春日井市高蔵寺の学習塾 西村セミナールーム 高校受験も中学受験もお任せ下さい
  • トップ
  • サクラ咲くまで バックナンバー 2022
サクラ咲くまで バックナンバー
最新<<2021年2020年2019年2018年2017年>>最初
 
2022.06.13
11日の土曜日をもちまして、「春季個別面談会」は無事終了させていただきました。ご参加いただきました保護者の皆様、お忙しい中誠にありがとうございました!お一人20分(中3クラス生は40分)という短い時間ではありましたが、お子さんのお家での様子をお聞きすることができ、塾での様子もお伝えすることができ、私にとりましては大変有意義な時間でした。

他人から見れば何の心配もなさそうなお子さんでも、やはり親御さんの目から見ると心配な点が出てくるというものなのですね。素晴らしい成績でも「必要最低限のことしかやらず、本人にさらなる向上心が見受けられない」と心配されるお母さんもいらっしゃれば、「勉強ばかりやっていて大丈夫だろうか」と心配されるお母さんもいらっしゃいます。

「やるべきことをやらずに遊んでいるので叱るのだが、ちっとも変わらずある意味図太い」と嘆くお母さんもいらっしゃれば、「打たれ弱いところがある」と心配されるお母さんもいらっしゃいます。皆さん本当にそれぞれです。

どんな状態になったとしても心配は尽きない…それが親というものかもしれませんね。私も30代半ばになった2人の息子のことを今でも心配し続けていますし、還暦となった私のことを91歳の母も毎日心配してくれていますからね。(笑)

ご心配な点は多々あるとは思いますが、一歩ずつでも進んでいけますよう、これからも私にできることは精一杯やらせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

あ、それから高蔵寺中学校3年生クラスのみんなが、元気に修学旅行から帰ってきました。良かったです!有難いことに、またたくさんお土産をいただきました。貴重なお小遣いの中、本当にありがとうね!後日ゆっくり書かせていただきますね。

では、第2回テストも目前です。今週も頑張っていきましょう!!
 
2022.06.03
第1回テストの結果が全て出揃いましたので、残りの分もご報告いたします。今回はこれで全てです。みんなよく頑張りました!!でも6月に入ったら、すぐに第2回テストがやってきますよ。今度は9教科ですから、早めに準備していきましょうね。

「高蔵寺中学校 2年生 第1回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 92.6 85.8 88.8 97.2 96.4 460.8
学年平均 61.7 54.6 69.3 67.0 70.5 323.4
平均点差 30.9 31.2 19.2 30.2 25.9 137.4

「高蔵寺中学校 1年生 第1回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 93.1 95.3 79.9 87.9 74.3 430.4
学年平均 66.1 70.3 62.4 63.9 63.3 322.6
平均点差 27.0 25.0 17.5 24.0 11.0 107.8

さて、5日(日)からは、いよいよ「春季個別面談会」が始まります。今回もたくさんのお申込み、誠にありがとうございました!!第1回テストの結果や、日ごろの勉強への取り組み方などについて、じっくりお話し合いができればと思っております。ばっちり資料を用意してお待ちしておりますね。

お車でお越しいただく際は、専用駐車場(30番)をご利用ください。詳しい場所は画像と共にアクセスマップのページにてご案内させていただいております。お間違えのないようにお気をつけてご利用ください。それではよろしくお願いいたします。
 
2022.05.30
先週お伝えしていたように、出揃ったところから「第1回テスト」の結果をご報告していきます。今年度も各教科50点満点の石尾台中学校は、100点満点に換算してありますのでご了承ください。

「高蔵寺中学校 3年生 第1回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 86.2 84.1 91.3 88.6 91.0 441.2
学年平均 63.8 54.8 70.4 64.3 62.0 315.9
平均点差 22.4 29.3 20.9 24.3 29.0 125.3

「石尾台中学校 2年生 第1回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 84.6 91.4 64.6 66.6 72.0 379.2
学年平均 58.6 51.2 54.6 53.0 48.4 266.6
平均点差 26.0 40.2 10.0 13.6 23.6 112.6

「石尾台中学校 1年生 第1回テスト結果」
  数学 英語 国語 社会 理科 合計
塾内平均 80.6 99.4 78.0 84.0 79.4 421.4
学年平均 53.2 77.8 61.6 64.0 59.4 318.2
平均点差 27.4 21.6 16.4 20.0 20.0 103.2

みんなよく頑張りました!あと今回のテストでご報告できるのは高蔵寺中学校の1年生と2年生です。近日中にはご報告できると思いますので、もう少々お待ちくださいませ。

さて、月曜と火曜の2日間で「春季個別面談会」日時決定のお手紙を塾生一人ずつにお預けいたします。今回も希望日時を書いていただく際、可能日を多めに、時間帯を長めに書いていただきましてありがとうございました。おかげさまで皆様の希望通りに入れさせていただけました。

ただ、もしこれでご都合が悪くなられました方は、ご遠慮なくご連絡くださいね。またご相談させていただきます。それではご確認のほど、よろしくお願いいたします。
 
2022.05.27
第1回テストの結果もぼちぼち出揃ってきました。緊張して気合いを入れていた当塾中3クラス生ですが、当然他の子どもたちも頑張っていたようで、学年平均が思っていた以上に高かったです。

今年は2学期の通知表を公立受験にも使うということ、そしてその成績の出し方は1学期と2学期の合算であることなどから、この第1回テストの重要性が例年にも増して高かったのですが、やはり誰もがそれを自覚していたということなのでしょう。

もちろん、通知表はこのテストの点数だけでは決まりませんので、テストが終わったとはいえ気を緩め過ぎず、平常の取り組み態度からしっかり整えておく必要がありますね。来週には出そろった順番に結果をお知らせしていく予定です。

さて…石尾台中学校3年生クラスのみんなが、元気に修学旅行から帰ってきました。今年はやっとゆっくり行けた修学旅行で、行き先はなんと東京方面…そして、メインは待望のディズニーランド!みんな本当に楽しかったようで、話を聞いても笑顔でいっぱいでした。

良かったですねぇ…。一番楽しかった乗り物は、(私は聞いても名前をすぐに忘れてしまいましたが)絶叫系のものだったようです。可愛い乗り物だらけだと思っていたディズニーランドにも、絶叫系があるのですね。驚きです。

修学旅行のお土産そして、みんなからの有難い有難いおみやげをご紹介いたします。貴重なお小遣いの中、本当にありがとう!!

表面が立体的になっている、とても素敵な缶に入ったクッキーです。美味しくいただいた後も、缶は大切に使わせていただきますね。

次は6月7日から高蔵寺中学校の修学旅行がありますが、なんと出発の前日に第2回テストのテスト範囲が発表されるとのこと…これはもう旅行を心から楽しむためにも、今から出来る限りの準備をしておくしかないですね。9教科ということもありますので、早め早めに勉強していきましょう!
 
2022.05.23
先週の金曜日、高蔵寺中学校も第1回テストを無事に終えました。塾生のみんな、お疲れ様でした!気になる結果は、また後日まとまり次第お知らせいたします。さて…そんな第1回テストに関連したことで、「さすがは中3クラス生だなぁ」と感心したことがありましたので、ご紹介させていただきます。

第1回テスト後の最初の中3クラスの授業の日、数人の中3クラス生が授業の30分以上も前にやってきました。そして口々に「先生、数学の計算テストを受けさせてください」「先生、パートテストを受けさせてください」「先生、計算テストの追試を受けさせてください」…と、それぞれがまだ受けていなかった確認テスト類や追試を受け始めたのです。

当塾は学校の先取り授業を行う予習型の塾ですから、第1回テストの範囲は4月までの授業でもうとっくに終わらせていました。5月に入ってからもテスト対策に入る前は、さらにその先のところまで授業を進め、確認テストまで終わらせていたという状態でした。

ところが、中には色々な都合で授業をお休みした子もいて、たまたまその日に行われた「確認テスト」を受けられていない子もいたのです。テスト範囲の確認テストならテストまでに絶対に受けさせて直しや追試まで完了させるのですが、テスト範囲外のところならテスト勉強中に余計な時間をとらせたくありませんからね。ということで、私は軽く「じゃあこれはテスト後に受けなさいね」と言い渡しておいただけでした。

そして先日、自主的にやってきてバンバン受けていったというわけです。なんと!やり残しがあった子全員です。テストが終わってホッとしていたところでしょうに、みんな自分のやるべきことを忘れていなかったのですね。本当に感心しました。

実はこの学年は1年生の時からしっかりしていて、宿題をやり忘れたり間違い直しをためてしまったりという子がとても少ない学年でした。やる気もあり、今でも「ここもやっておいた方がいいよ」と言えば、宿題と言われなくてもほとんどの子がやってきます。

その結果、当然力もつきました。自分がなんのために塾に通わせてもらっているのか…そのことをきちんと理解して、やるべきことを言われなくても実行に移せていた子どもたちというわけです。中3クラス生になって、ますますそれに磨きがかかってきたように思えます。

1人1人能力差はありますが、この取り組み方ができる限り力は伸び続けます。他の学年のお手本になってくれていますね。有難いです。中3クラス生のみんなにとって本当に大切だった第1回テストでしたが、見た限り全力を尽くせた様です。悔しい思いが残る子は、第2回テストに向けてまたここから頑張りましょうね。

石尾台中学校の子は月曜から修学旅行へ出発します。どうぞ気を付けていってらっしゃい!
 
2022.05.19
月曜と火曜で、石尾台中学校の第1回テストは終了いたしました。まだ結果はしっかり出ていませんが、初めての定期テストだった中1クラスの子たちに手ごたえを聞いたところ…今年もみんな英語はほぼ完璧にできたようです。よく頑張りましたね!!

昨年に教科書が新しくなって以来、Unit1でいきなり「be動詞の文」と「一般動詞の文」が基本文として出てくるようになりましたからね。「小学校で会話しかやっていない子たちに、この2つの文法を同時に教えていくなんて…」と、私は震えました。

と同時に、本来なら3月スタートの塾の新学期を、新中1クラスのみ1ヶ月前倒しして、2月からスタートさせる決断をしました。そのおかげか、昨年の子たちは英語でつまずくことなく1年を終えることができました。

そして今年!今年も昨年と同様に、新中1クラスは2月スタートで、英語と数学を徹底的に鍛えました。数学は小学校からの基礎力の差もあり、なかなかみんなそろって良い点数が取れるというわけにはいきません(特に石尾は昨年から応用中心になったので)が、英語は練習量がものを言いますからね。

2月から頑張った成果を出すことができて、本当に良かったです。これから「英語は得意教科です!」と自信を持って言えるよう、さらに力を伸ばしていきましょう。

高蔵寺中学校の子たちは、いよいよ今日からですね。石尾台中学校の子たち同様に、頑張った成果を出すことができるよう集中してやってきてください!
 
2022.05.13
前回の日記の続きです。次男からの母の日のサプライズプレゼントは…なんと豪華な手作りディナー出張サービスでした!私が仕事を終えて帰る時間に合わせて、わざわざ家に来て作ってくれていたのです。自分も仕事で疲れているのに…。

メニューは、自分では買って食べることなんてない「飛騨牛A5級のヒレステーキ」でした!もう。もったいないやら嬉しいやら。それを1番美味しい状態で食べさせたいと思ってくれてのことでしょう。ステーキは私の顔を見てから焼き始めるのは分かるとしても、付け合わせの野菜のソテーやパスタまでも全部一から私の家で作って、出来立てのアツアツをご馳走してくれました。

付け合わせくらいは自分の家で用意してくれば手間も半分で済むのに、時間が経つと味が落ちると考えて、あえて手間をかけてくれたのでしょう。パスタ用のバジルソースまで持参して、パスタを茹でるところ、食材を刻むところから作ってくれていました。

こういう料理へのこだわり…実は、私もものすごく分かります。やっぱり出来立ては味が違いますからね。振舞う立場としては、最高の状態で食べてもらいたいものです。遺伝なのか、そんな価値観の家庭で育ったためなのか、この食へのこだわりが伝わっているのは嬉しい限りです。

母の日の料理肝心の味はと言いますと…もう言うまでもなく最高でした!表面はカリッと、中はミディアムレアに火の通ったピンク色に仕上がっていました。一口噛めば、その柔らかさとうま味たっぷりの肉汁に驚かされました。

添えてくれたワサビと、味の変化にと表面にのったニンニクチップがこれまたベストマッチで、なくなってしまうのがもったいなく、一口一口じっくりゆっくり味わいながらいただきました。

添え物とのバランスも含め、素晴らしい一皿でした。下手な写真ですが、記念に撮りました。(笑)

おかげで疲れはふっとびました。この頃、この次男にはよく驚かされていて(暗闇から急に飛び出てくる等)寿命が縮みかけていたのですが、これでまたグンと伸びた気がします。こんなサプライズなら大歓迎です。というより、こういうサプライズだけにお願いします。(笑)

…と、こんな大感謝の母の日を過ごすことができました。さぁ、今週末は土日とも対策授業です。いよいよ来週は第1回テストですからね。私はパワー満タンですので、また張り切っていきますよ!スタートダッシュを一緒に頑張りましょう!!
2022.05.11
日曜日は母の日でしたね。定期テスト前ではありますが、塾生のみんなはお母さんに感謝を伝えることはできましたか?私は新学期が始まってからなかなか母とゆっくり過ごすことができなかったのですが、日曜日は久しぶりに半日一緒にいられました。(※半日は仕事をさせていただきました。)

朝から父のお墓参りに行き、2人が大好きな喫茶店でコーヒーを飲んで挽き売りを買い、スーパーに食材の買い出しにも行くことができました。もうほとんど目が見えなくなって、側にいても私がどこにいるのかも分からず、家の中でも手探りで動くしかできない母…当然一人では外に出られないので、そんな買い出しもとても大変な一大イベントなのです。

それでも迷惑をかけまいと、動けなくならないように毎日筋肉を鍛え、見えない中でも一人でやっていけるよう自分で工夫して生活しています。例えば、歯を磨く歯ブラシとお掃除用の歯ブラシを区別するために、お掃除用の歯ブラシには輪ゴムを巻き、数種類の目薬は収納の仕方や場所をあえて変えておいて、1つさし終えれば片付けていくというやり方をしています。本当に頭が下がります。

普段、1分でも早く私を仕事に戻らせたがるので、ゆっくりとした時間をとることができなかった分、とても幸せな日曜日となりました。何にもプレゼントができなかったので、夜中に不器用ながらケーキを焼きました。買ったばかりのコーヒー豆で、一緒に美味しいコーヒーを飲みながら食べたいと思っています。

さて…これが娘としての立場の母の日でしたが、私も息子たちにとっては母でした。大阪の長男はゴールデンウイークに2泊3日で家族みんなで会いに来てくれて、車で10分のところに住む次男は先日サプライズで…この内容はまた後日書かせていただきますね。

ということで、山の様に積んである対策プリントの丸つけに取り掛かります!
 
2022.05.06
さぁ、第一回テストが目前となりました。中学生にはどのクラスにも、ゴールデンウィークのお休みの前にテスト範囲の対策プリントを数枚渡しましたが、5月2日(月)に中1クラスと中2クラスにはすでに提出をしてもらいました。

中2クラスは昨年1年間やったので、この対策プリントのやり方はしっかり分かっていましたが、中1クラスは初めてだったため、渡す前に注意はしたものの、やはりまだまだ気をつけるべきことが浸透していませんでした。「記号で答えなさい」なのに言葉で答えていたり、「( )にあてはまる言葉を書きなさい」で「( )県」となっているのに、答え欄に「愛知県」と書いていたり、答えを書かず空欄のあるまま出してあるプリントなどがありました。

問題をきちんと読んでいないことと、空欄があるまま出さないことという私の注意を、しっかり聞いていなかったことが原因ですね。…ということで、たくさんやり直しプリントを返却します。もう一度きちんと問題を読んで、分からない問題はしっかりと調べて書き込み、または質問して、正しく直して再提出してください。

この対策プリントは、まず現時点で自分がテスト範囲のどこの何を分かっていないかを洗い出し、その部分を調べながら勉強し直せるという、正確に仕上げることがテスト勉強になっている便利アイテムなのです。

「○日までに提出しなきゃ〜」と雑に提出目的でやるのではなく、テスト勉強の便利アイテムとして上手に活用し、その取り組み姿勢と最終チェックを見てもらうという目的で行いましょう。そうすることで、本番のテストでも問題をよく読んで解くことができるようになりますし、もったいないミスも無くせるようになります。

それから、字もきちんと丁寧に書きましょうね。もし間違った漢字で覚えてしまっていたとしても、自分では先入観であまり見つけられません。さらにその字が汚く雑に書かれていると、最終チェックをしている私にも見つけてもらえませんし、何より見てもらう提出物として失礼です。

採点側が読めないと判断したものは、遠慮なくバツにしているので、丁寧に書き直して、本番でも気をつけるようにしましょう。過去に何人も「答え自体は分かっていたのに字が汚くて本番でバツになった」人はいますよ。それでは、今年度最初のテストに向けて頑張りましょう!!
 
2022.04.25
やっと発表されましたね!はい、待ちに待っていた愛知県教育委員会からの「全日制課程一般選抜における校内順位の決定方式」、および「面接実施の有無」です。当塾塾生が受験する高校においては、その決定が一部予想外な高校もありましたが、まぁほぼ今まで通りで予想通りでした。

決定した事項は以下の通りです。

「III (学力検査合計得点1.5倍)」 ※今まで通りのもの
千種、春日井、高蔵寺、春日井南、春日井東…等

「V (学力検査合計得点2倍)」 ※新たに設けられたもの
旭丘、明和、向陽、菊里、瑞陵、旭野…等

Vを選択した高校は、より実力重視になったということです。予想外だったのは千種がIIIのままだったことと、旭野がVを選択したことですね。千種はトップ6校と言われる中の1つで、他のトップ校が軒並みVを選択した中でのIIIですから…。自由な校風であるが故に、「真面目に頑張れる生徒」に来て欲しいと判断されたのでしょうか?

一方の旭野はI、II、IIIの決定方式となった当初、進学校の中では珍しくI(内申基礎点と学力検査合計得点ともに1倍)を採用していました。2017年度の入試でIIIに変更するまでそれは続いていましたので、内申の取れる真面目な生徒を希望していたと言えます。ということで、今回もまずはIIIのままではないかと思いましたが、Vを選択したということは完全に実力重視になったということですね。

Vの決定方式を採用した高校を志願する塾生は、内申をそろえた上で今まで以上に実力をつけていかなければ合格が難しくなります。マークシートになったとしても、入試問題は易化するとは考えられません。むしろ、問題の長文化や複雑化が進み、難化すると考えられます。思考力を鍛え、判断力と読解力を養いましょう。

もちろん、IIIの決定方式を採用した高校を志願する塾生も同様です。1年間引っ張っていきますので、しっかりついてきてくださいね!ともに頑張りましょう!!
 
2022.04.25
24日(日)は全員参加の中、無事に「入試説明会」を開催させていただくことができました。少し場所が分かりづらく迷われてしまった方もでてしまいましたが、何とかたどり着いていただき事なきを得ました。皆様、お忙しい中ご参加いただき、誠にありがとうございました。

2時間半、今年も1人で大声で話し続けましたが、そんな長時間子どもたちも保護者の皆様もずっと集中して耳を傾けてくださっていましたね。時には頷きながら、時には笑顔を交えながら、私の一言一言に反応してくださっていたので、私も最後まで元気に話すことができました。

説明がつたなく、もっとこういう言い方にすれば良かったとか、お伝えしたかったことをお伝えし忘れてしまったとか、反省する点は相変わらずたくさんありますが、この反省はまた今後に生かしていきたいと思います。ありがとうございました!

どんなに話し手が良い内容の話をしたところで、聞き手に「聞こうとする意志」がなければ、絶対に良い「場」は生まれません。そして、もちろんその逆も言えます。

普段の授業も同様です。良い授業というものは、講師と生徒両方で作っていくものなのです。どちらの気持ちが欠けていても、決して良い授業にはなりません。普段、当塾の塾生は一生懸命聞いてくれているので良い授業になっていますが、今回の説明会も同様に、とても良い「場」になっていたと感じました。

保護者の皆様のお子様を熱く真剣に想うお気持ち、そして自分の目標をしっかり定めよう、それに向かって頑張ろうとしている子どもたちの覚悟…それらがひしひしと伝わりました。本当にありがとうございました。分かりづらい点も多々あったと思いますが、いつでもご質問は受け付けますので、どうぞご遠慮なくお尋ねくださいね。

さぁ、ここからです。共に1年間、全力で頑張っていきましょうね!まずは「第1回テスト」で力を出し切れるよう全力で臨んでください!!
 
2022.04.22
1週間があっという間に過ぎていく気がします。やるべきことが多すぎて、1日1日必死で過ごしているせいでしょうか…。今の時期、塾生のみんなも保護者の方々も同じかもしれませんね。体調を崩されないよう、気をつけてお過ごし下さいね。

さて、そんなご多忙中ではありますが、明後日の日曜日はいよいよ中3クラス生とその保護者の方々を対象とした「高校入試説明会」を開催いたします。中3のみんなに1日でも早く受験を意識してもらい、取り組み方を考えてもらいたいということもあり、例年ならもう1週間早く開催しているのですが、今年は「あること」を待っていたためあえて遅らせていただきました。

その「あること」とは…教育委員会からの発表です。ご存知のように、来年度は大きく受験制度が変わります。大まかなことや細かい日程などはとっくに発表されているのですが、今までとは変わった「校内順位の決定方式」において、どの高校がどのパターンを採用するのかがまだ発表されていませんでした。

教育委員会からは「発表時期は4月頃予定」という曖昧なインファメーション…。「何とか説明会でお知らせしたい、ギリギリまで説明会の時期を遅らせた方が間に合う可能性がある」と思い、あえて1週間遅らせていただいたというわけです。

しかし、残念ながら、今この日記を書いている時点でも発表はされませんでした。「説明会用パンフレット」を印刷することも待っていましたが、仕方がありませんね。もうこれ以上待っていては準備が間に合わなくなってしまいますので、印刷に取り掛かります。

今年は学校からもしっかり新制度入試の説明があったようですので、子どもたちも保護者の方も「制度は理解されている」とは思いますが、当塾の説明会は当然それをなぞるだけのものではありません。これから中3のみんながやるべきことを、分かりやすくしっかりとお伝えいたします。

お忙しいこととは思いますが、どうぞ楽しみにお越しくださいませ。パワー全開でお待ちしております!
 
2022.04.15
小6クラスの子どもたちの授業が始まって、もう2回が過ぎました。1人1人の性格の違いでしょうが、とても明るくニコニコと来ている子と、なんだか緊張しているのか硬い表情のままの子との2手に分かれています。ただ、授業前にはワードバスケットも覚えてみんなでやれるようになったので、緊張している子たちも少しずつ慣れていってくれたらなと思っております。

ところで…小6クラスの保護者の方々に、大切なことをお伝えしておきます。子どもたちに私が出した宿題のワークやプリントは、お家で丸つけをしていただく必要はございません

初日にワークを子どもたちに配った際、「答えは家に帰ったらお父さんやお母さんに渡すんだよ」と伝えたのですが、これは子どもたちが答えを見て書き込んだりするのを防止するための策でした。しかし、答えを渡された数人のお母さんは「自分が丸つけをするのね」と思われたのでしょう…。次の回に提出されたワークの何冊かに丸つけがされていて驚きました。こちらの説明が足らず、大変申し訳ありませんでした。

当塾の場合、丸つけは全て私が行います。答えは子どもたちの目の届かないところに保管なさってください。宿題として提出してもらったワークやプリントは、丸つけをした状態で今日お返しします。せっかくお母さんがやってくださったものも、私基準でもう一度見させていただきました。丸となっていたものも、私としては丸にできないものがたくさんありましたので、バツが新たについています。

子どもたちにも伝えますが、今度はそれらを全て子どもたちに直してきてもらいます。この時も答えを見て赤で書き込むのではなく、ちゃんとどこを間違えたか見直してから間違えていた部分を消しゴムで消して、よく考えながらもう一度鉛筆で書いて再提出してもらいます。出来なかったところをきちんと理解した上でできるようになることが大切ですからね。そのために塾に通ってもらうわけですから、本人が思考活動をしなければ意味がありません。

どうしても分からなければ、早めに塾に行って私に質問するように促してください。私はそのために時間を用意して待っています。1年間、子どもたちがちゃんと考えて式を導き出せるようになるために、そして正しいやり方で計算ができる様になるために、また文章を読み取ったり自分の考えを表現したりすることができるようになるために、やれるだけのことを私の時間を全て使ってやっていきます。

お父さんやお母さんとも協力し合いながらやれていくと嬉しいので、ご理解ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
 
2022.04.11
中1勉強法説明会昨日の日曜日、無事に「中1勉強法説明会」を開催することができました。貴重なお休みの日にご参加いただきました皆様、まことにありがとうございました!

今年もとても良いお天気でした。そういえばこの説明会をさせていただく日は、毎年晴れているような気がします。主人から私に代わってからだけでも17年経ちますが、雨だった記憶が本当にありません。(忘れているだけかもしれませんがね。笑) お越しいただくのに雨が降っていると大変ですから、有難い限りです。

中1クラスのみんなは、7日に入学式を終えたばかりでした。これから始まる中学校生活にドキドキワクワクしているところでしょう。説明会は参考になったでしょうか?みんな一生懸命聞いてくれていて、言われなくてもしっかりとメモをとっていたのがとても印象的でした。説明会で聞いた内容の1つでも多く、これからの学校生活に取り入れてくれると嬉しいなと思います。

説明会の内容について質問があったら、今後も遠慮なく聞いてくださいね。子どもたちだけでなく、もちろん保護者の方もです。可能な限り答えさせていただきます。では、今日からも変わらず…いや、ますますパワーアップして一緒に頑張っていきましょう!教室で待っていますね。
 
2022.04.08
今日から新小6クラスの授業が始まります。当塾で初めて授業を受ける子どもたち…さぞドキドキしていることでしょう。でも、大丈夫ですよ。緊張せずに楽しみに来てくださいね。

授業は手を挙げなくてもどんどん指名して当てていくので、とにかく私の話を集中して聞きましょう。みんなの顔を見ながら説明し、分かっていなさそうならすぐにその子に当てて、分かるまで質問と説明を繰り返します。当てられていない子も、もし説明の途中で分からないことがあったら、「先生、なぜそこはそうなるのですか?」などと、すぐに口を挟んでくださいね。分かったふりが一番いけませんよ。

今日はワーク類の名前書きのために、授業開始時刻の10分前(16:50)には来てください。そして、次回からは間違い直しや質問のために20〜30分早く来るといいですよ。では、これから1年間、楽しく一緒に頑張りましょうね!よろしくお願いいたします。

さて…新中1クラスの「中学での勉強法説明会」が、明後日の日曜日にせまりました。出欠をとらせていただいたところ、今年も全員に出席していただけそうです。ありがとうございます!中学校の定期テストとはどのようなもので、どのくらいの点数だとどのくらいの成績になるのか、そして後々の高校受験にはどのくらいの成績をとっておけばどのような高校に挑戦できるのか…など具体的に説明しますので、これからの中学校生活の目標を持ってもらうのにいいと思いますよ。

毎年のことですが、新しいメンバーに向けて、また気合いを入れて説明いたします。場所が塾ではなく少し分かりにくいかもしれませんので、もし迷われましたらいつでもお電話(0568-91-3416)ください。皆様のお越しを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。
 
2022.04.04
さぁ、いよいよ今日から授業再開ですね!塾生のみんな、春休みはゆっくり休めましたか?私は神戸から来てくれた妹に手伝ってもらって、「塾部屋の大量の段ボール箱の片づけ」や「庭の伸び放題になっていた芝の手入れ」、「塾事務ノートの新年度分作成」など、やらなければならなかったことを一気に片付けることができて大満足でした。

おまけに、何年ぶりかに母と妹との3人で近くの公園に桜を見に行くことができて、感慨にふけりました。母はまぶしい外では目を開けていられないし、視野もほんとに点ほどしかなくなってしまったので桜が見られるか心配でしたが、日差しが柔らかくなった時にお日様を背にして何とか見ることができました。素敵な桜でした!

新中1の子も新高1の子も新たな春を迎えましたが、今年大学生となる卒塾生もたくさんいて、良い春を迎えられたようで安心しました。というのも、2018年度卒塾生総勢13名が貴重なお休みを合わせてくれて、3月の「卒塾の日」の夜にみんなで会いに来てくれたのです。

ちっとも変わらない笑顔と共に進学先を報告してくれた卒塾生のみんながですが、1人1人高校受験の時と同じように全力を尽くせたようで、誇らしさでいっぱいでした。残念ながらもう一年挑戦することになった子もいましたが、「次こそは!」の気合いがひしひしと伝わってきました。みんな、本当によく頑張ったね!!会いに来てくれてありがとう。めちゃくちゃ嬉しかったです。

卒塾生からのコーヒー私の大好きなコーヒーもみんなで買ってきてくれて、有難いやら申し訳ないやら…こんな可愛いコーヒー、もったいなくてなかなか飲めません。

「みんな先生のことが大好きです」という嬉し過ぎるメッセージもついていて、これはもう宝物ですね!他にも旅行先からのお土産を買ってきてくれた子もいて、もう感謝の気持ちでいっぱいです。

卒塾生からのおみやげみんな、限られたお小遣いの中から、本当に本当にありがとうね。みんなの笑顔を思い出しながら、コーヒーは大切な時に1杯1杯、お菓子も1つ1つ味わわせてもらいますね。

毎年毎年、卒塾生が増えて、大切な子どもがどんどん増えていく感覚です。頑張って生きていっている子どもたちを応援できることが幸せです。そして、今回感じたのは、うちの卒塾生は大学名にこだわるというよりも自分の行きたい学部(自分が学びたいことが学べるところ)にこだわって大学を決め、まっすぐに目指していっている子が本当に多いということです。

大学名にこだわらないといっても、名古屋大学、名古屋市立大学、早稲田大学、青山学院大学、立命館大学などそうそうたる大学名が並んでいるのですが、学校の先生からもっと上のランクの大学を勧められても「自分の行きたいところに行った」と言っている子もいました。一人一人と話したとき、大学でやりたいことだけでなく、大学卒業後の自分の夢までキラキラとした目で語ってくれた子の何と多かったことか!

高校時代に苦しいことがたくさんあった子も、最後頑張りきって夢をつないでいました。中学時代「夢は諦めずに自分の力でつかみ取れ!」と繰り返し伝えていたことが、身体のどこかに残ってくれていたのでしょうか…。子ども達の中にしっかりと生きる力が育っていることが本当にうれしく、感無量です。これからもみんなの幸せを祈り続けます。みんな、またいつか顔を見せて下さいね。本当にありがとう!

さぁ、現塾生のみんなも始まりますよ!今週からまた一緒に頑張りましょうね!!
 
2022.03.31
3月20日(日)に行わせていただいた、「卒塾の日(図書券争奪クイズ&ゲーム大会)」の様子をご報告させていただきますね。

今年も残念ながらフレンチ会食は「まん延防止等重点措置」により断念せざるを得なかったのですが、例年通り少しでも楽しい思い出を残してあげようと、「あそびの学舎らいふ」の克己先生に企画から準備、当日の進行に至るまで一切を依頼したところ、今年も気持ちよく引き受けてくださりました。おかげ様で今年も期待以上の、それはそれは楽しいひとときを過ごすことができました。

看板さすがあそびのプロですね。よくもまぁこれだけ毎年毎年違うゲームを考えてくださるものだと感動します。子どもたちのイラストも含めて1ヶ月以上準備に時間をかけていただき、依頼通り当日の係をやっていただきました。克己先生、本当にありがとうございました!

準備の時、「前年と同じゲームだけではなく新しいゲームを考えるのは、僕たちにとっては毎年のことであっても、この子たちにとっては一生に一度の大切な日だから精一杯のものを提供してあげたいからです」とおっしゃっていました。思いきり祝福する気持ちを込めて、時間をかけて考え、準備してくれたものです。卒塾生のみんなにも、きっとその気持ちは伝わったことでしょう。帰りのみんなの笑顔が示してくれていました。

さて…その「ゲーム&クイズ大会」ですが、定番の盛り上がる「ビンゴゲーム」「ジェスチャーゲーム」「早押しクイズ」に加え、今年のメインは2つ「チームペンタゴンゲーム」と「イラスト並べ替えゲーム」でした。「チームペンタゴンゲーム」は3チームに分かれて、「イラスト並べ替えゲーム」は2チームに分かれての対抗戦となりました。

気になるゲームルールとその様子は以下の通りです。

「チームペンタゴンゲーム」 ※5人3チーム(恵子先生と克己先生も含む)
5人が自ら引いた番号にあたる日本の県(番号は人口順位)を、日本地図上で結んで五角形(ペンタゴン)を作り、その面積を競うという完全な運ゲーです。

広い順に1位、2位、3位となり、図書券の枚数も違ってくる(1位各2枚、2位各1枚)ので1回1回どのチームも一喜一憂で大盛り上がりでした。

「イラスト並べ替えゲーム」 ※7人2チーム(恵子先生も含む)
各チームの中でまずは解答者を決め、残りのメンバーはくじで順番を決めます。その順番は絵の上手さの順番で、1番を引いた人は1番上手に、6番を引いた人は1番下手に与えられたお題の絵を描かなければなりません。それを解答者に見てもらい、解答者は誰が何番を引いたのかを当てていくというゲームです。当たっていた人数が得点となり、その得点の高いチームが勝利となります。

ただし、6番を引いた人があまりにも訳の分からない絵を描くということを防止するため、あるシステムが設定されています。それは最初みんなの絵を公開する前に、解答者に1人ランダムに指名させて絵を見てもらいお題を当ててもらうのです。当たらなければその時点で「-2点」という罰則が与えられてしまいます。

このゲームにおいて-2点は大きいです。6人の内、2人順番を当てても消し飛んでしまいますからね。絵を描く人も画力の違う6人ですし、描いている間は他の人の絵を見ることはできません。その中で順位を当てるのは相当難しいのです。

お題はみんなが知っているであろうキャラクターでしたが、私も参加させてもらったところ…はっきり言ってみんなの足を思い切り引っ張りました。(笑) 一人一人の画力も出て、どちらのチームも爆笑でした。

あっという間の3時間…最後は教室に戻って、一人一人に図書券や私からのメッセージカードを渡させてもらったのですが、最後の最後に今年も子どもたちから嬉しいサプライズがありました。

塾生からのプレゼント何と!女の子みんなからは綺麗な素晴らしい花束を、男の子みんなからは可愛い素敵な今治タオルとホワイトボードイレーサー(切らしていて、私が最近タオルで消していたのを見てくれていたのですね)をいただきました。

そして、全員からは心のこもったメッセージのつまった色紙もいただきました!

色紙 色紙 色紙

塾生からのプレゼントさらに個人からですが、とっても可愛いお花の飾り物をA君から、そしてこれまた可愛いサクラのハンカチとお菓子を当日体調不良で来られなかったB君から後日いただきました。

塾生のみんな、時間の無い中こんなに準備をしてくれて、あたたかい気持ちを向けてくれて本当にありがとう!合格は私のおかげなどではなく、自分の努力でつかみ取ったものですよ。それを絶対に忘れないでくださいね。

また、お母様方からも合格発表の日やこの卒塾の日に直接塾にお越しいただいて、あたたかいお言葉と共にたくさんの美味しいお菓子やお惣菜など、もったいなくもいただきました。お忙しい中、本当にありがとうございました。お会いできてうれしかったです。

私はいたらないところだらけでしたが、お子様達ご自身の努力とお家の方のご協力のおかげで無事に送り出すことができました。今まで塾の指導にご理解・ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。私自身のことも支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

イラストみんなが元気に笑顔で巣立っていってくれるだけで幸せなのに、こんなにあたたかい気持ちをいただけてこれ以上の幸せはありません。本当に子どもたち、そして保護者の皆様、ありがとうございました。いつまでもいつまでも応援しています!どうぞ明るい未来へ向かって進んでいってくださいね。

この卒塾の日の様子は、イベントページに掲載させていただいております。みんなの笑顔をぜひご覧ください。
 
2022.03.22
先週の金曜日から日曜日にかけて、本当に色々なことがありました。まずはみんなの合格を祈っていた公立高校の合格発表…塾生のみんなは大健闘でした!!

内申がかなり足りない中での挑戦だった数人は、全員が第一志望合格とはならなかったものの、素晴らしい逆転合格を何人もが果たしました。惜しくも第二希望の方にまわった子も、本当にもうあとわずか…というところでしたし、何より最後の最後まで気力を失わず全力で挑むことができましたので、日曜日の「卒塾の日」には明るい笑顔で参加してくれていました。

卒塾の日ということで、発表の2日後の日曜日は「卒塾の日」でした。3年前まではフレンチレストランに食事に行って、そのあと塾でお菓子を食べながらゲーム大会をする「卒塾パーティー」を行っていたのですが、コロナの関係で「会食」も「塾での飲食」もできなくなりました。

ただ、そのかわりに思い切り楽しくクイズ&ゲーム大会をここ3年行わせてもらっています。今回の様子もまた後日ご報告させていただきますね。

さて、今年の西村セミナールーム塾生の受験結果です。

「2021年度卒塾生 進学先」
向陽高校 国際科学科 1名
菊里高校 1名
瑞陵高校 1名
千種高校 1名
名東高校 1名
旭野高校 4名
中村高校 1名
春日井高校 1名
高蔵寺高校 1名
聖霊高校 1名
春日丘高校 1名

以前の日記で書いていた通り、やはり旭野高校が今年も大人気でした。もっと上位校を狙える子でも、あえて旭野高校にしていました。ここでしっかり力を伸ばしてくださいね。

卒塾おめでとうみんな本当によく頑張りました。自分で考えて、自分で決めて、覚悟をもって臨んだ受験です。わずか届かなかった子も、誰のせいにすることもなく、くさることもなく、明日に向かって力強く踏み出しています。本当に立派です。

元気に巣立っていくこの子たちですが、私は一生応援しています。みんな、素晴らしい人生を送ってくださいね!!
 
2022.03.18
いよいよこの日が来ましたね。公立入試の合格発表日です!!この日記を書いている時点(※17日22時頃)ではまだ結果は出ていないのですが、今日の午前中にはみんなの結果が全て分かります。

今年もまた、私は祈りながら鶴を折って、教室でみんなからの報告をお待ちしております。どういう結果であれ、一緒に受け止めましょう!全力で頑張った結果ですから。

人事は尽くしたのだから、天命を待ちましょうね。電話、待っています!!
 
2022.03.14
先週の金曜日のB入試面接をもって、今年の高校入試は全て終了しました。あとは、18日の合格発表を待つのみです。受験生のみんな、本当にお疲れ様でした!!

B入試の学科試験の後、家に帰る前に直接数人が塾に来て自己採点を始めました。私が問題と答えを用意して待っていましたからね。彼らは、思ったほど点が取れなかった教科の採点後は無言になったり、きっちりできた教科の採点後は「よし!!」とガッツポーズが出たりしていました。

教室に入ってきたときには「絶対落ちた…。全然できなかった…。やばい。」と嘆いていたのに、採点してみると実は目標点を越えていて一転安堵した子もいましたね。色々な感情が入り混じっていましたが、最後はみんな安心して落ち着いた様子で帰っていきました。

塾には寄らなかった子たちとも電話で話しましたが、今年は2人も試験の途中から腹痛を起こしてしまった様で(※1人は原因がはっきりしていましたが、1人は原因不明で試験終了後に患った病院で虫垂炎の疑いありと言われたとのこと…)、そのことを聞いた時には私も青くなりましたが、そんな痛みの中でも二人は頑張って最後まで受けきり、目標点を十分こえる点数をとれたようでした。本当によく頑張りましたね!

そして…残念ながら目標点には届かなかった子たちもいたのですが(※もちろん合否はまだわかりません)、悔しい思いの中でもちゃんと報告をしてくれました。これだけでも本当に立派なのですが、私の「最後まで全力は尽くせた?」という問いに、「はい!」と涙ながらにみんなきっぱりと答えてくれました。もう、これだけで十分です。

直前対策授業の中で何度も何度も言い聞かせてきた、「何があろうと、絶対に最後の1分1秒まで諦めずに頑張り抜きなさい」という私の言葉を全員実践してくれました。できない教科があって、途中で心が折れそうになりながらも、一問でも解こうと頑張り抜いたのです。自分に負けず、よく頑張りました!

結果は分かりませんが、本当にこの塾生のみんなを誇りに思います。一緒に18日の結果を待ちましょうね。私も一緒に受け止めます。どんな結果であれ、頑張り抜けたみんなには明るい未来への道が続きますよ。
 
2022.03.10
さぁ、泣いても笑っても今日が最後の試験!B入試です。先日の月曜日のA入試が第一志望だった2人は、しっかり実力を発揮してきてくれました。A入試が第二志望だった他の子たちも自己採点結果を報告してくれましたが、全員落ち着いて受けられたようで、普段通りの結果でした。

これは何よりです。何度も何度も練習しましたからね。今日はさらに落ち着いて受けられることを期待しています。

「全員体調をくずさず、最後まで受けきってくること」

3年連続となりますが、これが一番の祈りとなります。あとはとにかく何があろうと、どんな問題を出されようと、最後の最後まで諦めず全力で解いてきてくださいね。今回も塾から応援しています。みんな、頑張れー!!
 
2022.03.07
いよいよ入試本番です!まずはA入試ですね。月曜日が学科試験で、火曜日が面接となります。本番直前となった日曜日の対策授業は、とりあえず全員元気に出席して、誰一人体調の悪そうな子がいなかったことに安心しました。月曜日と火曜日の2日間も、どうぞ無事にみんなが受けてこられますよう心から祈っております。

今回、A入試が第一志望なのは2人で、あとはB入試が第一志望です。つまり、その2人の子にとっては本当に本番ですが、あとの子たちにとってはある意味まだ練習です。だからと言って気を抜いて臨む子は1人もいないでしょう。今までやってきたことをしっかり発揮できるかどうか、かなり緊張しているでしょうからね。ここで1度体験しておくと、うんと安心できるというものです。

みんな、大丈夫ですよ!日曜日の対策授業では、第一志望となる2人をはじめ、全員A入試の目標点はクリアできていましたからね。今まで通り、落ち着いて集中して受けてくれば、必ず合格できます!心を強く持ち、腹をすえて、先輩たちが戦ってきた時と同じように、最後の最後まで諦めずに挑んできなさいね。塾からパワーを送りながら、みんなが力を出し切れることを祈っています!!
 
2022.03.04
新年度がスタートして3日が過ぎましたが、誰も時間割を間違えることなく順調に過ぎております。これから1年間使う新しい教材も配布しましたが、「わー、こんなに綺麗だったんだ!」と驚きの声も上がりました。1年間使ってクタクタになった教材も「頑張った証拠」ですから、愛おしいですけどね。しかし、やはりピカピカのものを見ると、気持ちも高揚するというものでしょう。これから1年間、またクタクタになるまでしっかり丁寧に使っていきましょうね。

そして…「卒塾生」という名前になってしまった受験生(旧中3クラス生)ですが、実はしっかり毎日塾に来て受験対策をしています。ホームページの「スケジュール」欄には該当学年が無いので表示していないのですが、今日も明日も明後日も9:00〜14:00まで直前練習です。そう、いよいよ本番は3日後に迫りました!

今年の塾生は「内申不足のため当日点をかなりとらなければ合格は厳しい」という子も数名いますが、みんな練習でだんだん点数がとれるようになってきました。本当に当日の出来次第です。

あと3日間、出来得ることを全てやり切って、本番に備えさせたいと思います。体調だけは絶対に崩さないように気を付けて、ご家族の皆様もどうぞご協力をよろしくお願いいたします!
 
2022.03.01
今日からいよいよ新年度です!現学年より1学年上の時間割になりますので、間違えないようにお気を付けてお越しくださいね。

ということで…さっそく今日は、新中3クラスの授業があります。まぁ昨日も中2クラスとして2021年度最後の授業として来たメンバーですがね…。(笑) 2日連続となりますが、今日は中3クラス生として初めての授業となりますので、改めて気を引き締めていきましょう。

もう一度言いますが、どの学年の子も、授業の曜日と時間帯を間違えないように来てくださいね。みんな変わっていますから、しっかり確認しておきましょう。

保護者の皆様
日程はこのホームページの「スケジュール」欄に載せておりますので、お子様の学年をお間違えの無いようご確認ください。いつも送迎のご理解ご協力、誠にありがとうございます。

そして…新中3クラス生に限らず一番大切なことですが、子どもたちは新学年の気持ちをしっかり持ってきてくださいね。この3月でばっちりスタートダッシュをかけましょう!!ガンガン新学年の内容を教えていくので、お休みしないように体調をちゃんと整えてついてきてください。それでは、パワー全開でいきましょう!!
 
2022.02.25
もう2月も残すところ数日となりました。つまり、塾の2021年度は終わりを迎えるということです。3月から塾では新年度の2022年度がスタートいたします。

現中1クラスは、明日の土曜日が最後の中1授業となりますね。入塾してきた時に伝えていた通り、ここで契約更新面談を行います。入塾の時は親御さんを交えての3者面談でしたが、今回は2者…つまり私との1対1で行います。来年度、塾を続ける意志があるかどうかを確認し、そしてそれを私が認めるかどうかを伝えます。1年間の様子から、頑張った点は認め、逆に改善してほしい点は遠慮なく指摘しますので、その上で最終決断をしてくださいね。

「もう辞めます」となった子も、途中で投げ出さず約束通り1年間頑張りきりましたので、気持ちよく「よく頑張ったね!」と褒めて送り出してあげますので心配いりませんよ。きちんと気持ちを整理してきてくださいね。(※「頑張ります」「続けたいです」と言わせるための面談ではありませんのでご安心ください。)

現中2クラスも同様です。月曜日に面談を行いますが、いよいよ中3という学年ですので覚悟が必要です。頑張る気持ちがあるなら、はっきり表明してください。楽しみにしています。

現中3クラスは、本当に月曜日で通常授業は終了です。それ以後は、直前対策授業を残すのみとなります。今週末もありますね。それぞれの高校の倍率も出て、当塾生たちが受験する学校は全体的に昨年よりも厳しくなっていますが、今更気にしていても始まりません。腹をすえて頑張りましょう!

3月になり通常授業はなくなっても、卒業式の日の午後を始め、それ以後の日も朝9時から午後2時までの毎日5時間、B日程の受験前日まで対策授業でとことん付き合いますよ。ゴール直前の一番苦しいときに伴走することが何より大切ですからね。

合格に必要な点数は個別にこれから伝えます。毎回の本番さながらの練習でその点数に届くよう、最後の最後まで諦めずに努力し続けましょうね!!(保護者の皆様、ご心配は尽きないと思います。対策授業の際は毎回ご本人の目標点とその日の結果を記した用紙をご本人に持ち帰ってもらいますので、どうぞご確認の上あたたかく励ましてあげて下さい。よろしくお願いいたします。)
 
2022.02.21
先日の日記では頑張っている小6クラスのことを紹介しましたが、他学年クラスももちろん頑張っています。石尾台中学校の中1・中2クラスは学年末テストを終えたところで、高蔵寺中学校の中1・中2クラスは学年末テストの真最中です。

先日の土曜日、午後1時半から中3クラスの直前対策授業を行っていたのですが、2人の中2クラス生が自習室にやってきました。塾に置いてある「誰でも使用可能のワーク」を使って、2人は黙々と勉強していました。理科のテスト範囲である電気分野の徹底練習です。

自分が持っているワークでの練習は全て終わらせたのでしょう。「もっと練習したい」という気持ちから、「塾の難しいワークにも挑戦しよう!」と動き出したのですね。2人はノンストップで休憩もせず4時間ほどやっていきました。いや〜、よく頑張りました!今日のテストで成果が出ますように!!

この2人以外にも、中1・中2クラス生の中には、塾のワークを借りて帰ってよく勉強している子がたくさんいます。塾に「やらされている」のではなく、塾を使って「自分のために勉強している」のです。これが理想ですよね。塾生諸君、どんどん塾を利用していってください!みんながそうしてくれることが私の望みです。

バレンタインのチョコレートさて…先日いただいたバレンタインのプレゼントについて紹介させていただきましたが、有難いことにあれからまた追加で素敵なプレゼントをいただきましたのでご紹介させていただきます。
バレンタインのチョコレート バレンタインのチョコレート バレンタインのチョコレート

本当にありがとうございます!一人の子は入ったばかりの小6クラスの子で、「これからもよろしくお願いします」とかわいい言葉を添えていただきました。こちらこそ、よろしくお願いします。これから一緒に頑張りましょうね!あたたかい心と一緒にまた美味しくいただいて、今週もパワー全開で頑張りますね!!
2022.02.18
中学準備講座になってからほぼ3週間となった小6クラスですが、みんなよく頑張っています。例年通り、綺麗にアルファベットを書くところからの特訓ですが、みんなとっても綺麗です!丁寧に言われた通り、きちんと書けています。これは性格が素直な証拠です。こういう子どもたちは伸びますよ〜。

かつて私は中学生になりたての頃、部活で顧問の先生に仲間と共に褒めてもらったことがあります。卓球部だったのですが、新入部員は私を入れて4人でした。そして、今の子どもたちは「え?」と思うかもしれませんが、新入部員はまず「球ひろい」からでした。2台の卓球台で打ち合っている先輩たちのそれぞれ後ろにぴったり立っていて、球が転がってくれば拾って渡す…というものです。

たかがこんな単純作業で何を褒められたのかといいますと、「こんなに一生懸命球ひろいをする子たちは初めてだ」ということでした。それから、おまけの言葉で「君たちは強くなる」と言っていただきました。

私は一生懸命やろうと思ってやっていたわけではなく、自分たち(私)としては普通に当たり前にしていたことなので、褒められた瞬間は「?」となってしまいました。ただひたむきに、2時間〜3時間くらいの間、直立不動で集中して先輩たちを見ていて、球が転がってきたらダッシュで行って拾い渡す…ただそれだけだったからです。

ちなみに、先生の「君たちは強くなる」という予言が当たったのかと言いますと、実は大当たりでした。私たち4人は中3の最後の大会で県大会まで進み、そこで3位という成績をおさめることができたのです!(※私の運動に関する唯一の自慢です!) 球ひろいをしなくなったあとも一生懸命練習しました。それはそれはひたむきに全力で…。きっと先生は、私たちのこういう資質を球ひろいの姿勢から見抜いてくださっていたのでしょうね。

運動でも勉強でも、素直に誠実に一生懸命取り組める子が伸びます!当たり前のことですが、その当たり前が難しいんですよね。特に勉強は苦しいことが多いので大変です。

小6クラスのみんな、今の丁寧さと一生懸命さをこれからも忘れずにやっていってくださいね。きちんと続ければ、塾の先輩たちのように良い結果を出すことができますよ。まずは、アルファベットと正負の数の基本をきっちり身につけられるよう頑張りましょうね!!
2022.02.14
バレンタインのチョコレート今日はバレンタインデーですね。先週の土曜日、「先生、少し早いですけど!」と、中1クラスのAちゃんがチョコをくれました。

Aちゃん、どうもありがとう!!おかげでこれから毎日コーヒータイムが楽しみになります。おやつにさせていただきますね。
ここ数ヶ月、有難いことに子どもたちから色々プレゼントをいただきました。おやつが多かったのですが、中には可愛いクリアファイルなどもありました。まだこの日記で紹介できていなかったものを、ここで感謝を込めて紹介させていただきますね。

塾生からのプレゼント 塾生からのプレゼント 塾生からのプレゼント
塾生からのプレゼント 塾生からのプレゼント

みんな本当にありがとうございました!!おやつは美味しくいただいて、クリアファイルは大切な資料を入れさせてもらっています。「先生に元気をあげよう」と思ってくれているのでしょうか?おやつをいただく時もグッズを見る時も、しみじみ有難くあたたかい気持ちになり、心の底から「頑張ろう!!」と元気が湧いてきます。とっても幸せです!本当にありがとうございます。

塾の2021年度終了まであと半月となりました。みんなでいい形で締めくくりたいですね。現中1・中2クラスのテスト対策、中3クラスの受験対策、新中1クラス(現小6クラス)のスタートダッシュ、来年度の小6クラス生との面談…と、この半月は私自身も気力と体力の勝負となりますが、全力で頑張って参ります!塾生のみんなも体調には十分気を付けてやりきりましょうね!!
 
2022.02.07
私立高校の結果が出そろいました!当塾中3クラス生の3分の1の子が受験した名城大学附属高校は、全員特進コースに合格しました!例年通り9割以上の子が受験した春日丘高校も、転コース合格となった子もいましたが無事全員合格をいただきました。特待生合格や高大連携合格もいただくというおまけ付きです。みんな、お疲れ様でした!とりあえず合格をいただけて一安心ですね。

さぁ、いよいよここからは公立入試一直線です!公立入試まで一ヶ月をきった今、私立入試の疲れをゆっくりととる…なんて時間は残念ながらありません。一人一人に対しても、あえて厳しい言葉で今後の頑張りを指示しました。

12月の模試結果でいくら合格可能性80%を越えていようと、ここからの1ヶ月で油断して少しでも気を緩めると、80%に届かなかった子の「死に物狂いの頑張り」にあっという間に逆転されてしまいます。最後の最後でみんなが笑顔になれることだけを願って、全力で指導していきます!みんな、やるべきことを全力でやりきましょうね!!

中1、中2クラスの子たちも、2年後、1年後がこの受験です。この時に頑張れるように、今は目の前のことに全力で頑張ってみましょう。今頑張れない人が、急に頑張れるようになるものではありません。学年末テストは目の前です。良い形で1年間が締めくくれるよう、取り組んでみせてください。
 
2022.02.04
早いものですね。昨日で私立高校の一般入試が全て終わりました。春日丘高校をほとんどの塾生が受験するというのは例年のことなのですが、その他の高校は今年はものすごく偏っていました。何と、中京大中京を受ける子が1人もおらず、そのかわりに名城大附属を受ける子がとてもたくさんいたのです。

なぜでしょう?私立に関して私は多少アドバイスをするくらいで、公立の滑り止めに1校、そしてできればチャレンジに1校受験することをお勧めしています。特定の高校を推すことは今までもなく、今年も例年通りにしていたのですが…。何か子どもたちの間で良い情報でも流れていたのかもしれませんね。また聞いてみたいと思います。

とにかく、今日と明日、遅くとも明後日のうちには、私立の結果も出揃うはずです。良い結果をもらって、本番の公立に弾みをつけたいですね。報告を楽しみに待っていますよ!!
 
2022.01.31
先週の金曜日に、現小6クラスの最後の授業を終えました。内容は、クラス生には予告していた通りの「算数・国語のゲーム大会」でした!

コロナ対策のため、算数はそれぞれの席についたままの計算ゲーム、国語はバスケットを遠巻きにしてのワードバスケットとなりました。大人しいメンバーだったので大きな声になることもなく、しかし和やかな雰囲気であっという間の50分でした。

小6クラスのみんな、楽しんでくれたかな?それぞれがおもしろ消しゴムをゲットして頑張った1年を無事終えましたが、みんな本当によく頑張ったね!!みんな入塾した時とは別人のように成長してくれました。

この日で卒塾となったYちゃんは、最後の日まで音読の「1分チャレンジ」に挑戦し続け、1つ合格した後も「先生、きりのいい40番まで合格したいです」と言って授業後残ってまで頑張り続け、とうとう40番まで合格してしまいました!そして、満足した顔で「先生、1年間ありがとうございました!!」と言って元気に帰っていきました。すごいファイトでしたよ。Yちゃん、中学生になっても、その気持ちを持ち続けて頑張ってね!

卒塾生からのプレゼントそしてもう一人、同じくこの日で卒塾となったK君。授業終わりにはお母さんもいらっしゃって、もったいないほどの感謝のお言葉をいただきました。そして、「先生、Kが先生に御礼をしたいと自分で選んだんです」と素敵なプレゼントまで…。

美味しそうなお菓子と、可愛いハンカチでした。K君、本当にありがとう!住んでいるところが遠くて、塾の対象中学校ではないためここで卒塾となりましたが、ずっと応援していますよ。お菓子は美味しくいただき、ハンカチは大切に使わせていただきますね。

小6で卒塾となる子も、私の大切な大切な卒塾生です。みんなが元気に進んでくれていることを願っています。また、いつでも顔を出しに来てくださいね!

そして、新中1クラスのメンバーは、さっそく火曜日から授業が始まります。気合いを入れて来てくださいね!私もしっかり準備をして待っていますよ!
 
2022.01.24
1週間続けた「新中1入塾面談」も、無事全てを終了することができました。お一人だけ急用により面談の出来ていない保護者の方がいらっしゃいますが、本人とだけは面談も終わり意志の確認はすることができました。その結果は…本試で計算を失敗してしまい追試に挑んで合格した2人を含め、全員「やりたいです!」という意志を示しました。

みんなの力強い決意を、嬉しく思いましたよ。言葉巧みに入塾をすすめようとしたり、ましてやテスト結果をもとに入塾を無理強いしようとすることは、当塾では一切ありません。むしろ、入塾後のやるべき勉強をありのままに示し、「それでも入塾したいかどうか」を本人にしっかりと確認しています。本人からの言葉が出るまで、私も保護者の方も待ちます。そんな中でのみんなの意思表示ですから、心からの決意だと私は受け止めます。

当塾は成績を保証するとも言ったことはなく、学校での成績が良ければ授業料免除となる特待生制度などもありません。甘いことは何一つ無いにも関わらず、自ら決断したのです。まだ小学6年生ではありますが、みんな当塾を信じて一歩を踏み出してくれました。そんな純粋な目を見ると、私も自然と「よし!この子たちのために全力で頑張ろう!!」と力がわきます。

新中1クラスのみんな、私は一生懸命教えますよ。おそらく、この情熱のおかげだと思いますが、体調の悪さを感じながら授業をしたことは一度もありません。五十肩で肩が痛かろうが、アバラにひびが入っていて痛かろうが、前の晩1時間しか寝ていなかろうが、授業になれば頭も気持ちもピシッと万全の状態になります。こんな私に負けない元気をもって塾に来てくださいね。楽しみにしていますよ!

さて、話は変わりますが…卒塾生で大学受験をしているみんなは、共通テストも終わり次のテストに向けて必死で頑張っている最中ですよね。S君、顔を出してくれてありがとう!「先生のパワーをもらいに来ました!」と言っていたけれど、君なら大丈夫!!落ち着いて、持っている力を出し切ってくださいね。

年賀状をくれたT君、A君、Rちゃん、ありがとう!受験が終わって、会える日を楽しみにまっていますよ。明るい未来に進みましょうね。T君、セミナールーム十訓を自分の部屋の壁に貼って、モチベーションに繋げてくれているとは感無量です!あの十訓は、亡くなった主人の魂の声です。そこに響いてくれた君から生まれる芸術は、誰がどう評価しようと素晴らしいものだと私は思います。どうぞまっすぐに自分の内にあるものを表現してくださいね。

これから当塾で共に学ぶ子も、当塾を巣立っていった子も、今一緒に当塾で頑張っている子も、みんな明るい未来に向かって歩いていけますよう心より応援しています。
 
2022.01.17
15日の土曜日に、「新中1の入塾テスト」を無事終えることができました。みんな、ものすごく緊張した様子でしたが、最後の「おはなしの記憶」のテスト終了まで、きちんと一生懸命受けていました。みんなお疲れ様でした!!

そして、テスト翌日の日曜日から始めている入塾の個別面談も、例年通り順調に進んでおります。テストの答案を前に私から遠慮のない指摘を受けた後も、力強く「入りたいです!」とみんな答えてくれました。そんな堂々とした我が子の姿に、思わず涙するお母さんもいらっしゃいました。(思わず私までもらい泣きしちゃいましたよ。)

今日からの面談の子たちも、自分の気持ちをはっきりと伝えてくださいね。「やめておきたいです」も、もちろんOKです。嫌々入っても、当塾は絶対に続きませんし伸びません。絶対に正直な気持ちを教えてくださいね。頑張りたい気持ちがあるのなら、出来る限りのフォローを約束しますよ。

数年前、入塾テストの算数の結果が思わしくなくて、計算の追試を受けて入った子がいます。総合の順位も最下位でした。しかし、その子は入塾後も必死に努力を重ねて力をぐんぐん伸ばしていき、当塾の難しい数学の月例テストで「2位」をとるまでにもなりました。

学年順位1桁の子が半数近くいるクラスの中でのことですから、本当にすごいことです。入塾した頃、涙を流して悩んでいたと、お母さんからお聞きしています。自分に負けることなく、頑張り続けた結果ですね。その子の努力が分かっているだけに、私も心から嬉しかったです。

つまり、入塾の時の順位は関係ありません。入ってからどれだけ頑張れるか…です!今日からの面談も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
2022.01.14
いよいよ明日、入塾テストが開催されます!すでに数人(土曜日では都合が悪かった方)は、昨日入塾テストを受けに来てくれました。中3クラス生がテスト対策を黙々と頑張っている中でのテストだったので、ずい分と緊張したことでしょう。お疲れ様でした!テストはしっかり採点して面談の時にお返ししますので、楽しみにしていてくださいね。

明日、本番のテストが終わりましたら、明後日の日曜日から早速「入塾個別面談」を行います。必ずご本人と保護者の方でご一緒にお越しくださいませ。この入塾個別面談でテスト答案を一緒に見ていただきながら、ご本人が現状「何ができていて」「何ができていない」のか詳しくお伝えいたします。

テストは「国語実力テスト」「算数実力テスト」「図形」「単位量」「ききとりテスト」…と、様々な方向からのものがあり、詳細な力をみることができるようになっておりますので、今後のためのアドバイスをお一人お一人に合わせてさせていただきます。

そして…もう一つ大切なこと!「ご本人の意志」をしっかりと確認させていただきます。嫌々言われるがままに入塾したのでは、絶対に当塾は続きません。チラシもホームページも本人がしっかり見た上で、「ここで本当に頑張りたいのか」…自分の気持ちを自分の口で伝えてください。そこが最も大切です。

それでは明日、どうぞお気を付けてお越しください。お待ちしております。
 
2022.01.11
先週の金曜日、小6クラスのみんなも元気に新年初の授業に出席してくれて安心しました。お正月ボケをしている様子もなく、初日からガンガン授業を進める私にしっかりついてきてくれました。小6最後の単元の「割合」をこの1月でやりきりますので、小6のみんなは張り切っていきましょうね!!

そして「入塾テスト案内」を持ち帰ってくれた子たち…よく自分で考えた上でのことだと思います。この厳しい塾に飛び込んでみようとよく思ってくれました。15日(土)が入塾テストですが、日程が合わず13日(木)に受ける子もいます。

入塾基準は「算数のテストで、6問ある基本の計算問題を1問も間違えないこと」です。これは少人数とは言え集団授業ですので、譲ることのできない基準です。小学校内容の計算力が身についていない子に、中学校の集団授業を受けさせることは私にはできません。みんなの授業を進めながら、その子1人を計算のレベルからフォローすることなどできないからです。

また、授業についてこられていない子から授業料をいただくことは絶対に嫌で、開塾以来26年間貫いて参りました。厳しいと受け取られるかもしれませんが、当塾としましては精一杯の誠意を示させていただいているつもりですので、どうぞご理解いただければと思います。

指導コラムで「割合」や「速さ」の問題を解いている子や計算練習をやっている子など、少しずつ声も聞こえてきています。とても嬉しいです!まずは計算力をつけてきてくださいね。楽しみにしていますよ!!
 
2022.01.07
久しぶりの日記となりますね。新年になり、1月4日から授業を再開させていただいておりますが、元気な中学生クラスの子たちの顔を見て安心しました。今日、小6クラスのみんなに会えるのも楽しみです。

年賀状をくださった皆様、ありがとうございました!私は喪中ということで、私からは出すことは出来なかったのですが、いただく分にはOKということなので嬉しく読ませていただきました。松が明けましたら、お返事を書かせていただきますね。

さて…今日すでにお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、中日新聞の折り込み広告に当塾のチラシを入れさせていただきました。はい、いつもの「黄色い台紙に黒文字びっしり」のアレです。新聞をとってらっしゃる方は年々減ってきていて、しかもとってらっしゃるのはご年配の方が多いということは承知しております。

小中学生のお子さんのいらっしゃるお家の方の目に果たしてとまるのか…あんな文字だらけのものを読んでいただけるのか…。(笑) 時代に逆行しているようですが、まぁそこが「西村セミナールームらしい」と思い、続けて参ります。あのチラシを目にしていただいて、もし当塾の扉を叩いていただけたら、それが御縁ですね。新しい出会いを楽しみにしています。

頑張る気持ちのある子はご連絡ください!お待ちしております!!
 
2022.01.01
2022年が明けました。昨年、義父が亡くなったため、喪中にて皆様への年賀状は失礼させていただきました。この場でも新年のご祝辞は控えさせていただきます。

さて、愛知県の入試制度が来年度から大きく変わるため、従来の形の入試は今春が最後となります。塾としましても、今まで培ってきた受験のノウハウをフルに活用し、子どもたちを導いていこうと気を引き締めております。

現中2クラス生からの新入試に対しましては、1年かけてしっかりできる限りの準備をしていくつもりです。謙虚な姿勢と努力を忘れず、皆様のお役に立てるよう少しでも成長したいと思っておりますので、どうぞ今年も御支援・御指導のほど、よろしくお願い申し上げます。
 
 
リンク更新履歴サイトマップ
春日井市高蔵寺の学習塾 西村セミナールーム
教室 〒487-0016 春日井市高蔵寺町北4-1-15 高蔵寺ファーストビル405号室
事務所 〒487-0011 春日井市中央台8-2-2 リバピア5-104
  TEL/FAX:0568-91-3416 メール:info@nishimura-juku.com
学習塾(春日井)へのアクセスマップ