはとても言い切れません。だからこそ、一人一人が意識を高めて体調管理に努めてください。

手洗いとうがい、そしてマスクの着用を徹底しましょうね。また、十分な睡眠と栄養をとって、ウイルスに負けない免疫力をつけることも忘れないようにしましょうね。自分の身を自分で守って、最後まで闘い抜きましょう!!
 
2020.02.25
本当に早いもので、2月も残すところあと5日となりました。中1クラスと中2クラスは学年末テストを終え、私との契約更新面談も終え、今は粛々と1年間の総まとめをしているところです。直しきっていないワークやドリル、プリントやテスト類をきちんと仕上げて、気持ちよく3月から上の学年に上がりましょうね!

今、小6クラスはすでに中1の勉強に入っています。毎年恒例の「アルファベット10セット完璧書き」の課題なども、みんな頑張ってこなしています。最近ちょっとインフルエンザなどでお休みする子たちが出てきて、毎回の授業で全員揃うことが少なくなってしまっておりますが、お休みした子も含め子どもたちのやる気は満々です。お休みして授業が受けられなかったところも復帰後は意欲的にバリバリやってきますからね…素晴らしいですよね。3月になって全員そろって、元気に再スタートしましょう!今体調の悪い子は、決して無理をせず回復に努めてください。今は焦る必要は全くありませんから。元気に出てきてくれるのを待っていますね。

さて、中3クラスは本当にいよいよとなりました。先の土曜日も月曜日も、直前対策をみんなで頑張りました。私の算出した目標点に届くように、それはそれは真剣に取り組みました。これから大切なのは体調管理と精神力です。西村セミナールームの塾生は、この土壇場で自分に負けない強い気持ちが育っているからこそ、数えきれないほどの逆転合格もつかみ取ってきました。

これからの直前対策の時間に、模試をやらせるだけでなく、私は子どもたちに伝えたいことを真剣に伝えていきます。ここからが本当の私の最後の授業です。今でも私の中に生きている主人と、2人で信じてきた生き方100%で子どもたちにぶつかります。受験まであと9日です。一緒にこの山を越えていきましょう!!
 
2020.02.21
2月も下旬になり、中学生クラスのメンバーは来年度(3月から)の塾のことを考える時期になってきました。そう…毎年恒例の、私との1対1の契約更新面談です。当塾は自動的に進級しません。契約は1年ごとなのです。

昨日までで約4分の3の塾生との面談を終わらせました。一年前「中学生になったらここで頑張りたいです」と言って中学部に入塾してきた中1クラス生…言葉通り、みんな1年間頑張りました。能力にはそれぞれ個人差がありますが、塾の宿題をやり通してパートテストも練習し続けてきました。まだ全員とは面談していませんが、今のところみんな「2年生もここで頑張りたいです」と言っています。中には涙の出た子もいましたが、ちゃんと自分の意志でそう宣言しました。1人1人に1年通して見えてきたそれぞれの課題(弱点)を伝え、そこを乗り越えるよう努力する意志を確認して、「じゃあ来年も頑張りましょう」と契約を結びました。

まだ面談をしていない高蔵寺中学校の子たちは、来年も塾を続けるのかどうするのかよく考えてきてくださいね。入塾面談の時にも言ったように、「もう今年で辞めます」と言っても、もちろん私は無理に引きとめようとしたり、変に追求したり、ましてや罵倒したりなんてことは一切ありませんからね。気持ちよく「1年間よく頑張ったね!」と心から賛辞し、送り出してあげます。これは皮肉でもなく、私の本心です。学校の宿題以上のことを、部活等をやりながら1年間もやり通したのですから…。もしまた来年度も西村セミナールームで頑張ろうと思うのなら、面談できちんとその意志を伝えてくださいね。

未だにお問い合わせでは「よくできるお子さんばかり入られているんですか」と聞かれますが、「能力はそれぞれです。ただ…頑張る意志を持った子たちが、自分でやると決めて通ってくれています。その点において間違いはありません」とはっきりお答えしています。成績は関係なく、みんな自慢の塾生です。

一方、中2クラス生は「続けるのが当然」という気持ちがにじみ出ていて、そこの私の問いには答えるのも時間が惜しいという感じでした。(笑) それよりも、来年受験生になるプレッシャーから、色々なことを聞いておきたかったのでしょう。そんな質問が多くとび出しました。1対1でじっくり話す機会はあまりないですからね。みんなの前では聞きにくいこともあるかと思いますし、良い時間だったと思います。面談が残っているのはあと1人ですが、他の子たちと同様にしっかり時間はとらせてもらいますよ。安心して何でも聞いて、意志を私にぶつけてくださいね。

もちろん、すでに面談の終わった子たちも、授業外の時間のいつでも話しにきてくれてOKですよ。これから本当に大切で濃厚な1年間になりますからね。一緒に悩みつつ、ともに頑張っていきましょう!!
 
2020.02.19
現在、中1クラスと中2クラスのみんなは学年末テストの真最中です。今日で石尾台中学校と高森台中学校は終わりますが、高蔵寺中学校は今日から始まります。みんなよく頑張っていますよ。いつもよりも理科や数学の質問によく来ますからね。昨日も、小6クラスの授業が終わるのを待って質問をしに来た子たちが数人いました。難しい問題に対して諦めず、とにかく理解して帰りたいという気持ちがひしひしと伝わってきて、とても嬉しかったです。

この繰り返しが大切なんですよ。うんと頭を使って、考えて考えて理屈を理解していけば、絶対に思考力は伸びてきます。小6から中3までの大切な4年間…どういう頭の使い方をするかで、その後の能力には大きな差が出てくるのです。「分かること」を大事にしている当塾の授業を受け続けてくれていると、だんだんみんなそうする(解き方の暗記ではなく、よく考えて理解して解いていく)ことが、気持ちよくなってくるんだろうなと思います。

いつも言っていますが、質問は大歓迎です。「こんなこともわからないの?」なんて一度も言ったことはありませんし、これからも絶対に言いません。むしろ、そういうところが分かっていないんだということに気付かせてもらえて、私の目からうろこが落ちることもあります。だから、みんなどんどん聞きに来てくれて大丈夫ですよ。

分からないことは決して恥ずかしいことじゃありません。それをそのまま諦めて放っておいたり、分かったふりをして蓋をしてしまうことの方が、よほど残念で恥ずかしい思いをします。何のために塾に通わせてもらっているのか、それではわかりませんからね。そんな「諦め」や「分かったふり」を見つけた時には、逆に私のカミナリが落ちてきますよ。(笑)

とことん頑張って、よい1年の締めくくりをしましょう!あと2日、バンバン質問しに来てくださいね!!
 
2020.02.17
今日からいよいよ、中学生は学年末テストです。石尾台中学校と高森台中学校は今日から3日間、高蔵寺中学校は明後日から3日間ですね。

毎年のことですが、この学年末テストだけは塾生が自分たちで対策プリントもどこをやるべきか考え、自分の責任でやり上げ答えを見て確認します。4月からこれまでのテストの対策プリントは全て私がばっちり添削してきましたから、みんな丸付けにおいて気を付けるべきところはしっかりと分かっていました。丸付けをしたものをいったん私に見せてもらい確認しましたからね。全員ちゃんとやれていました。この1年の成長が感じられましたよ。…ということで、今日からのテストで実力を発揮できるように集中して頑張りましょう!!

さて、中学生はテスト勉強で忙しかったのですが、先週14日はバレンタインデーでしたね。小6クラスの女の子や中学生の保護者様、卒塾生の女の子から、有難いことに今年もチョコをいただいてしまいました。本当にありがとうございます!

塾生からのバレンタインチョコレート大きなシフォンケーキを頑張って1ホール焼いて、「隣の体操教室の弟さんにもどうぞ」と持ってきてくれたMちゃん。お気遣いありがとうね。ただ…弟ではなく息子でした!!(笑)

20代前半のころから30半ばに見られていた次男ですが、そうかぁ…小学生には私の弟に見えていたのですね。奥さんと2歳の子どものいる、31歳の息子です。(笑) どうぞよろしくね。本当にありがとう!

塾生からのバレンタインチョコレートそれから、可愛いホワイトチョコとクッキーを詰め合わせてくれたSちゃん。マシュマロとクッキーとカップケーキを詰め合わせてくれたTちゃん。高校からの帰りにわざわざ寄ってくれて、手作りのチョコケーキを渡してくれた卒塾生のRちゃん。これまた手作りで可愛いスプーンまでつけてくださった中学生のMちゃんのお母さん。みなさん本当にあったかい愛をありがとうございます!!

塾生からのバレンタインチョコレート 塾生からのバレンタインチョコレート 塾生からのバレンタインチョコレート

これから受験までラストスパートの時期に入りますが、おかげ様で今年も元気に頑張っていけそうです。チョコパワーで走りますよー!!
 
2020.02.13
先日、ある塾生のお母さんから、「西村塾のことを聞かれますよ」ということをお聞きしました。話題に上がっているようで嬉しい限りです。(笑) ただ、その内容が「ものすごく宿題が多いんですよね」といったものだったらしく、ちょっと私としては「ん?」という感じでした。そのお母さんは「そんなに多くはないですよ。むしろ少ないくらいです」と否定してくださったそうなのですが、イメージから広がる言葉は怖いですね。

今に始まったことではないのですが、当塾はなぜか昔から「宿題が多くて厳しいスパルタ塾」というイメージが広がってしまっています。断言しますが、決してそうではありません。宿題の量は「私が一人でしっかり隅々まで添削できる量」以上は出しません。塾生全員の分を毎日見ていますので、当然限度がありますよね。塾生の話題にたまに上がる「大手の塾の宿題」よりも、はるかに少ないと思います。

しかし、答えが合っていてもやり方が間違っていたりしたら徹底してやり直しをさせたり、自分の力で正解が出せるまで何度でも直させたりしているので、それが宿題を多く出していると思わせている原因かもしれません。また、設定した提出期限は絶対に守らせているので、するすると簡単には進んでいかないことからも宿題を多く出していると思わせているかもしれません。思い当たるのはこのくらいですね。きちんとやらせることへのこだわりが、周りの人々へも伝わるほどににじみ出ているのでしょう。(笑)

私は子どもたちの力を伸ばすために、「絶対に必要な宿題」のみを出します。そして、子どもたちが一生懸命やってきたものを、私も真剣に一生懸命隅々まで見ます。そんな日々の積み重ねですから、学年が上がるにつれ、子どもたちからは授業内容への信頼だけでなく、有難いことに私自身に対する信頼も深くなっていくように感じています。そして、頑張ってやり続けている彼らへの私からの信頼も生まれていますので、中3の受験のころには深い信頼関係が出来上がっています。こうなればもうガイドだけしてあげれば、いちいち私から細かい指示を出さなくても、自分からどんどん受験勉強ができる子になっているのです。

実は…私は管理がきらいです。意外に思われるかもしれませんが、当塾は管理教育はしておりません。小6から中2にかけては正しい勉強への取り組み方や、深く論理的に考えることを身につけさせるよう全力で鍛えますが、中3の受験の時にはかなり好きなように勉強させています。

決して安全圏ばかりではないチャレンジの受験を多数の子がしていても、当塾中3生の公立高校第一志望校の合格率が90%に届いていることが、自主的に勉強できる人間に育った証です。指示されたことだけやっていたのでは、ここまでの結果にはならないと私は思っています。「勉強とはどう頑張れば良いのか」「どこまでやっておけば良いのか」…そこは身体にしみつくほど1、2年生のうちに繰り返し丁寧に教えますが、中3になれば自分でどんどん考えさせて勉強を進ませているのです。

当塾がどのような噂になっているのかは分かりませんが、「どの子に対しても基礎力と思考力を徹底的に鍛える塾」、そして「自主的に学んでいくことのできる生きる力を育てる塾」と認識していただけると有難いです。ここであえてこのように書かなくても、自然とそのように思っていただける日が来るよう精進して参ります!
 
2020.02.10
中学3年生クラスは私立の入試も終わり、いよいよ後は公立入試に向けて一直線となりました。私立の結果は…惜しくも挑戦した高校に届かなかった子もいましたが、全員きちんと合格をいただきました。しかも!今年も複数人、特待生合格までいただいてきました。みんな、本当によく頑張りましたね!!

ここからはきっちり公立入試の過去問に挑戦してもらいます。中3クラス生には一人一人の志望校と内申に合わせた公立過去問(各年度のAB日程それぞれ)の目標点を渡してありますので、時間を計りながら真剣にやって、結果を報告してくださいね。あの点数がとれれば、その年は合格です。

ただ…分かっているとは思いますが、目標点がとれたとしてもやりっぱなしでは意味がありません。間違えたところをちゃんと直して理解していくことはもちろんのこと、その周辺の勉強も徹底させておきましょう。そこまでやって、初めて過去問をやった意味がありますよ。本番での得点に繋がります。

公立入試までいよいよ1ヶ月を切りましたが、これまで通り一つ一つの課題をクリアしていけば大丈夫です。私立入試でいただいた合格を自信にして、次に進みましょう!体調に気を付けて、みんな頑張りましょうね!
 
2020.02.05
この前新年を迎えたと思ったら、あっという間に2月ですね。1月半ばの定期テスト結果を報告し始めたところなのに、もう次の学年末テストの準備に入らなければならなくなりました。3学期は本当に早いです。…ということで、まだ報告しきっていない残りの学年のテスト結果を一気にご報告しますね。

「石尾台中学校 1年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 79.5 76.3 76.5 74.5 68.8 375.7
学年平均 60.6 52.4 66.5 62.9 60.0 302.3
平均点差 18.9 23.9 10.0 11.6 8.8 73.4

「高蔵寺中学校 1年生 第2回実力テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 97.6 92.4 87.2 91.0 93.8 462.0
学年平均 57.4 57.1 60.0 62.0 61.8 299.0
平均点差 40.2 35.3 27.2 29.0 32.0 163.0

  「石尾台中学校 2年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 93.4 78.0 69.2 75.2 79.4 395.2
学年平均 61.0 46.9 49.6 54.3 51.5 263.3
平均点差 32.4 31.1 19.6 20.9 27.9 131.9

「高蔵寺中学校 2年生 第2回実力テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 96.0 93.2 81.8 94.8 74.0 439.8
学年平均 66.0 59.8 65.9 63.2 47.7 303.2
平均点差 30.0 33.4 15.9 31.6 26.3 136.6

次の学年末テストは9教科のテストです。石尾台中学校と高森台中学校は17日からですので、もう2週間を切っています。高蔵寺中学校も19日からですので、ちょうど2週間後です。もう、きちんと計画を立ててテスト勉強を始めましょう。一年の締めくくりですよ!
 
2020.02.03
頑張ってきた中3クラス生ですが…第1号の高校合格者が出ました!!私立の推薦合格です。公立を受験するかうんと悩んだ末、自分のやりたいことが思い切りできる私立高校の推薦をいただきました。おめでとうございます!!

ということで、この子は一足先に卒塾となります。残ったみんなに合格のエールを送り、さわやかに卒塾していきました。Y君、今までよく頑張ったね!!3月の卒塾パーティーで、また一緒に楽しみましょう!

さて、残ったみんなはいよいよ日程が詰んできました。明日から私立の一般入試です。合格通知をもらって気持ちよく公立受験に向かうためにも、みんなしっかり実力発揮してきてくださいね。そんな中3クラス生の学年末テスト結果をお知らせしておきます。これが彼らにとっての最後の中学校定期テストでした。よく頑張ったと思います。

「石尾台中学校 3年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 79.0 69.5 83.3 83.5 74.0 389.3
学年平均 55.3 38.1 67.3 68.3 49.0 279.9
平均点差 23.7 31.4 16.0 15.2 25.0 109.4

「高蔵寺中学校 3年生 第5回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 89.0 98.5 95.5 89.0 96.0 468.0
学年平均 55.7 53.6 58.1 44.7 57.0 269.9
平均点差 33.3 44.9 37.4 44.3 39.0 198.1

さぁ、ここからは実力をつけていくのみです!思い切りいきましょう!まずは明日からの私立入試です!!
 
2020.01.31
先日、ホームページ管理会社のフォルクスワークスさんと打ち合わせをさせていただいた際、このようなことを言っていただけました。「(年末年始の期間も含まれるので普通は下がっている月なのに)直前1ヶ月の訪問者数がとても増えていましたので、一体どこを見ていただいているのかと詳しく調べてみましたところ、『指導コラム』でした。入塾テストの前に、うんと頑張って練習した子がいたのでしょうね。」と。

そうだったのですね!フォルクスワークス様、こちらからお願いしたわけでもないのにお時間とお手間をかけて調べていただいてありがとうございます!この結果には、「なるほど!やっぱりそうだったのね!!」と納得しました。と言うのも、小6(新中1)のみんなが本当によく頑張っていましたから。

すでに以前の日記でもお知らせしてありますが、現塾生の子は全員計算ノーミスでした。難しい問題ではないとは言え、これは本当に素晴らしいことです。ミスが許されないという極限の緊張の中、ミスをしないできちんと行うということは、実は結構難しいことです。普段からしっかりと意識して練習していないと、なかなか達成できません。とてもいっぱい練習したのでしょう。きっと計算だけでなく「割合」や「速さ」、「単位量」、「面積」など、大切な単元も指導コラムを開いて勉強してくれたのだと思います。嬉しい限りです!

このような「しっかり努力できる子たち」と、これから一緒にやっていくと思うと、本当に楽しみで仕方ありません。小6の子たちの小学生としての授業は今日(1月31日)で最後となります。前回受けてもらった月例テストを返却しますので、直しのある子は頑張って直しましょうね。

2月からは中学校内容の授業に入ります。「英語」と「数学」です。楽しみにしていてくださいね!!
 
2020.01.29
先日、一人の卒塾生の子が塾にやってきて、現塾生の一人の子に話をしてくれました。この卒塾生の子というのは、高校に入学後9月から翌年の6月までカナダ留学をしていたAちゃんでした。

Aちゃんは高1で留学して、戻ってからは高2に復帰しました。同じく高校生になったら留学したいと考えている現塾生のある子は、塾の先輩(Aちゃん)にそういう人(高1留学で高2復帰)がいるということで、学校の先生や周りの人たち…とりわけ留学経験のある人たちに「そういう留学の仕方があるのか」と尋ねたそうなのですが、誰一人として「そんな話は聞いたことがない」と答えたそうです。普通は高1で留学したら、戻ってからもう一度高1をやるはずですからね。そこで、実際にその先輩の話が聞きたいということで私に相談を持ちかけ、私がAちゃんにお願いをして来てもらったということでした。

さて…実際、Aちゃんのケースは特殊でした。「特例」と言えるものだったようです。通常、Aちゃんの通う高校でも復帰は高1になります。その証拠に、高1で留学した子はAちゃんの他にも5人ほどいたらしいのですが、その子たちは全員もう一度高1をやることになったそうです。…ではなぜAちゃんだけ高2に戻れたのでしょうか。

話を聞いてみると、これまたびっくりでした。Aちゃんは自分でそうなれる様に、自主的に動いていたのです。高2への復帰を特別に学校に認めてもらうため、学業面での信頼を得るために入学当初から留学直前まで良い成績を取り続けました。そして職員室にも何度も通い、先生にお願いをしました。そんなできる限りの努力を続けたというのです。「この子なら高2に戻しても大丈夫だろう!」と高校の先生方が判断して下さるように、自分から動いたのでした。自分で自分の未来をつかみ取ったのですね。本当に素晴らしいです。私は話を聞きながら、「さすがAちゃん!」と誇りに思いました。

現塾生の子の心にもずっしりと響いたようで、留学のノウハウを聞く以上に、その行動力や勉強方法(ちょっと披露してくれた)にいたく感動していました。「本当にいい話が聞けました!」と、キラキラした目で語るその子も、とても素敵でした。

当塾にはすばらしい先輩たちがたくさんいます。これからもどんどん現塾生の子に、彼らのやってきたことや今現在取り組んでいることなどを伝えていこうと思います。Aちゃん、忙しい中時間をとってくれて本当にありがとう!大学受験まであと1年ですね。頑張ってください!応援しています!!
 
2020.01.27
新中1生との面談は、全て終わりました!そして入塾していただくメンバーも決定いたしました!例年通り、テストの得点ではなく「本人のやる気」と「計算力」の2点を基準にさせていただいたのですが、今年は希望していただいた方、全員に来ていただけることとなりました。(若干名、ある事情により3月末までとなる可能性もあります。) 昨年はお申し込みが定員を大幅に超えて、私も胸を痛めながらお断りせざるをえなかったのですが、今年はそうせずに済みました。本当に良かったです。

計算問題を一発でクリアした現塾生の子たち(実は現塾生は全員できていました!)…よく頑張りましたね。夏休みから計算の弱さを克服しようと、ずっと練習問題を自主的に取り組んでいた子や、一緒に塾でやっていない5年生の単元の復讐をやりたいからと、冬休み自主勉強用ワークの注文の際に5年生のドリルも注文して冬の間にやりあげるなど、並々ならぬ努力をした子たちが何人もいました。

新しく受けに来られた子のお母さんが、今回のみんなの平均点の高さから「今いらっしゃるお子さんたちは、よくできる方ばかりなんですね」とおっしゃっていましたが、そうとばかりは言えないことは本人たちが一番よく分かっていると思います。「よく努力のできる素晴らしい子たち」が私の見方ですからね。このまましっかり努力を続けて力を伸ばしていきましょう。

一方、勇気を出して新しく受けに来てくれた子たちも、計算の再テストを頑張りました。はじめのテストの結果の悪さに、「伸びしろしかない!」と笑顔でおっしゃったあるお父さんのお言葉が印象的でした。その通りですね!お子さんの可能性をしっかり信じていらっしゃる、本当に素敵な親御さんだと思いました。どんな他人の言葉より、そのお言葉にお子さんも救われたことでしょう。

驚いたことは…再テストの面談の時には、みんな最初の面談の時とは別人のようにしっかりしていたことです。「ここでやりたいです」という言葉にも、そしてその目にも力がこもっていました。新中1クラスのみんな、ここから一緒に頑張っていきましょうね!「塾に入っただけ」で成績が良くなるなんてことは絶対にありません。ここからの努力が大切ですよ。今の気持ちを忘れずに、やるべきことを一つ一つ誠実にやっていってください。全力で導いていきますよ!

新中1クラスのスタートは2月4日(火)17:00〜です。お間違えのないように、お気をつけてお越しください。
 
2020.01.24
月曜日から毎日行わせていただいている「新中1生との入塾面談」ですが、とても順調に進んでおります。

ものすごく緊張してやってきて、計算ができていたかどうかをドキドキしながら見ている現塾生の子たち…「計算は大丈夫だったよ」とテストを見せながら伝えると、それはそれはホッとして「よかった〜…!」と満面の笑みになります。もちろん、やる気は十分にあるので問題はありません。

一方、新入塾生の子たちは現塾生の子たちほどの緊張はなく来ているのですが(当然ですね。通ったことがないのでそこまで思い入れもありませんし、想像するのも難しいのでしょう。)、計算を失敗してしまい「このままでは入塾は難しい」旨をお伝えしました。元々そのようにお伝えしていましたからね。しかし、面談を進めて、当塾のやり方や私の考え方を伝えていくうちに「ここで頑張りたい!」と思い始めてくれたようで、みんな再テストを希望していました。指導理念をご理解いただけたことだけでも、嬉しい限りです。

誤解がないようにお伝えしておきますが、決して私は「誘って」はいません。むしろ、「ここで頑張るということはとても大変なんだ」ということ、「当塾じゃなくても他に合った塾があるであろう」ということ、「無理せずやめておいた方がいいんじゃないか」ということを説々と伝えています。

その上で、みんな再テストを望みました。中には涙を流しながら「やりたいです」という子もいました。何が彼らの心を動かしているのか、私に確かなことは分かりません。それでも今はその言葉を信じ、再テストの準備を全力で行っております。

この再テストに合格すれば、改めて気持ちを尋ね、意志を確認したいと思います。面談が残っているのは今日と明日の現塾生の子2人のみです。待っていますよ。気を付けておいで下さいね!
 
2020.01.23
昨日の中3クラスの授業前、やってきた中3の子が「先生、ビルの前の道路にスマホが落ちていました!」と報告してくれました。塾生の誰かのものだったり、隣の「あそびの学舎らいふ」の関係の人のものだったりしてはいけないのでとりあえず回収しに行ったところ、ビルの前の歩道ではなくがっつり道路に落ちているではありませんか。車にひかれては壊れてしまうと思い、慌てて拾って教室に戻り、塾生とらいふの方々に確認してみました。しかし、誰も心当たりがないということだったので、塾が終わってから交番に届けに行くことにしました。

さて、その後…授業を行っていると、何度もそのスマホが鳴りだしました。「探しているんだろうなぁ。出てあげるほうがいいのかな…」と思ったのですが、いかんせん大事な授業中ですし、ガラケーしか使ったことのない私ですので実際どうやったら出ることが出来るのかも知りません。結局、鳴るたびに胸を痛めながら「もう少し待っててください…!」と心の中で謝っていました。

そして2時間後、今度は私の携帯に1本の電話がかかってきました。一段落したところだったので出てみると、「あの〜、そちらに落し物のスマホが届いていないでしょうか?」というお問い合わせでした。詳しく聞くと、どうやら当塾と同じ4階にあるダンス教室の生徒さんが落として探されていたらしく、もしかしたらと思い当塾にご連絡くださったとのことでした。

結局そのまますぐに引き取りに来られ、本人のものだと確認でき、お渡しすることができました。情報がパンパンにつまっていますから、きっとかなり不安だったでしょう。私の事情のせいで時間がかかってしまいましたが、無事お渡しできて本当によかったです。

ということで中3クラスの子たち、安心してくださいね。教えてくれて、そして一緒に心配してくれてありがとう!らいふの方々もお騒がせしてすみませんでした。私自身も落し物などしないように気をつけなきゃと、改めて意識することになった出来事でした。(私がスマホの使い方を知らない一方で、もしかしたらガラケーの使い方を知らない人が多いかもしれませんね。笑)
 
2020.01.22
先日、大学のセンター試験が終わりましたね。卒塾生(現在高校生)からの年賀状を紹介させていただいた際にも、数人の高3生たちが頑張る決意を書いてくれていました。私もいつも一人一人の顔を思い浮かべながら、陰ながら応援しています。今年のみんなはどうだったでしょうか?

毎年、見事に大学に合格してわざわざ報告に来てくれる卒塾生もたくさんいるのですが、中には残念ながら失敗してしまい浪人となってしまう子もいます。それでも「今年はダメだったんですが、来年こそは頑張ります!!」と私に言いに来てくれたりするのです。昨年も数人、そんな子たちがいました。そんな子たちからの年賀状は、「今年こそは良い報告をできるように頑張ります!」と気合い十分です。

そんな声を聞いたとき、本当にうちの卒塾生たちは強くたくましく生きていってくれているんだなぁと心から嬉しく思えます。高3の子も浪人の子も、ここから二次試験の勉強ですね!最後まで諦めず、気を抜くことなく、全力を尽くしてください。私もパワー全開で応援しています!!

さて、大学生や社会人になった卒塾生の年賀状を一部紹介させていただきますね。

「大学で知能システム学を専攻できるように、一年生の時に勉強を頑張りたいと思います。」

「西村先生お元気ですか。私は京都で大学生活をとても楽しんでおります。私にとって○○(大学名)は第一志望ではなかったし、家族には迷惑をかけてしまいましたが、ここで過ごす毎日、触れる学問はとても刺激的で充実しています。また西村セミナールームにも遊びに行きますね。お体にはお気をつけてお過ごし下さい。」

「いよいよ就職ですが、その前に修論頑張ります!」

「お元気ですか?今年度は持ち上がりで2年生を担任しています。」

「お変わりないですか?いつも楽しく“サクラ咲くまで”を読ませてもらっています。娘が大きくなってしまうのは少し寂しいですが、早く6年生になって欲しいな♪と勝手に思っています。(笑) また娘達を連れて遊びに行きますね。」

まだまだたくさんの近況報告のお声をいただきました。みんな本当にありがとうございます!!いつまでもいつまでも、みんなの幸せを心から願っています。お互い悔いのない、良い人生を歩めるよう、今年も頑張りましょうね!!
 
2020.01.20
新中学1年生の入塾テスト先週の土曜日、無事に新中学1年生の入塾テストを終えることができました。受験してくれた小学6年生のみんな。本当にお疲れ様でした!

テスト開始の30分前に来て、「めちゃくちゃ緊張しています。何かしていないと落ち着かないので、先生、計算問題やらせて下さい!」と言って、開始時間直前まで計算プリントをやっていた現塾生の子が2人もいました。半端ない気合が伝わってきて嬉しくなりました。

「計算6問がミスなくできること」が集団授業である当塾に入っていただく条件の1つであることは、子どもたちもよく分かっていますからね。絶対に計算だけは落とさないぞという気持ちで臨んでくれていたのが、何より有難いのです。

さぁ、そんな頑張ったみんなの結果はどうだったでしょうか…?私は土日でテストの丸つけをし、集計を終えて面談表も作成して、面談の準備を万端にしていました。受験したみんなは特に結果が気になると思いますが、ここではまだ明かしません。面談の際に発表となります。

ということで、月曜日(今日)から土曜日までこれから毎日、本人と保護者の方と私との三者面談をさせていただきます。小6のみんな、正直な気持ちを持ってきてください。責任を持ってお預かりする以上、「計算はできること」というラインは設けさせていただいておりますが、1番大切なのはやはり本人の意志です。テストの点数がいくら良くても、本人に「ここで頑張る」という意志がはっきりと見えなければ、毎年入塾はお断りしています。その結果、定員を割ることになったとしても…です。

これから、ここで一緒に頑張る気持ちのある子どもたちが何人いてくれるのか…とても楽しみにしていますよ!そして中学生の子たちは、今週は授業開始時刻の10分前に来るようにお願いいたします。
 
2020.01.17
いよいよ「新中1の入塾テスト」が明日となりました。お申し込みの皆様、ありがとうございます!昨年は年に1度のこの時期のチラシも打たなかったため、さすがに今年は打たなければ西村セミナールームの存在を高蔵寺地区の方々に知っていただけないだろうと思い、原版を12月中旬に作成しておりました。今ホームページ管理会社のフォルクスワークスさんが、バナーにつけてくださっているものです。

この状態で入塾希望者が定員に達しないようならば、年明けに印刷して新聞折り込みに入れてもらって…と思っておりました。ところが…有難いことに入塾希望者が定員を越えたため、今年もチラシは見合わせることとしました。本当に有難いことです。当塾をお友達に紹介してくださった皆様、本当にありがとうございます。

希望していただいた方のうちの何人が実際に入塾していただくことになるのか、テスト結果が出て面談をした後でないと分かりませんが、テストを受けに来る子ども達がみんな「自分の意志」で当塾のトビラをたたいてくれたことを願っています。

毎年言っていますが、本人の意志が大切です。あとは明日、計算がミスなくできるよう集中して受けてくださいね!いつものように笑顔で待っていますよ!!
 
2020.01.16
先日の日記で現塾生からの年賀状を紹介させていただきましたが、今年も卒塾生からたくさんの年賀状をいただきましたので、その一部をご紹介させていただきます。(当塾の卒塾生たちはこんなに元気に進んでいっています。)

「昨年は受験のことなど、とてもお世話になりました。今年から高校2年になり、大学受験のことも考え、頑張っていくので、今年もよろしくお願いします。」

「周りの人、誰よりも先生が支えてくださったので、無事合格することができました。これからも一生先生に迷惑かけていくと思います…。でもいつかBIGになって先生に恩返ししますね!!体調には気をつけて今年も元気な先生でいて下さいね!」

「去年は人生で初めて赤点を取ってしまいました。教科は国語でした。ですが補習のおかげで、古典のコツはつかめてきました!」

「去年はありがとうございました。高校に入り、新しい環境に慣れて、大変なことも多いですが、とても充実しています。今年もよろしくお願いします。」

「お久しぶりです!!楽しく学校生活を送らせていただいています!あいかわらず走っています!!また顔を出しにいってもいいですか?カゼなどにお気をつけてお過ごしください。」

「今年はもう受験生です。目標の大学に行けるよう、一生懸命がんばります!!またみんなで会いに行きます!」

「気を引き締めて、先生にいい報告ができるように勉強頑張ります!(最近また国語が怪しいです…。) お身体ご自愛くださいね。」

「大学は○○に決まりました!!また先生に会いに行きます!!」

「お久しぶりです。ご報告したいことがあるので、近々会いに行きたいと思っています。」

「受験が控えているので、体調に気をつけて頑張ります。」

「頑張ります!応援よろしくお願いします!」

ということで、今日は卒塾して間もない、高校生の卒塾生からの年賀状をご紹介させていただきました。男の子も女の子も精一杯毎日を過ごしていて、こんなに元気な声を届けてくれました。ここには紹介しきれませんでしたが、まだまだたくさんの子たちが素敵な声を届けてくれています。これらを読ませていただく時、私は心から幸せを感じます。みんな本当にありがとう!!

高1の子たち、高校生活にも慣れましたよね。今年はますます元気に大暴れしてください。高2の子たち、いよいよ受験の1年ですね。あっという間ですよ。目標に向かって頑張ってください!!高3の子たち、進路が決まった子はおめでとう!!これからいよいよ試験の子たちは、体調に気をつけて力を出し尽くしてきてくださいね。全力で応援しています!!

大学生や社会人の卒塾生からの年賀状は、また後日ご紹介させていただきます。お楽しみに!
2020.01.14

中3クラス生は明日から3日間、そして中1クラス生と中2クラス生は明後日から2日間、学校の定期テストとなります。昨日も祝日でしたが、みんな塾での対策授業を頑張りました。特に中3クラスはこれでもう最終内申が決まってしまうので、みんなそれはそれは頑張っています。まさに「目の色を変えて」取り組んでいます。明日と明後日でその成果を発揮できるよう、全力を出してきてくださいね!

さて、中1と中2クラスの子たちも張り切っています。お正月には可愛い手書きのねずみ入りの年賀状を何人も出してくれました。本当にありがとうございます。みんな時間をかけて丁寧に、一生懸命描いてくれたことがひしひしと伝わってきました。すごく有り難く、嬉しかったです。一体どんな年賀状か気になりますよね。ご紹介させていただきます。

年賀状 年賀状 年賀状
年賀状

みんなとっても可愛いですよね!!決意もそれぞれ書いてくれていて、意気込みもしっかり伝わってきました。みんな実現できるように頑張っていきましょうね。また、保護者の方の中には、喪中で年賀はがきが出せなかったからと、わざわざ手書きのメッセージを書いてくださった方もいらっしゃいました。お忙しい中、本当にありがとうございます。そこにはこんな文面がありましたので、一部ご紹介させていただきますね。

「今年は○○が中3になります。全力でサポートしていくので、ご指導よろしくお願いします。(親のサポートは食事面になりますね。) ビシビシと言ってやってください。(へこたれない精神面はもっていると思っています。)」
※ 以下、省略させていただきます。

とても素敵だと思いました。子どもの健康面を支える全力サポート…まさに理想的です。そして私に対する有難い信頼感…これがあるからこその「ビシビシ」ですよね。そしてそしてなにより、自分のお子さんの強さをしっかり信じていらっしゃるところ…私も幸せな気持ちにさせていただきました。こちらこそどうぞよろしくお願いいたします!

さぁ、どの学年も最後の3学期です。全力で頑張って、良い締めくくりをしましょう!まずはテストですよ!!
 
2020.01.10
小6クラス生は今日から授業が始まります。みんな小学生最後の冬休みは元気に過ごせたでしょうか?年賀状にはこんなことを書いてくれた子たちもいました。

「昨年はありがとうございました。冬休みは水泳と計算をがんばっています。今年もよろしくお願いします。」

「計算をもっとがんばって苦手を克服したいです!」

「今年の目標…入塾テストで合格!!苦手な教科も5を取れるようにがんばる!!入塾テストを合格し、西村セミナールームに入れるように計算をがんばっています。今年もよろしくお願いします。」

そうなんです。1月18日(土)に入塾テストがせまっているため、計算練習をしている子が多いのです。毎年言っていますが、当塾の入塾テストは点数の高い低いだけで入塾を決定するものではありません。最終的に入塾の決め手となるのは、「本人のやる気」と集団授業についていくだけの「最低限の計算力」です。

どんなに学力が高くても、「本人のやる気」がないとお断りしますし、逆にどんなにやる気があっても「最低限の計算力」がないと当塾中学部の授業についていけませんので、これまたお断りします。このことをお伝えしているため、小6クラスのみんなは計算練習を頑張っているのです。とっても嬉しく思い、心から応援しています!

ということで、小6クラスの子たちで希望する子には、今日「入塾テスト案内」をお渡しします。例年のことながら、持ち帰ることを私から促すようなことは一切いたしません。完全に本人の意志にお任せします。何人の子が持って行ってくれるのでしょうか…楽しみです!
 
2020.01.08
新年になって、皆様からあたたかい年賀状をたくさんいただきました。皆様、本当にありがとうございました!塾生の中には全て手書きで書いてくれた子も数人いて、とっても可愛いねずみが何匹も揃いました。(笑) 掲載の許可がもらえればご紹介しますので、気になる方はお待ちくださいね。

ということで、まずは書いてくれたメッセージ(みんなの意気込み)の紹介をさせていただきます。今日は中学3年生クラスの子たちです。

「受験で、今までやってきたことを全力で出せるように頑張ります!」

「受験勉強頑張ります!!これからもよろしくお願いします。」

「あと3ヶ月がんばります。○○に合格できるように1日1日を大切にして勉強します。3月までよろしくお願いします。」

「いつもありがとうございます!!○○に入れるように最後までしっかりがんばりたいです!!よろしくお願いします。」

「昨年は本当にありがとうございました。残りの三ヶ月もがんばります。」

「いつも本当にありがとうございます!!今度こそ死ぬ気でがんばって、口だけじゃなく、有言実行できるようにがんばります。」

「先生、いつも有難うございます。絶対○○に入りたい!美味しいフレンチ食べたい。」

勉強で忙しいんだから、メッセージを書いてくれることなんて期待していませんでした。本当にありがとうね!みんなの心の声が響いています。ちなみに…あと3ヶ月もないよ!2ヶ月も切ったからね!!最後まで頑張りましょう!!
 
2020.01.07
さぁ、今日から3学期ですね。塾は1月4日からスタートさせていただいていますので、塾生みんなの元気な顔は見ていますが、「学校が始まる」となるとまたさらに活気づくものです。

冬季特訓も今日がラストです。中3クラスのみんな、本当によく頑張りましたね!!1日4時間で12日間、誰一人脱落することなくやりきりました。4時間の途中に1回だけある10分の休憩では、みんなで楽しくワードバスケットができました。いやぁ、さすが中3生ですね。みんなものすごく強かったですよ。私も参加していたのですが、頭の回転も体の反応も鈍くなってきた私ではなかなか勝てず、「次こそは!」と毎回躍起になっておりました。誰よりも熱かったかも…です。(笑)

さて話は変わりますが、1つお詫びをしなければならないことがあります。この冬季特訓の間、授業が終わったと同時に、塾を閉めさせていただいておりました。残って勉強したかった子…ごめんなさいね。実は私の母が両目の緊急手術を行い、走り回っていたのです。母の症状に対応できる病院が一番近くて大曽根にしかなく、そこに入院しておりました。約1週間、授業前と授業後に電車で通い、母の看病を行っていたのです。

神戸から私の妹も来てくれて、病院に泊まり込んで看病を手伝ってくれたので、授業をお休みすることはまぬがれたのですが、塾生のみんなにはご迷惑をおかけしてしまいました。本当にごめんなさい。今はおかげさまで少し安定し、退院もして、妹に私の家で面倒を見てもらいながら少しずつ回復しているところです。本当に妹には感謝してもしきれません。

母は89歳という高齢ゆえ今後も色々とあるかもしれませんが、妹をはじめ周りの人達に助けてもらいながら、できる限り頑張っていきたいと思っております。どうぞ皆様、よろしくお願いいたします。
 
2020.01.01
あけましておめでとうございます。どうぞ今年も西村セミナールーム、そして西村恵子をよろしくお願いいたします。

今年は小学校の教科書改訂と中学校の来年度の改訂に合わせた移行措置がとられるなど、勉強内容も大きく動き始める年です。当塾も時代の流れをしっかりつかんで、的確に対処していけるよう努めて参りたいと思います。

オリンピックもいよいよ開催されますので、日本中が大きなエネルギーに包まれそうですね。そんな良いエネルギーを全身に取り入れながら、私自身さらに強力なエネルギーを発揮していきますよ!今年も子どもたちに全力でぶつかっていきますので、どうかまた一年間よろしくお願いいたします!!
 
 
リンク更新履歴サイトマップ
春日井市高蔵寺の学習塾 西村セミナールーム
教室 〒487-0016 春日井市高蔵寺町北4-1-15 高蔵寺ファーストビル405号室
事務所 〒487-0011 春日井市中央台8-2-2 リバピア5-104
  TEL/FAX:0568-91-3416 メール:info@nishimura-juku.com
学習塾(春日井)へのアクセスマップ